見出し画像

21歳の私へ

こんばんは。就活を開始したばかりの私。

3年後のあなたです。2019年の東京・渋谷では、100年に1度と言われるような再開発が行われています。3年後のあなた、つまり私は今日、その再開発という名の元で作られた、47階建て高層ビルのワンフロアに足を踏み入れました。仕事をするために。

渋谷・高層ビル・オフィス・仕事。これを聞いたあなたは、ピョンピョン跳ねて喜んでいるのではないでしょうか。まだどんな仕事をするか、どんな人たちに囲まれて仕事するかという重要なことも伝えていないのに。昔からそういうミーハーなところ、あるよね。それは、今もあまり変わっていないです。

今日も不採用のメールを受け取りましたか?お疲れ様です。売り手市場にも関わらず、昨日も、一昨日も不採用のメールを受け取っていますよね。ちなみに、聞きたくもないかもしれませんが、明日も明後日も、あなたは企業の人事部の皆様から、益々のご活躍を祈られます。所謂お祈りメールですね。あなたは、メールを削除する癖がないので、今でも私のGooglemailのフォルダには、あなたの祈られたメールがてんこ盛りです。

晴れて社会人になれるように、あなたは色々と頑張ってきましたね。見えぬ敵との戦いほど怖いものはないと思います。よく頑張ったと思います。部活にも入ったし、留学にも行った。ディベートサークルのある他大学まで片道1時間もかけて通い、賢い人たちに鼻で笑われながらも、頑張って大会に出て討論した。バイトだって何十個もこなしたし、一人暮らしも頑張った。地元の経営者から講義を受けられる塾にも、アルバイト代を出してまで通って、勉強した。賢くなるために。強くなる為に。明るい未来に夢を見て。なのに、受からないですね。

あなたは、1ヶ月後、社会のことがとことんよく分からなくなってしまい、就活真っ只中の5月・6月におそらく一歩も自宅から出られなくなって引きこもります。そして、あなたが海辺で惚れて付き合った彼氏からも、就活が原因で別れを告げられます。彼氏とは、最後には会いもせず、駅のコインロッカーに荷物を入れておさらばします。今となっては笑い話ですが、これからのあなたは、そこそこ傷つくんじゃないでしょうか。

更に何ヶ月後には、もう本格的にどうしたら良いのか分からなくなり、全財産である30万円もの大金を費やして、正式名称は忘れましたが、「内定塾」というような就活塾に通い出します。あなたにとって、30万円は相当の金額だと思いますが、就職活動に失敗して、生涯年収を何千万円と減らすくらいなら、大したことのないお金だと思うのですよね。

最終的には、縋るように救いを求めた就活塾にも、他大学の生徒に大いにディスられたことが原因で、恥ずかしさから通えなくなってしまいます。プライド高かったもんねえ。

最終的にあなたの就活がどうなるかは置いといて、私は今日、他の誰よりも一番にそんなあなたと話がしたくなり、このような長い長い手紙を書いています。私は、今日、初めてあなたが持つ夢を叶えられたのではないかと思います。素敵なオフィス、最先端の設備、自由な社風、優秀な社員の皆さん、綺麗なオフィスカジュアルの洋服。私がなぜか、ずっとずっと憧れていた、具体性のない、ドラマのような、形ばかりの夢。

今回の仕事は、もちろん形だけで選んだ訳ではないです。就活中のあなたと違って、一度は仕事というものも経験したし、ちょっとくらいは大人になったから。しかし、眠っていたミーハーな望みも付随的に叶えられるということもあり、正直すごく期待していました。あのビルに入れば、あのオフィスに足を踏み入れられば、ずっと夢見ていた何者かになれるんじゃないかって思ってしまっていました。ドラマに出てくる主人公のような、実在もしない誰かや、インタビュー記事などで見かける、かっこいいビジネスマンになれると思っていました。

でも、結局何も変わりませんでした。今の私は、朝の私と、昨日の私と一緒です。当たり前ですよね。よく考えれば分かるのに。3年後の私も、あんまり頭は良くなっていないようです。

