見出し画像

ちょっと乱心undertaleプレイ記&感想&考察


UNDERTALEとはね、TobyFox氏がつくったRPGだよ。マザーや東方に影響を受けたとされているよ。特筆すべきはシナリオと、ユニークで好きにならずにはいられないキャラクター、そして弾幕シューティングを組み合わせた戦闘システム。

弾幕シューティング!?うわ難しそう。やめよ。と私のようなアクション苦手勢は思うだろうけど大丈夫!!Tobyはとても難易度に気を使っていて、シューティングをやったことのない友人にテストプレイを頼んだそうだよ。初心者でもそこそこゲームオーバーになりながら楽しくクリアできるようになってる!

どこらへんが弾幕シューティングなのかと言うと、敵の攻撃がそうなんだ。だから避ければHPは減らないわけだ。でこちら側からのアクションは、FIGHTかACTのふたつ。FIGHTは武力を持って敵を制すオラオラコマンドです。普通のRPGのやつだね。ACT!これがアンダーテイル特有のコマンド。敵によって異なるんだけど「励ます」「褒める」「話す」などなど・・・そう!これで敵キャラと和解できるってわけだ~~!!うわ~~~!!!楽しい~~~!!!

でも別に戦ってもいいわけだ。だってそうすればレベルがあがってHPも増えて戦いやすくなるです。ACTで敵キャラに話しかけてる間にも敵からの攻撃は来るわけで、それを避けきらないとふっつーにゲームオーバーになるから、HPは増えてるに越したことない・・・

そこらへんがこのゲームの根幹だと思うので、せめぎ合いつつ楽しんでほしいゲームです。

そうそう言い忘れてたけど音楽も最高!!Tobyさんはグラフィックにシステムにシナリオに音楽に、ほぼ全てひとりでつくったんだって!!(グラフィックやアートデザインでテミーさんが携わったそう)はえ~~~~すごい~~~。天才?? このゲーム、クラウドファウンティングで当初の予定額の約10倍の500万円ぐらいが集まったらしいよ。しかもTobyさんは子どものころからツクール2000で遊んでたらしいけど、ちゃんと作品を発表するのはアンダーテイルが初めてなんだって。え???

というわけでカルト的人気を誇るゲーム。来年公式日本語化されるらしいから待ち遠しいよね。


以下ネタバレプレイ記です。

STEAMのアカウントを作ってさっそくダウンロード。ストアのページに行くと

「最近:非常に好評(1380件のレビュー)
 総評:圧倒的に好評(62280件のレビュー)」

とんでもねえゲームをやろうとしているぜ・・・ゴクリ

1週目はもちろんノーマルルート!通称Nエンド。戦闘の回避方法が分からずトリエルだけ手にかけてしまったのだ。はじめてのボス戦だね。冷静に考えれば、主人公の体力が減ると当たらないようにしてくれる攻撃や、表情で分かりそうなものだけど、あの時の自分は「RUINSなんやこれ・・・優しい世界・・・なにこの家・・・なにこの空気・・・トリエルさん突然きた人間に優しすぎでは?なんかプレーヤーにわざと感情移入させてるような・・・これ裏あるんじゃないの?」と疑心暗鬼だったので

トリエルが立ちはだかったときによくもだましたなあああああ!!!だましてくれたなああああ!!!誰も死なずにすむRPGなんて嘘っぱちじゃねえええええか!!!ああああああ!!!!

体力減ると攻撃がわざとハートを避けてくれるけど、錯乱して自分からあたりにいってた(謎)

スノーディン!パピルスとサンズと出会ったね。しばらくPAPYRUSが人名・・・いや骨名だと気づかなかった私です。なんでパピルス紙が突然でてきたんだろう?と思ってたね。残念な英語力です。パズルがいろいろでてくるけど、解かせるためじゃなくて、キャラクターの演出のために新鮮だった!パピルスとのデートは、告白してないのにフラれた感あって笑った。なんじゃこれ。付き合ってくれ。

ウォーターフォール!!napstablookがマッドダミーとの戦いで助けてくれたり、家に及ばれしたりでめちゃくちゃテンションがあがる。隣の家絶対彼女の家でしょって思ってた。napstaかわいいよnapsta。昼寝してたから名前nap?かと思いきや

名前の由来は音楽共有フォーラム「Napster」+イギリス英語で男性・ヤツという意味のスラング「bloke」か。(ニコニコ大百科 napstablookのページより)

へえ~!なるほど。むしろこの名前から、RUINSで嘘昼寝してるイベントができたのかな?

