見出し画像

つらい時に読んで、めっちゃ笑った本『バッタを倒しにアフリカへ』

いっかく

前野ウルド浩太郎さんの『バッタを倒しにアフリカへ』を読みました。きっかけは、「自分のやりたいことができない」と仕事の愚痴を言ったときに、友人から勧められたことです。

読みはじめて最初のページから笑いました。バッタの研究者である著者が、自分の夢をこんな風に書きはじめるからです。

小学生の頃に読んだ科学雑誌の記事で、外国で大発生したバッタを見学していた女性観光客がバッタの大群に巻き込まれ、緑色の服を食われてしまったことを知った。バッタに恐怖を覚えると同時に、その女性を羨ましく思った。その頃、『ファーブル昆虫記』に感銘を受け、将来は昆虫学者になろうと心に誓っていたため、虫にたかられるのが羨ましくて仕方がなかったのだ。 
 虫を愛し、虫に愛される昆虫学者になりたかった。それ以来、緑色の服を着てバッタの群れに飛び込み、全身でバッタと愛を語り合うのが夢になった。

どんな書き出しやねん。この本は、こんな感じでユーモアを交えて、バッタ研究者の生活を描きます。この本の多くは、アフリカでのバッタ研究の様子を描いており、研究生活で起こるお話の一つ一つに驚き、笑ってしまいました。(著者が、サソリに噛まれたり、研究費を得るための面接で眉毛を白く染めて参加したりします。)

また、笑えるだけでなく、アフリカでの人との出会いもこの本の魅力です。たとえば、著者が所属する研究所の所長が、研究者としての将来を不安に思う著者を励まします。

「・・・[中略]・・・お前は無収入になっても何も心配する必要はない。研究所は引き続きサポートするし、私は必ずお前が成功すると確信している。ただちょっと時間がかかっているだけだ」

自分の仕事をこんな風に励まされたら嬉しいなぁ。私も友人に対してこんな風に声をかけることができればと思いました。

また、この本で説明されているバッタの生態も面白かったです。この本の著者は、バッタの「相転移」(昆虫が生活条件の変化に応じて姿を変える現象)を研究しています。アフリカでは、「相転移」で姿を変えたバッタの群れが、農作物を食い尽くしながら移動するという被害があります(蝗害)。この本を読めば読むほど、この不思議な現象でもっと知りたいと思いました。

この本を読み終えると、落ち込んでいた私の心はすっかり晴れていました。私と同じようにちょっと行き詰まっている友人に、この本を勧めたいと思います。また、バッタの生態をもう少し深く知りたくなったので、同じ著者の『孤独なバッタが群れるとき』を購入して読み始めています。

この文章の中で触れた本


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!