見出し画像

地域仕掛け人市の仕掛け人側の気持ち

地域仕掛け人市という東京で行う地方キーマンが企画する、マッチングイベントの実行委員をやっているゲンヨウです。2014年から取り組むこのイベントも毎年30地域、500名近くの来場者を迎えて、全国の現場と、関わりたい人をつなぐ機能を担っています。

今年は6月30日(日)に恵比寿で開催します!

僕は第一回から実行委員をさせてもらっています。ちょうど、四万十の”いなかパイプ”ササクラレオさんから、面白い企画やろうよーとお誘い受けたのがキッカケでした。

事務局は東京のETIC.に担ってもらいますが、地域にとっても都市部のチャレンジャーにとっても良い時間と空間について話して企画しています。今回はその辺について、僕個人の経験とか思いとかを書きます。

1.よりbetterなマッチングを
2.あくまでもキッカケなので行動を
3.相談ブースや座談会を活用して
4.ブースでじっくり話して人を感じる
5.現場にも足を運ぶべし

1.よりbetterなマッチングを

地域仕掛け人の文化は”来場者にとって、地域にとってよりbetterなマッチングを”です。移住ブーム(どちらかというと、呼ぶ側が躍起になっている)ですが、奪い合いはよくない。案件的に隣のブースが、興味関心として向かいのブースが。。。そこで思わず他のプログラムをご案内してしまうのが、地域仕掛け人市です。

地域に関わるのは楽しい部分と、人生が変わっちゃう部分もあるので、少しでも会場全体としてのbetterなマッチングを心がけています。そのため、ブースの人が「○○の方が良いかもしれないですね」とか「△△さんってあったことあります?」みたいなことが起こりますが、それはブースに来た貴方が嫌いというわけではなく、もっといい場所が思いついちゃったというわけです。来た人にbetterを提供したいそんな思いからです。

よきお節介集団だと思ってください。

そんなことを感じているのか、毎年、東京近郊に限らない遠いエリアから来てくれる人がいます。以前、相談ブースで話した人は香川だったり、北海道だったり。一昨年は鳥取から来てた人もいました。

2.あくまでもキッカケなので行動を

チラシを配っていたり、座談会で話してくれたり、簡単なものからじっくりなものまで用意された接点はいろいろあります。ただ、仕掛け人と直に話すことができるチャンスだと思って、勇気を振り絞って話しかけてみてください。もし、前の人がいたら、オーラを出しながら少し待ってみてください。仕掛け人側は実は気づいています(笑)。

ブースによっては、まず話を引く人と、じっくり詳しく話を聞く人の役割分担をしているところもあったりします。せっかくの機会なので、行動してみてください。ブース側にはそういう人ほど印象に残るので、あとあと良い動きになることが多いです。

3.相談ブースや座談会を活用して

実行委員による相談ブースもやっております。例年、地域に関わりたいけどどうしたらよいんだろうみたいなご相談などを受けてます。うまく活用して、面白い人材に出合えればと思います。

今回は、座談会という小規模で意見交換する企画の時間を設けました。昨年まではセミナー形式のものを実施していたのですが、お勉強の場所というわけでもないので、今回はじっくり話したり、同じような気持ちの人が集まってやり取りできる機会として設定しています。

より地域の中身が見えるきっかけになりますので、座談会も活用してもらえたらと思います。

4.ブースでじっくり話して人を感じる

仕掛け人市のキーワードは”人”です。景色が良くて、ご飯の美味しい地域はたくさんあります。それを超えて面白い人材が、地域には存在し唯一無二です。

各地域の選りすぐった面白人材の案件を持ってきていますので、仕事や環境の先にある人、誰がどんな思いで動いている地域なのかを仕掛け人を通して認識してもらえたらと思います。

ブースごとに様々な工夫を凝らしています。昨年で言うと、のれんを出して、中のやり取りを見えなくしているドキドキなブースや、ブースの中に木の板を設置して、地域の財に囲まれたブース。個室をブース内に作ってしまってじっくりスペースを作るところなど、従来の移住イベントとは一味ちがった工夫を見ることができると思います。

ちなみに、僕らのブースは昨年はひたすら人の顔写真を張りまくって、こんなことやりたいですという人に、「この人が○○をやってますね」みたいな感じでその人のエピソードを話したりしていました。

会場の熱量をしっかりと感じてもらえたらと思います。比較的常に人はわいわいしている感じで例年動いています。遠慮せずにブースにアタックしてもらったと思います。もし名刺など連絡ツールがあれば、交換すると次につながります。名刺を持っていくのは手かなと思います。

5.現場にも足を運ぶべし

仕掛け人市では今回ダーツという試みを考えています。片道切符を用意した地域に行けるというもの。あとは動くだけだぞという気合の入った企画です。来ちゃいなよを時でいく方法ですね。

ダーツに限らず、ピンと来た地域には半年以内に足を運ぶことをおススメします。どこに、何にピンと来たんだろうというのを現場で確認してもらうのが一番良いからです。ミニツアーみたいな企画を準備していたり、プロボノ案件で遠隔で地域に関わるメニューを持ってきている団体もあると思います。現場にも足をぜひ。運んでほしいです。

とにかく申込だ!

そんな楽しい地域仕掛け人市の申し込みは下記リンクからになります。

会場で一人でも多くの方にお会いできることを楽しみにしています。周りに地域に関わりたいけど・・・っていう方がいたら背中押してあげてほしいです。絶対、良い機会になります。

twitterもやっています。フォローいただければありがたいです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

応援ありがとうございます。サポートいただいたお金は学生の相談の時のカフェ代にします。

スキをもらうと頑張って書こうとします
8
鳥取県でNPO法人学生人材バンクを経営しています。 「学生にキッカケを 地域に笑顔を」 鳥取を面白いことを仕掛けやすい街にするため若者、人材の視点で大学生と地域の接点づくり、若者のシゴト創りを伴走型で支援しています。最近は地方こそ副業(複業)を進めるために語っています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。