アンダインが追っかけてくるよーこわいよー。鎧姿に「夜明けの口笛吹き」のクリシュナを思い出した。雨の中傘をさして歩くマップと、朽ち果てた彫刻に傘をさしてあげるとオルゴールの音楽が流れるマップが好きだ。対アンダイン!逃げるコマンドにしばらく気づかなかった。水あげて和解したからデートデート!!ほらデート!!喜び勇んで家に行くも、トリエルを殺してしまっていたため断られる。そ、そうですよね・・・。すみません・・・。

ホットランド。アルフィス博士とメタトンと会うよ。博士オタクじゃん、親近感わくよ。改造された携帯にSNSの通知がやたらと届く。博士ヒマなの?えらい科学者なんじゃないの?TLが博士ばっかりなんですけど。blookyから友達申請きてたの飛び上がらんばかりに喜んだけどYES押したら既に取り消され済だった。なんでやねん!!!!!!!友達になろうよ!!!!!!!!全コメントにいいねとRTしてドンビキされたい。途中で会った炎JKがセーラー服着てて、外国製のゲームなのに珍しいなって思った。このJKとスノーディンのバーのマスター親子だったりします!?

メタトン戦。メタトン動きすぎて笑う。落ち着け!!落ち着け!!メタトン戦は楽しかったですねー。なれるまでは死にまくったけど、こなれたら操作がたのしい。倒した後、引退しないで電話がかかってくるけど、最初の電話はnapくんからだったんだね。メタトンが「BL...」って言いかけて(Blooky)、ボーイズラブ??なんで??って思ってました。メタトンとブルッキーの関係性いいですよね。つーかブルッキーの隣のピンクの家、彼女じゃなくてメタトンかよ。メタトンかよ。家かわいいね。いとこ同士で昔一緒に住んでて、いまはかたや国民的スター。でも正体言ってないんだね。言ってないけどブルッキーはメタトンのファンなんだね。なんでメタトンは言わないんだろう、やっぱりブルッキーを置いて出て行ってしまった負い目があるんかね。お互い大事に思いあってる感じがすごい好きだ。

メタトンとデートできたりします?とラボに戻るも開かぬ。パピルスのせいですっかりデート中毒の主人公。心がさみしいです。

諦めて先に進むとおや・・・?なにか見覚えが・・・?ってここ・・・RUINSの家の色あせたver.じゃないですかーーーー!!!!トリエルさあああああん!!!ただいまーーーー!!!!!しかし誰もいない・・・ン・・・。いままで出会ったモンスターたちが、戦闘の画面でこれまでの歴史を話してくれる。ここのストーリーの演出すっごいなー!!!!正直ね、このゲームは戦闘のユニークさとキャラクターの個性が特徴だと思ってて、あんまりストーリーの大筋には力を入れてないのかと思ってたんです。あらすじも「人との戦いに敗れたモンスターは地下に閉じ込められ、地下に通じる穴から子ども(自分)が落ちてはいスタート」ってくらいのざっくりなはじまりでしたし。でもここらへんから、それだけじゃないってことがだんだん分かってきた。ぞくぞくしてきたね。演出がほんと凝っててプレーヤーの意表を突くのがうまいので、ここに骨となるストーリーが加わってしまったら相乗効果でえらいことになる!!私はもうなすすべがないね、むしろどうにでもしてくれ殺してくれこの渦に飲まれたい、そんな気持ちでASGORE戦だ。

優し気な王様だな、からのMERCYドーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!!

曲と相まって鳥肌立ちまくりのラスボス戦。ラストだと思ったか?フラウィー戦です。ひえええええええええええええええええええええええええ

死んだ人間のソウルが助けてくれてる;;;;;;;;ここらへんで泣いてた。最初気づかなかったけど、道中落ちてた装備の持ち主なんだね;;;;;;;;どんな人たちだったのかなあ。もし全員子どもだったらもうなんか苦しいな。やめてくれ。

花が「もし誰も殺さなかったら俺も悪さしねえ」って言ったから2週目だよ。


2週目!平和主義者ルート!Pエンドです!

