私の家族

2

昼寝の夢で声が聞こえたような話

私は昼寝をしました。

夢の中でペットのフクロモモンガたちの声が聞こえてきた気がしました。
飼い主の私の妄想だと思います。
ですが、夢のことを忘れないうちに書き留めたいと思います。

「パパへ

いつも、朝散歩に外に出してくれてありがとう。

僕たちはパパたちがいつも一緒にいる部屋のことしかよく知らないけど、朝いつもケージから部屋に出してくれて、散歩させてくれてありがとう。

パパの耳を舐めさせて

もっとみる
ありがとうございます\\\\٩( 'ω' )و ////
3

手をつなぐこと

妻は遠慮がちに手をつなごうとする。
私は手を握り締める。
妻は車いす。
私は歩行者。
傍からは、介助者でもない私が、妻の車いすの横に立って手をつないで歩くことを奇妙に思う人もいるだろう。

でもそれが我が家の普通の光景なのだ。
今日はそんなお話。

私は幼少期・小学校、誰かと一緒に生きることなんて考えていなかったと思う。小さい頃は将来の職業に学者と考えて、生意気にも象牙の塔の上に住めば誰とも接

もっとみる
ありがとうございます\\\\٩( 'ω' )و ////
1