見出し画像

場所にとらわれない

Genya
福岡出身。ロンドンでの旅を通してインスピレーションを受け、2018年5月より、福岡を拠点として音楽活動を開始。宅録を基本とし、フォークやソウル・ミュージックの影響を色濃く受けたトラックと、哀愁と孤独感を醸した低音ヴォーカルが特徴的。
70〜80年代のソウル・ミュージックから、現代のサウス・ロンドンにおけるインディーシーンに呼応するかのような質感のサウンドで、2019年6月21日、1st EP「Jumble」をリリース。2020年5月8日に、2nd EP「looks simple but」をリリースし、TOWER RECORDSの運営するメディ「TOWER DOORS」にてピックアップされるなど、各方面より注目を集める。


一昔前までは、インターネットが普及していなかったから音楽を多くの人に届けるには東京に行って大手レーベルとの契約を勝ち取ってメジャデビューするというのが主流だったと思うけど、

今の時代はどこにいてもネットを通して音楽を世界に届けられる。
東京に行かなくても音楽はできるし、海外に行かなくても世界に音楽を届けられる。逆にネットを通じて最新の音楽や流行りも地方に届くようになっていると思う。

だからこそ自分は場所にとらわれず活動していきたい。出身がどこかなどにあんまり拘りたくなくて、自分のやりたい場所を選んで活動していきたい。

特に自分は宅録作家でライブミュージシャンではないから、ライブの数は少ないし、どこにいるかは関係ないことだから場所を選ばないで活動していけると思っている。

ただこの活動の進め方だと、応援してくれる人と密にコミュニケーションをとることが難しくなる。

地元に密着していたりするアーティストはその場所で密なコミュニティを形成することができるから深く愛してくれるファンをつけやすい。

だからオンラインとオフラインのバランスを上手くとりながら密なコミュニケーションをとり続ける要があると感じる。

自分がそうであるように、どっぷりコミュニティの中に身を置くのは苦手だけどいい距離感を保ったコミュニティを欲してる人は必ずいると思う。

独立したマインドを持った人がいい距離感で集まるコミュニティを作れるような仕組みを作りたい。

今できることとしては、自分のマインドセットがどういうモノなのかを発信して、それに共感してもらえる人を増やしていくことだと思う。

発信方法はnoteを中心にしてるけど、やっぱり動画コンテンツはめちゃくちゃ強いと思ってる。

動画を見るだけでファンになってしまうことが多々あるので、
そこも考えていかないといけないと思う。


宅録作家として、場所にとらわれずに自分自身の為の作品を残していけるように。

Genya

Web : https://www.genya.online
Instagram : https://www.instagram.com/genyahamada/
Twitter : https://twitter.com/genya_hamada?lang=ja


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
福岡の宅録作家。 I'm bedroom artist from Fukuoka, Japan.