トリエルさんと無事和解。おら外の世界いってくるだ。でもいつか帰ってくっかんな。待っててくれろ。

ほいほいアンダインとお家デート。デートたのぴいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!アンダインとアルフィスって仲いいんだね。まあツイッターで二人の百合画像見たからなんか察してた。いいぞもっとやれ。^^両片思いって感じでイイナー^^ほふほふ^^。「アルフィスはえらい科学者で頭がいい!すごい!」「アンダインは強くてかっこよくて優しい!それに比べて私なんて・・・」はあ~~~(ため息)いいっすね^^。実際に二人が喋ってるシーンはまだないのでもだもだ感も積もる。早く!!会話して!!!デートして!!!!!!!!ほら!!!!!!!!!!

アンダインとデート後は、パピルスとアンダインに電話をかけられる。この二人の会話おもしろすぎて全マップさかのぼって電話かけまくったわ。騎士団長はツッコミかと思ったらけっこうボケ側ですよねぇ・・・ボケ&ボケの勢い天井抜けハイテンションギャグ最高です。

この顔www

メタトン戦後に戻ろうとすると、アンダインから電話がかかってくる。ついに博士とデートだ~~~。アンダインとのデートリハーサルにもつれこみ、本人も登場して狂気のゴミ捨て場デートスタートだ!!いえ~~~~い!!!

あーデート楽しかった。そしてギャグイベントから一変、不気味なラボに誘導される(パピルスに)しかも敵でるし強い~~~一回外でてお金稼いでアイテム買お。おや?

で  ら  れ  な  い

怖いし悲しいし回復アイテムないしテキスト長いし難しいし・・・唯一ベッドに寝たらふとん直してくれて頭なででくれるアイツだけが癒しでした。何回も寝ちゃった・・・このゲームのこういうところほんと好きだな 虜だぜ

博士がきて、ここのモンスターたちは襲ってきたんじゃなくてエサを求めてじゃれついてきてたってことが判明するけど、なんか猶更辛かった・・・まだ敵意があった方がましだったよ。こんな姿になってもみんな優しいんだね。うう・・・

ここらへんはちまちまセーブして翌日ロードして、って感じで小刻みに進めてた。で、ある日夜12時くらいにまたラボからはじめたんですね、明日休みだからちょっと夜更かしして進めようと思って。そしたらそんな時間はかからず1時くらい?にラボは抜けれて、おっしじゃあ帰るかと思ったらアズゴア城に強制連行されてオッタマゲーですよ。おいおいアイテムすっからかん!ラボでセーブしちゃったからロードしても地獄!こうなりゃ進むしかない。少し眠いけどここまできたらもうエンディングを見ようと。

王様のMERCYドーーーン・・・??

からのトリエルドーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!!!

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

ママあああああああああああ!!!まままあああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!(ひざから崩れ落ちる)

アズゴアの尻に敷かれっぷりがよい。泣いてるドットかわいい。

アンダインにアルフィスに骨兄弟も(メタトン)も次々に集まって、わいわい喋り始める。誰かが来るたびにトリエルが話しかけて友達になりましょうという姿を見てすすり泣き始める。1週目でこ・・・殺してしまって・・・生きてたらこんな風にみんなと仲良くなれたんだなあと考えると・・・1週目はごめんなさいという気持ちと生きててくれてよかったという気持ちがないまぜになって嗚咽だよ。

みんな勢ぞろいして「こんな素敵な友達がいるんだから地下での生活も悪くなくない?結界抜けずにここで仲良く暮らしましょうよ」と言われる。

えっ?

ああそうかそういうエンディングになるのか・・・。誰も死なせないとなるとそうなるよなあ。うんそうだね、地下にずっといよう!

からのフラウィー ドーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!!!!

きましたねー。くるだろうねそりゃ。ツタに捕らわれつつも、みんなが攻撃を骨やら炎やら槍やらで防いでくれる。う、うおお。熱い展開だよ。あと画面を埋め尽くさんばかりにモンスターたちが駆けつけてくれたところ!!あそこだめですホント。みんな大好きだよ~~~~~~~!!!!!

花「こんな・・・こんなことあり得ない!お前らが・・・お前らが・・・・!!
   こんなバカだったなんてさ

フラウィーちゃんこのパターン好きだよね。演技派だよね。

お花ちゃんがみんなのソウルを吸収するぞー!!吸収ってそれ大丈夫なのか?これ一体どうなってしまうんだ・・・ハラハラ。暗転後トリエルに似た、ボーダー柄のシャツを着た子どもが突然でてくる。「ぼくはもう花でいることに疲れたんだ。Howdy!」Howdyってそれお花の・・・えっえっ??えっ??だれこの子・・・困り眉かわいい!!!!まさかまさかまさか死んじゃったトリエルとアズゴアの息子の、この王国の王子の・・・・・・・・・・!!!!

