見出し画像

勝負を決めた。7回の裏の攻撃

皆さんお久しぶりです。これぞ原采配っていう試合がすでに開幕戦から行われてましたよね。まあ私は仕事の都合上リアルタイムで見ることは出来ませんでしたが、、



こんばんはSatoshiです。

今日は私がよく戦術を見る際に考えるランチェスター戦略で見事初陣を飾った原采配の7回を詳しく個人的に解説していきます。

1.見事な一点突破

まず大まかに説明すると、小林に変えて、代打石川慎吾

代走増田大輝。さらに代打で湯浅の送りバント。

最後に吉川尚輝の逆転ホームランと流れるような攻撃を演出しました。けどね、この攻撃こそ一点突破であり巨人のランチェスター戦略が見事にハマった部分なのかなと私は考えてます。


ポイント①代走増田をチラつかす代打石川

まずポイント①は代打の石川慎吾の起用。巨人は比較的代打層に関してはある程度コマは揃ってます。昨日でいうと大城、陽岱鋼、北村と選択肢があった中、昨年左に滅法強い石川慎吾を起用。

石川慎吾の対左に関しては圧倒的な信頼もありますし、昨年岩崎から特大ホームランも打ってますのでそれも考えた上での起用。当然投手は打たれた事を覚えてるので多少投げにくさもあったはず。


更にいうと阪神ベンチは投手を変えて、ここで慎吾を出してしまうと必ずといっていい程、増田大輝が出てくることは分かってたはず。これがまた余計にプレッシャーになるんですよね。

結局絶対に四球を出したくない、フルカウントにしたくないという思考になり、結果甘めに来た球を見事にライト前ヒット。

影に代走増田の存在があった事は間違いないでしょう。

ポイント②必殺 代走増田 代打湯浅

代走で案の定、増田大輝が出てきましたよね。これで阪神バッテリーは余裕がなくなります。代打の湯浅がバントの構えはしてるものの、増田は平気で単独スチールもしてきますし、ヒットエンドランだってある、もちろんシンプルにバントするという選択肢もありますが、この代走増田が出る事により相手チームは考える攻撃パターンが増え、ドツボにハマりやすくなるんですよね。


まあ、これぞ原采配。代走のスペシャリストを置くという戦略は巨人にしか出来ない。特に増田に関しては走塁の技術も高い。走ってくると高い確率で盗塁は成功させてきますし、打球判断もいいので相手は絶対に嫌。

まさに一点突破のランチェスター戦略。ホームランを打つだけでなく終盤の大事な場面に嫌な走者を使う事が出来る選択肢を作った原監督のチーム編成には脱帽します。


このスペシャリストを作らなかった由伸監督と原監督の大きな差でもあり、接戦を如何にものに出来てるのか出来ていないのかこの部分にも影響してますよね‥


話が少しそれましたが、結局湯浅も簡単にバントしやすい状況を作れてたわけですからここはシンプルにバントという作戦。そして見事に成功。


ポイント③お前が必要、吉川尚輝

そして今年巨人第1号の貴重な逆転ツーランを打った尚輝。

見て分かる通りインコースのクッソ難しい球をホームラン。

どんな身体能力してんねん‥笑

おそらくこれは動物的反応の部分。いわゆるセンスというものですね。並外れた身体能力の持ち主だからこそ身体が勝手に反応して打ったのではないでしょうかね、、

こうやって尚輝は長打も打てるますし、守備は勿論の事言う事はありません。

まあ個人的にここで尚輝を信じた原監督も流石かなと。状況に応じては、陽岱鋼を代打で使う可能性もあったと思いますが、あえての尚輝をそのまま打席にたたす。

結果は大成功。まあこの7回はチームの細かい動きが重なって得られた逆転劇でしょうね。。

まさに今の巨人にしか出来ない戦略。ここしかないという一点突破を見事成功させた素晴らしい作戦でリアルタイムでは見てないですが興奮しました。


2.原監督の勝負勘


シーズン始まるとやっぱり原監督の勝負勘って凄くないですかね‥

7回に相手投手の西が交代し、こっちは8番の小林から‥

一気に代打攻勢、代走増田大輝と畳み掛けるように起用。ここが勝負だ!とファンにも伝わるくらいスパッと選手を交代させる、、

監督自身の圧倒的な試合の流れを読む力には改めて脱帽しました。流石タツノリ‥

結局開幕戦から一点差ゲームを制して勝利。昨日の勝ち方は巨人にしか出来ない強力阪神中継ぎ陣を崩す一点突破の戦略は本当に見事ととしか言いようがない。

やはりランチェスター戦略は野球においても重要ですね


まとめ

勝負に勝つには一点突破出来る方法をしっかり準備する、そして勝負所では一気に決め決る。

開幕戦から幸先いい勝ち方が出来たのでまた今年も優勝出来るよう皆さん一緒に応援していきましょう!!


本日も貴重なお時間を割いて読んで頂き有難う御座いました!!






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
10
大阪のブラック企業代表取締役25歳/巨人を愛して17年/noteではtwitterで紹介した選手の特徴をデータに基づき掘り下げたり、少し違った観点から分析をしています。興味のある方は是非ご覧下さい。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。