見出し画像

M5StickV開封の儀

M5StickVが遂に届きました!超小型なのに顔認識とかできちゃうエッジデバイスです!では、早速開封していきます

今まで歴代のM5Stackシリーズとは違うフィルムケース状に入っていました。フィルムケースは2つあり、一つは本体ともう一つはType-CのUSBケーブルが入っていました。

歴代のシリーズと比べると一番小さいのはM5StickCですが、M5StickVも形状はほぼ変わらず小さいです。M5Stackも最初見たときはかなり小さいと感じましたが、それぞれいい味出してます^^

正面はTFT液晶(135 x 240)でM5StickCと比べて一回り大きいディスプレイです。本当に小さい!!

横から見たら電源ボタンとSDカードスロットがあります

反対面にもボタンがありました。これはM5StickCと同様ですね。

M5StickVの最大の特徴である、AIカメラが背面に搭載されています。小型カメラですごくコンパクトに収められています。LEDライトもあってボタンを押すと光ります。スピーカーも内蔵されており、音声も再生できるようです。

電源を入れるとデフォルトで入っている顔認識プログラムが実行されます。認識速度が驚くほど早くて、ヌルヌル動きます。

手元にSDカードがないのでまだプログラムを動作してませんが、色々おもしろいことができそうです!スイッチサイエンスのページでも入荷と共に直ぐに売り切れてしまう人気商品です。興味ある方は、入荷通知をONに設定してメールが来たら直ぐに購入してみてはいかがでしょうか?

それでは、良きM5StickVライフを!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
2017年よりR&Dへ異動。ATLabo、がおまる塾の運営をしています。Alexa Champion('20〜)LINE API Expert ('19〜) 著書に「スマートスピーカーアプリ開発入門」が発売中!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。