ASRIEL DREEMURR(大人に変身)(邪悪な笑み)(ええ?!)

\デーーーン/

すっげーーーーいいBGM(「hopes and dreams」)が流れはじめ、アズリエルがうにょうにょ煽ってくる中、こちらは大混乱。花がアズリエル?アズリエル闇落ち?何故?人に攻撃されても反撃しないで死んでしまうほど優しい子だったのになんで?

ていうか回復アイテムゼロです

でも心配ご無用!DREAMを選ぶと無限回復アイテムもらえるし、HP0になっても「but it refused.(非公式日本語パッチでは「そんなのお断りだ。」←日本語訳最高ですよね???)となって再び立ち上がることができるのだ~~。ここらへんの文章が熱くて熱くてホットランドもかくやというべきか、何故アズリエルと戦っているのか理由は分からないがとにかく感動して、普段なら「奇跡も魔法も、ないんだよ」と荒み切った心が「夢は叶う!!希望はある!!!決意!!決意!!!」と燃え上がりました。燃えすぎて訳も分からず感動して顔がえらいことに。アズリエルは時間を巻き戻したい?

↑あんなイラスト描いといてなんだけど大人アズリエルかっこいいよ!!!肩を竦めて首フリフリするシニカルなドットが好き。技のエフェクトもかっこいい。最後の戦い。

それから。もう伝説級の演出だと感じてるんですが、ACTコマンドがSAVEコマンドに。データをSAVEはできないけど、ほかの何かをSAVEするんだよおおおおおおおおおおおおおおおお!!!あああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!あああ!!!!!!!!!!!!!!!おあっ!!!!!!!!!!みんなを救うんだよおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!(BGM:「SAVE the world」)

みんなの顔がモザイクで見えない。Lost Soulが立ちはだかる。名前すらでねえ!!!!!!!!!!ジョークとか電話とかレシピとか話すとか!!!!今までこんなことあったなあとか、そういえばこんなこと一緒にしたなあとか!!!!!!!!!!!主人公が呼びかけるとロストソウルは懐かしそうにするんだよ!!!!!!!!!!!しばらくやってると顔がでてさ!!!!!!!!!!!こっちのこと思い出してくれんだよ!!!!!!!!!とりわけパピルスの「いや待て!お前は友達だ!捕らえるなんて、絶対にできん!!」と、アルフィスの「ううん、違うわ!好きでいてくれる友達がいる!そして私も、あなたが好き!」が心に刺さった。あ、いま動画見ながらこれ書いてるのでセリフは非公式日本語パッチ様の訳です。最高だなあ!?

ロストソウルのところ号泣しながら休みつつプレイしてたのでこのころもう夜中の3時くらいだったね。

さあみんな救ったよ。残るはあと一人、「え?なにしてるんだい!?」とアズリエルがほにゃほにゃ言ってるがお前だよ!!!!!!!!!!!!お前を救うんだよおおお!!!!!!!回想。

つまりアズリエルが名前を呼んでたのは主人公じゃなくてずっと前に死んでた人間の子で、私が名前をつけた「穴に落ちた」子だったんだね。アズリエルの独白が続く。ああ・・・。その子がいなくてずっと寂しかったんだね、その子のことが大好きだったんだね。「だから僕に勝たせてよ!」と言われても根性で0.000000000000000001のHPを残す主人公・・・・・・

ここでアズリエルと話せて、花だったときにモンスターをいっぱい殺したからぼくはもう救われる価値ない、というようなことを言うんですが、フラウィーが主人公に対して攻撃はしてきても、モンスターが攻撃されたっていう話はあんまり聞かなかったので(たぶん)、自己申告されてもあんまりピンと来ないなあ・・・アズゴアは確かに1週目で、つまりセーブ&ロードのパラレルワールドでやられますが。並行世界でお花が大暴れしたことがあるということなのかしらん

主人公改めFriskとハッピーエンドです。うわーーーーーーーーーんアズリエルは戻らないのかーーーーーーーーーー。せめて会話をしたい。どこにいるの!どうやら一番最初のマップにいるらしい(ネット情報)、今いるところから最も遠いところじゃねーか!もう4時です。朝の。つまり超眠い・・・。分かった、とりあえずセーブして、エンディングだけ見て、ちょっと寝て、そのあとアズリエルに会いに行こう!と決めまして、数時間後。

再び起動してRUINSへ徒歩で向かう。メタトンがウォーターフォールの家の前にいる。また「BL...」と言いかけてnapstablookと言い直してるけどもうBlookyって言いなよ!!そしてナップくんも気づきなよ!!いい加減!!隣にいるテレビスターあんたのいとこやで!!

