見出し画像

新しい会社について。

「ええもん、ちゃんと食わんと。ええもん作れんやろ。」

6年前。京都から東京へ上京&就職をして、1ヶ月経たないうちに代表に言われた、今でもはっきり覚えている言葉である。

---

当時の自分は美大あがりの新人ぺーぺー。
エレダイ2という広告企画会社に入りました。
広告業界のイメージは、ずばり「忙しそう」。

張り込み刑事があんぱんと牛乳で済ませるように、クリエイター(うわぁ…)たるもの、Googleカレンダーにびっしり詰まったスケジュールの合間を縫ってスタバかファーストフードでメールチェック。夜も会社に残ってコンビニおにぎりまたはサンドイッチ片手に企画書三昧。(うわぁ…!)
※イメージです。

その何となくの「忙しそう」が、仕事未経験の学生からすると、どこか“カッコいい”気がしていたのも確か。完全にドラマと情熱大陸の見すぎによる悪症状。ひどい。

「覚悟」と書くと大袈裟ではあるが、どこか「そんなものだろう」と思っていたから、ちょっと(あくまでも弊社に)びっくりした。

もちろん仕事は忙しいとき、忙しい。あたりまえである。しかし会社には、昼ご飯の暗黙のルールが1つだけあった。(余談だが、東京では「ランチ」とみんな呼ぶのか…と田舎者の僕は当時思った)

「どんなに忙しくても、基本的には社員みんなで昼ごはんに行く」

30分-1時間、徒歩圏内ではあるが、きちんと会社から全員で出て、仕事もほぼ関係ないたわいもない話ばかり(本当にこんなたわいのない話とか)しながら、一緒にご飯を食べる。

同じ釜の飯を〜的な話と同じかは判らないが、この暗黙のルールは、6年経った今でもほぼ9割方、守られている。

単に社員数が極端に少ないため実践できているかと思うのだが、毎回となると、誰かに話すと驚かれることが多い。ランチ(あえてこう書く)も、平均1日¥1,000である。これは豪華というより、単に会社がある「広尾」という街の特性ゆえだと思う。安ランチがほぼ無い。(当時の僕にはちょっぴり辛い。)

「やっぱりコンビニとか、ファストフードの日もあるんですか?」
入社当初に何気なく聞いた質問への回答が、冒頭の台詞である。

代表の言った、「ええもん」は、決して“高級”とか“オーガニック”とか、そういった類の意味では無い。とりあえず胃袋だけを満たすためだけの間に合わせの食事ではなく、「出来たてで温かい」とか、「ゆっくり食べる」とか、単純に「美味しい」とか、当たり前のようで、働きながらだとどうしても疎かにしてしまいがちな食事の時間を大事にすること。健全にご飯を食べて、誰かと話す時間を“ちゃんと”持つこと。そういった意味だったと思う。

業界とか、東京の風土とか、そういったものに流されすぎない働き方をずっと模索していて、一年前から実践している、月に一度は葉山にある代表の家で仕事をする「葉山デー」もその一貫だと思う。

-----

そんな昔から「食事の時間」にこだわる代表が、新しい会社を立ち上げた。
というか、僕も、部下左近も、経理嫁乃も、構想時期からあーでもないこーでもないと話し続けて、エレダイ2メンバー+外部アドバイザーの方お2人の協力を得る形で、ひとつの法人化までやっと辿り着いた。

株式会社 ゆっくり おいしい ねむたいな

ゆるい。長い。覚えづらい。既にそんな声が聞こえてきそうですが、この名前には、代表が考える幸せな時間の流れが込められている。

仕事して、ゆっくりして、ちゃんと美味しい食事を、誰かと楽しく話しながら取って、お腹いっぱいになって、眠くなって、寝る。そんな、当たり前に幸せな働き方がしたい。そういった社会に少しでも近づけるように、良いと考えるものを提案して、つくりたい。「食の会社」というより、「いい食のある時間をつくる会社」。ちょっと、だいぶ、違う。

もっとビジネス的な説明はティザーサイトを見ていただけると嬉しいです。
http://slowlyyummysleepy.jp/

ちなみに会社ロゴは、関西在住のデザイナー三重野龍くんが作ってくれました。忙しい中、快諾してくれてありがとう。彼の手触りあるロゴがとても好きなので、今回の社名とも相性良いのではと思い、本当にお願いできて良かったです。

実験的な部分もまだ持ち合わせたスタートではありますが、既に動き出している話もあり、とても楽しみです。個人的には地方の食文化とか、もてなし方を勉強したいです。出身地の京都もそういった目線でもう一度向き合いたい。

あと。エレダイ2と二足のわらじ風となりますが、ほぼ同メンバーですし、何より僕は広告業が好きで上京してきたので、メイン業は変わらずだと思います。
むしろ「ゆっくり〜」の活動が、エレダイ2の本業にフィードバックされてくることに期待しながら、うまく両立できればと。

株式会社エレダイ2
株式会社ゆっくり おいしい ねむたいな

どちらも今後とも宜しくお願いいたします。

---

最後に。
長文駄文。ここまで読んでくださった方、ありがとうございます。

ちなみに冒頭の6年前のことを少し前に代表に話したら、「ん?そんなこと言ったっけ。」と、全然覚えていませんでした。

ええええ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
企画とPRがお仕事。株式会社エレダイ2 プランナー・ディレクター / 株式会社ゆっくり おいしい ねむたいな クリエイティブディレクター。1987年生まれ。京都市太秦出身。京都精華大学ビジュアルデザイン科2010年卒。http://www.eredie2.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。