見出し画像

フィリピン留学5つの落とし穴

こんにちは
フィリピン留学は賛否両論ありますが、個人的にはとても合っていて英語力もそれなりにあげることができました

 自分は語学学校のインターンとして生徒様のカウンセリングや新入生に向けてオリエンテーションもしていたため様々な生徒様を見てきました。
残念ながら、ほとんどの人が英語力を付けずに帰国していってしまうというのが現実です。
今回はフィリピン留学に行っても英語力が上がらない人の5つの要因を紹介させていただきます。
これからコロナが収束したらフィリピン留学行くよ!っていう人は是非一読ください

①そもそも高校英語の文法・語彙力がない
 文法や語彙力がないため、単語で会話する人が多いです。これらは日本国内でも勉強出来るため、フィリピン留学中に文法や語彙の勉強をするのは正直時間の無駄です。
 また、留学に来てから文法の授業を英語で受けても何を言っているのか一切できずに時間を溶かしてしまう人が多いので最低限の文法・語彙は押さえておきましょう。

②日本人で固まる・常に一緒に過ごす
 これはフィリピンの日本人経営の語学学校だったりすると、生徒さんの9割以上日本人で授業の時間以外常に日本語を話してしまうという場合があります。
 自分の学校もほとんどが日本人で最初のころはいつも日本語を話してしまっていました。
 これは環境のせいだから仕方ないか、、、とあきらめないでください!
フィリピン人はとてもフレンドリーなので友達を沢山作れます。
フィリピンで友達を作る方法がいくつかあるので後日紹介します

画像1



③留学期間が短い
 正直数週間の留学では英語力はほとんど変わらないと思います。
ただ、ほとんどの生徒様は数週間(大体2週間)で帰られる場合がほとんどです。
そして数週間で英語力が上がったような人は一度も見たことがないのでフィリピンに観光に来たような感覚で帰っていく人がほとんどです。

④学校のスタイルに合ってない
 フィリピンの語学学校は大きく分けて2タイプ存在し、スパルタ系とノンスパルタ(自由な校風の学校)の2つあります。
 自分の学校はノンスパルタ系で周りの人が結構遊んでいましたぶれずに勉強していましたが、一時期毎週飲みに行っては潰れてしまうこともあって勉強に適した学校ではなかったです。
 ただスパルタ系だと門限が設置されていたりルールが多かったりでストレスに感じてしまうことが多いです。
 そのため自分の性格に合った学校選びは本当に大切です。

⑤社交的でない
 英語がすぐ伸びる人はおしゃべり好きで沢山の人に遠慮なく話しかける人が多いです。
 自分はとてもShyなので最初は大変でしたが、英語で話すときと日本語で話すときでは性格が少し異なり表現の仕方も変わることに気づき色々な人と話してみたいという意欲がわきました。
 社交的でない人はアウトプットする機会が授業でしかないため特にスピーキングの能力が上がりにくいです。


以上がフィリピン留学で英語が伸びない5つの要因です

自分はフィリピンが日本よりも大好きなぐらいここは楽園かというぐらい素晴らしい場所なので一度皆さんにも来ていただきたいと思います!

それでは、See ya 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Thanks a bunch
6
大学生 休学中 工学部 プログラミング学習中
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。