見出し画像

アルファベット一文字への想い

GCP Xの小野と申します。はじめまして。

唐突ですが、なんでも、言葉って大事ですよね。

何か、新しい取り組みとか、商品のネーミングをつけるのって、あれこれ考えちゃいますよね。

私たちは年初に、こんな発表をさせていただきました。

思っていたよりも大げさにな記事になって、写真も学生食堂での同窓会撮影のようで、振り返ると気恥ずかしいものですが、それも、「プレ・コロナ時代」の気分だったのかもしれません。

さて、何をかくそう(いや、隠すものなんてありませんが)、僕らがやろうとしていることは、決して世界初!とかではない、あたりまえのことです。

スタートアップ・カルチャー震源地のアメリカでは、ほとんどのVC(ベンチャーキャピタル)に備わっている機能(チーム)でして、それは、現代VC産業の、進化の象徴と言えるものです。

いつの頃からか、彼の地では、それを、「プラットフォーム」と呼ぶようになっていました。

これは17年のForbesの記事です。

As the venture industry grows and becomes more competitive and founder focused, capital alone doesn’t create success stories. Here’s what matters now: How the firm helps you build the community and ecosystem around your idea.

平たくいうと、どんどんスタートアップを取り巻くいろいろが成熟してゆく中、投資するお金の量の勝負から、起業家と企業の成長支援と、スタートアップエコシステムへの貢献の勝負に、世の中、かわってきていんだよね。というお話です。

私たちグロービスキャピタルが、国内最大規模の400億円ファンド(6号)を組成する際の、重要戦略で、投資家へのコミットの一つ、

それこそが、このプラットフォーム機能を、グロービスキャピタルとして組織の中に組み込みます。というものでした。

そこで僕が10月から加入し、準備を進めていたのですが、一番困ったのが冒頭の話。このチームのネーミングについてです。

心のなかで、何度かつぶやいてみました。

「はじめまして!グロービスキャピタル、プラットフォームチームの、小野です!」

…嫌です。絶対いやだ。

例えばですね、
固定電話で営業する、昭和の時代にタイムスリップするとしましょう。

そこで僕は、投資先の社長に、電話をかけたとします。
電話を受けたのは秘書兼庶務兼総務の女性です。

「しゃちょー、グローバルなんとかって会社さんから、リフォームの営業電話きてますけどー。」

「間に合ってるって、断っとけ!」

そこから沢山のネーミングを考えましたが、何を思いついても、すわりが悪い。なぜかというと、グロービスキャピタルパートナーズって、絶望的に長い名前じゃないですか。普通、覚えませんよね(堀さん、すみません)。

だから、究極に短い名前にしようと思って、アルファベット一文字に、思いを込めました。

X:  Exponential, Exceptional, Exceed


たぶん、シアトルのゲーム機さんとか、激しいドラムサウンドのバンドさんとか、新しいところでは、元Facebook日本社長の作った地ビールとか、これらの方々が、このアルファベットにかけた理由と、たぶん大差ないと思いますが、いいじゃないですか。覚えてもらえれば、それで嬉しいです。

画像1

これから、このGCP Xのnoteを使いまして、私たちの投資先への支援活動やリサーチ活動等を通じて得られた、スタートアップ業界に役に立てたらいいなと思う、情報・知見を発信していきたいと思います。

どうぞ、フォロー宜しくお願い致します。

GCP X ディレクター
小野


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
感謝です!
21
グロービス・キャピタル・パートナーズのグロース支援に特化した組織 (Value up Team - GCP X)。 投資先支援活動の中で得られた知見を中心に発信していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。