今日、改めて、夢を叶えるって、すごく泥臭いことだなと思いました。就活真っ只中の、あなたが想像している綺麗な部分だけ抜き取ったドラマのようなスマートで素敵なお仕事なんて、きっとこの世のどこにもないんじゃないでしょうか。

都心部に行ったからって、綺麗なビルの中で仕事をするからって、何も変わりません。続けるのは、これまでの私が社会人になってからの2年半、郊外の冴えないビルの中で、ひたむきに頑張って続けて続けてきた、あの努力です。あなたがこれから面接に落ち続けても、その度に前を向いて立ち上がる、その努力です。やっぱり楽してスマートに憧れの自分になれるなんて、決してないですね。楽してスマートに事を済ませられるのは、スマホ決済のPay Payくらいです。未来用語です。

あなたが面接に受からないのは、冒頭のように、夢を見ているからです。そして、嘘をつかないからです。3年後の私も、申し訳ないけど、そのまんまです。相変わらず今日のように大いに夢を見ているし、嘘も下手くそです。もちろん、あなたより少しはマシだけど。だから、相変わらず、苦労しています。

今回だって、夢見がちなせいで、また馬鹿みたいに、がっくりきました。長年私が想い続けてきたことって、一体何だったんだろうってなりました。でも、これを書きながら、あなたと話しながら、開き直ってきました。

夢見がちなせいで、夢見がちなおかげで、あなたが憧れていた都心の高層ビルに入れるところまで来たじゃん。あなたの夢、叶えてあげられたじゃん。自宅に引きこもり、よく分からない塾に未来を捧げていたあなたに比べれば、ちょっとはマシになったでしょうか。

3年後の私も、いまだに理想を追い求めて迷路の中を右往左往しています。そして、行き止まりにぶち当たるたび、落ち込んでいます。

でも、続けましょうね。続けることを続けましょうね。

あなたは、就活時代の7月、引きこもりから一念発起して、キャリーケース一つだけを持ち、東京に飛び出します。そして、地方生まれの就活生17人とともに、郊外の一軒家を安く借り、就活をする為に暮らし始めます。一部屋4人で寝泊まりします。馬鹿ですよねえ。でも、そこで暮らした友達は、後に一生の友達になるであろう人です。夢見てよかったね。諦めなくてよかったね。

今日、また自分の見ていた夢が破れ、破れかぶれになりながら帰ってきました。でも、私はこれからも懲りずに夢を見続けるんだろうなと思います。25にもなって、痛いと言われてしまうと思うけど。でもきっと、これが私で、これがあなただと思います。

頑張ろうね、頑張ることを続けようね。

私は、これから、綺麗なビルの中で、今のあなたと同じように泥臭い努力を重ねます。そして、また辛くなったら、話しかけます。あなたに話しかけるくらいには、引きこもっているあなたと同じように、未来でも未だに孤独です。ありがとう。それでは、また。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
43

こちらでもピックアップされています

わたしのじんせい あれやこれ
わたしのじんせい あれやこれ
  • 12本

人生のある時期を振り返って、自分の記憶や思い出を整理する場所。 色んな人の人生を覗き見してみたい、という興味本位だけでできているマガジンです。 寄稿してくださる方は記事にコメントまたは以下のアドレスに一言くださるとありがたいです。 noteやっていない方は原稿だけ送って貰えれば代筆します。 teiteibouzu.note@gmail.com

コメント (2)
フィッシュfinishさん
はじめまして!嬉しいお言葉を、ありがとうございます。Pay Payは本当にストレスレスですね。
私は、フィッシュfinishさんの「部屋探しを適当にしてダークサイドに飲み込まれた話」を読んだ時、衝撃を受けました。
それから、フィッシュfinishさんの世界観に引き込まれております。あの記事に出会えて良かったです。
フィッシュfinishさんのご経験というか、ご経歴には、実は興味深々です。
これから過去の記事も遡って、ちょこちょことスキをつけさせていただくことがあるかもしれません。どうぞ宜しくお願いします。
やなり、PayPayですね!
「部屋探し〜」はちょっと恥ずかしいですが林真理子さんが書くことは「内臓を切り刻んでお見せすること」といっていたので書いてみました。最近スマホで気楽に書いてますので、結構ライトです。PayPayです。ではでは。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。