412回

第412回:米中摩擦過激化に伴う法定通貨崩壊のさなか、金とビットコインは有事の買いがセオリーに

米中貿易摩擦が止まりません。先日行われたジャクソンホールにおけるFRBパウエル議長の講演を狙いすましたかのように、中国から報復関税措置が発表。直後にトランプ大統領が報復の報復内容をメディアに展開し、泥沼の様相を呈して参りました。ダウは600ポイント以上下落、日経先物も20,200円どころの急所に再度アタックしており、世界市場はいよいよ正念場となりつつあります。為替が円高にまだ触れていないところが一層不気味で、105円を本格的に割ってくると、更なる下落アタックがありそうです。

この続きをみるには

この続き: 5,902文字

第412回:米中摩擦過激化に伴う法定通貨崩壊のさなか、金とビットコインは有事の買いがセオリーに

松田元

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます😊May the beat be with us
12
Beat holdings limited(9399)CEO。早稲田大学商学部卒。実業家としての経験を活かし、複数の上場企業における投資銀行/バリューアップ業務を豊富に経験。2016年衆議院予算委員会における中央公聴会にて、最年少公述人として日銀の金融政策に関する意見を述べる。