見出し画像

作品は売れない時代

Genya
福岡出身。ロンドンでの旅を通してインスピレーションを受け、2018年5月より、福岡を拠点として音楽活動を開始。宅録を基本とし、フォークやソウル・ミュージックの影響を色濃く受けたトラックと、哀愁と孤独感を醸した低音ヴォーカルが特徴的。
70〜80年代のソウル・ミュージックから、現代のサウス・ロンドンにおけるインディーシーンに呼応するかのような質感のサウンドで、2019年6月21日、1st EP「Jumble」をリリース。2020年5月8日に、2nd EP「looks simple but」をリリースし、TOWER RECORDSの運営するメディ「TOWERDOORS」にてピックアップされるなど、各方面より注目を集める。


音楽を作るのは膨大な時間とお金がかかるんですが、音楽を売ることでの利益はそれに全然見合ってないなーと感じます。

CDは売れなくなってるし、音楽配信に関しては、ストック型ビジネスでコンスタントに収入が入ってくるという意味では、アーティストにとってのベーシックインカム的な存在になってくれるのですが、その還元率は本当に低いです。

僕はアーティストとして自分の作品を発表していきながら、収入も得たいと考えてます。

だからこそ、長期的に見て、個人での活動の方がアーティストとしての可能性があると思っています。

個人だからこそ柔軟な活動ができるので、どういう風に収入を得ていくかをより考えていけると思います。


これからやっていくこと

・総合的にアーティストとしての表現活動を行う

ミュージシャンとしての表現活動ではなく、様々な領域で表現活動をしていきます。直近で考えてるのは、音源、アパレル、執筆、写真、動画、です。


・お金を使ってもらえるポイントを多く作る

これからすぐにやっていくことは
音楽配信
CD
アパレル
ZINE
執筆

その後段階的に進めていきたいのは
メイキング映像
コミュニティ運営
スポンサー




作品を売るという従来の考え方を打破した時、
本当のアーティスト活動ができるんじゃないかと思います。


Genya

Web : https://www.genya.online
Instagram : https://www.instagram.com/genyahamada/
Twitter : https://twitter.com/genya_hamada?lang=ja





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
福岡の宅録作家。 I'm bedroom artist from Fukuoka, Japan.