見出し画像

僕のクランを解散させた。グッバイサンバー。

昨日、長年住み着いていた【サンバー】というクラロワのクランが解散した。

解散したとは他人事だ。なぜなら【サンバー】は僕が立ち上げたクランだ。

なんなら【サンバー】とは僕の愛車の名前である。

今も地元で大人しく帰りを待っていてくれているのだろうかと思うと愛くるしい。

そんなサンバーを解散させてしまった理由は3つある

 クラン内のアクティブプレイヤーの減少という問題はどこのクランも同じ問題を抱えている。
その問題の解決策としては、ログイン履歴かクラン対戦の参加率で見極めて、
アクティブじゃないと判定した場合には、そのプレイヤーを脱退させる。
そんな方法が主流だと思う。
僕は自称お情けマンなので、脱退させる定義を決めて、
それを破ったプレイヤーがいても、今回だけだよ!が何回も続くお情けマン。

 それがエスカレートしていくと、
2つ目の理由の良くも悪くも都合のいいクランということになってくる。
規定を破ったプレイヤーに対して、また戻ってきていいよって言ってしまう笑
そのプレイヤーもしっかり戻ってくるし、その結末はそんなプレイヤーがクランに在籍しつつ、アクティブではなくなるという事が起きる。
その末が、クランの墓場化である。
そんな何ヶ月もログインしてないようなアカウントが、
全体の半数を占めていたサンバーであった。

 これら全てが、3つ目の理由の僕自身の運営の下手さにある。
気軽に設立させたクランであるが、曖昧な運営をしているとメンバーは減少する。
仲の良い関係を構築して、その居心地のよさに溺れてしまった結果が、
サンバーの解散というものを招いてしまった。
クラン運営からも学ぶことは多かったので、
今後にこの失敗をどう活かせるかである。


上記の3つで僕のクラロワライフを支えていたサンバーが解散してしまったわけだが、ここで突然だがブロスタの話に移ろう。

僕は思うのである、はてクラブとはなんぞや?と。

現在、面識のある人たちが入っているクラブに参加しているが、
ブロスタというゲームは3人で遊ぶゲームだから、オンラインの友人を見つけやすくするためという意味でクラブがあるのだろう。
今の段階では、改善点がありすぎて、逆に今後が楽しみになってくるまである。
明らかにこうなるだろうなと思うことがいくつもあるし、あの優秀なsupercellの面々が我々の想定内のアプデで済ますわけがないからである。

個人的な意見だが、はやくクラブのメンバーで協力できるようななにか、クラロワでいうカードのリクエストのような、クラメン同士が相互にメリットのある機能を実装してほしいなと思う。
あと対戦時に押せるスタンプ
このゲームは味方に「ナイスっ!」「ごめん、、」を沢山言いたくなるゲームなので、早急にほしいところである。

おっと、天下のsupercell様にそんなことを物申してしまった。
でもsupercellは裏切らない。必ず最高なアプデをこれからも用意してくれる。
これまでもずっとそうであったように。

僕にクラロワを初めとしたsupercellタイトルを紹介してくれたヨハンとホームくんに感謝。

なんだかんだ僕がやっている活動はクラン運営の成れの果てだと思っている。
クランというシステムがなかったら、クラン内で他のプレイヤーとこんなに触れ合うことがなかったら、僕の今の活動は起きなかったであろう。
クラメンみんな面白いなー会ってみたいなーと思った成れの果てである。

この記事の最後だが、supercellが届けるクランシステムは大好きだ!
間違いなく、このゲームの魅力である!
次のクラン名は「キャラウェイ」にします!←切り替え

そんな僕が今日聞いてる曲はサカナクションの「ルーキー」
ライブではイントロの部分が曲と演出が相まって、最高の雰囲気ができる。
行ったことないけどね笑
友達に聞きました笑

ということで、今日も一緒にスパセルライフっ!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートされたお金は団体運営資金になります!

スキありがとう! 末吉
4
esportsに生きたく2019~上京してきた24歳。esportsのオフラインコミュニティの構築に勤しむ活動日記。ゲームのことや日々思うこと、趣味についてなんでも書いていきます。2019年3月Face2FaceGaming設立。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。