見出し画像

役者インタビュー 都合智也

今年2020年2月29日~3月2日の期間で劇団光合聲#2「忍武の砦」が一心寺シアター倶楽にて上演する。本日のインタビュー記事、お相手は覇王樹座に所属している都合智也さん。

主宰の多くの出身劇団である覇王樹座所属の彼。今公演にはどのような思いをもって望んでいるのでしょうか?

劇団光合聲参加のきっかけ

都合:飲みの席でチャオズさん(光合聲の主宰の一人、木村遼太)とか部活の人といたときに、こういう劇があるよーってなって、お前出ればいいじゃんってなったのが一番のきっかけで、もともとは「黒使」(光合聲第1回公演)だったり、部内のチャオズさんの演出を見て、この人の演出の下でやりたいなーって思いがあったので、それで今回やればーって一言で出ようってきかっけになったと思いますね。

―チャオズさんの演出の下でっていうのは今回が初めてですか

都合:そうですね。受ける最終的なきっかけはチャオズさんの『受ければいいじゃん』っていう一言ですね。

都合さんから見た稽古場の様子

都合:やっぱり楽しいですね。楽しくてやっぱり、演劇をやっている人の集まりだーっていう一番強いですね。やっぱり部活とかそういうのじゃなくて、演劇っていうのをメインにおいている人達が集まっているなって。やっぱりそういうところは初めてだから、これが劇団かーって思いましたね。

―稽古真っ最中の時はどうですか

都合:ほかの余計なことはないみたいな。楽しいみたいな雰囲気だったり、ボケてみたいな雰囲気だったり無茶ぶりはあるんですけど、ピリッと切り替わるみたいな。劇の稽古が始まったら、メリハリがちゃんとついているみたいな感じはありますね。

画像1

最も絡む人

都合:やっぱり、まーさん(石原将基)ですね。同じ部活で、一番仲はいいかなって思いますね。

―初めて会う方で仲良くなった方はどなたですか

都合:栗林さんだったり、ライアンさん(小山栄華)だったり、久家さんはよく話すといえば話しますね。

―どんな風に打ち解けていきましたか

都合:久家さんに関しては帰り道が同じ方向なので、そこでお話したり、稽古中の休憩中や間だったりでは栗林さんであったり、ライアンとか一緒に話すことが割とあるほうだと思います。

自分の役の見所

都合:一番は、一番最初ですね。ドあたまの1分2分くらいが自分の最高期ですね。

都合:後半にもちょくちょく出てくるんですけど、そこでもまあ魅せられたなとは思うんですけど、自分でもう最高潮となったら、一番最初の1分、それが最高であるような、気持ち的にはそうありたいですね。

意気込み

都合:実質、自分が近畿大学覇王樹座の枠を飛び出した気になって、ほぼ90%が知らない人の前でする劇なので、人間がいいんだぞ、こんな劇をする人間がいるんだぞというのが、見せていきたい。そして見せられる演技をしていきます!

画像2

さて、いかがでしたでしょうか。都合さんの真っすぐな気持ちが少しでも伝わっていればなと思います。そんな都合さんに興味を持ったあなた!是非「忍武の砦」、観にいらしてください!

ご予約(都合窓口)はこちら↓ 



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
大阪で活動する俳優を中心に発足した、学生から社会人、音楽家、レイヤーなど多種多様な人物が揃う演劇集団。 光と音と聲の調和をコンセプトに活動。身近なテーマを劇的に。 第2回公演「忍武の砦」2/29~3/2 @一心寺シアター倶楽