ラボの色んなソウルごちゃまぜにされちゃったみんながそれぞれの家族のところにいて、ほんとによかった・・・。家族と幸せになってね。

そしてっそしてRUINS、アズリエル!!アズリエルーーーーーーーーーーーーーー!!!

いません。


あのーいませんでした。恐らく、一度エンディングを迎えたあと、フラウィーがでてきて「お前リセットすんなよ、したらせっかく幸せになったみんながまた地下に戻っちまうからな」と言ってくるんですが、そのせいでもうアズリエルは花に戻ってしまった判定がされたのかと・・・

ショックです。アズリエルに会いたかった・・・どうしても気になったから動画で見ちゃったけど、自分で話したかったよ!!!!!!!!!

はい。

undertale2週目、もうなにもかもが最高でした。



これで終わり・・・おわ・・・終わりたかった。

3週目。Gエンドを目指す。じぇのさいどルート。言葉通り皆殺しにするルートです・・・

ああああああああああああちがうちがうほんとはやりたくない!!やりたくねえええええよこんなのよーーーー!!!あのPルート見た後で絶対こんなのやりたくないよ悪魔の所業だよ

でも・・・Gルートでしか明かされないストーリーがあるとかないとか、ファーストヒューマンのことがGルートで分かるとかいうから・・・言うからさ・・・そんなのやるしかないじゃん。

まあ無事アンダインのところで詰んでおります。難易度爆上げでちょっとやそっとじゃ倒れてくれません、本当のヒーローは。いまはちょくちょく挑んでみてるんですが、最初「もうこれ絶対クリアできないわ」と思って、Gルートの動画見ちゃいました。すみません、動画を見るだけで分かったような気になっているクズです。

Chara(最初に落ちた人間の子、アズリエルと一緒に過ごした子)とFriskについて考えたいよ。

①二人は同一人物なのか?
②Charaは生きていたころからGルートのような性格だったのか?モンスターたちをためらいなく殺してしまうような?

どっちもYESだったらかなり凹んじまうよ。べっこべこだよ。とくに②がYESだったらダメージでかいよ。だってアズリエル戦で、アズリエルのキャラへの気持ちに感動したんだよ。もしキャラが表面上は仲良くしてても心の底では人間もモンスターも殺したいって思ってたとすると、アズリエルがピエロすぎて悲しいよ!!!そんな!そんなわけない!!


①については以下のことが気になるな!

・服装と髪形にすぎでは?キャラチップも重ねると完全一致するらしい?
・いままで6人の人間が落ちてきたのに、とりついたのはフリスクだけ?


姿かたちが似てるのはただのストーリー上の演出なんですかね?おかっぱはともかくとして、ボーダー柄はキャラが落っこちてきた時からアズリエルとかぶっているし、単にあの世界では種族問わずしましまシャツが流行っていたのでしょうか。

そして何故今までの6人ヒューマンは無視して、フリスクにだけとりついたのか(とりつく?)??ソウルの色が一緒だったから?それだけでしょうか?

フリスクが穴から落ちてきたという確証はないんだよね。最初のOPはキャラのシーンで、名づけの「落ちてきた人間の名前は?」で入力した名前がキャラのことだった。フリスクはただRUINSの黄色い花の上で目が覚めただけ・・・です・・・。アズゴアの城からトリエルが持ちだしたキャラの遺体があるRUINSで。下手すりゃあの黄色い花の下にキャラが埋葬されている可能性もあるわけで・・・、そうするとフリスクって、とりつくっていうかキャラ自体かもしれないよねープレーヤーのでぃたみねで奇跡的によみがえったキャラは記憶喪失で、Gルートの場合のみ記憶がよみがえるが、その他のルートでは喪失したままエンディングを迎えるとか。

Frisk:(軽快に)跳ね回る、(じゃれて)飛び回る、ふざける、じゃれる

ふ、ふざけるって。フリスクはただのキャラの戯れだとかそんなの考えるだけでいやです!!!却下!!!

でもやっぱ感情抜きにしてフリスクは別個体かな、と思います。Gルートでキャラはフリちゃんにソウルくれって言うし、「私のソウル、私の決意はもともとは『君』のものだった」というし。

キャラ「『君』が導いてくれたおかげで、私は転生した目的に気づいたんだ」。

転生は記憶もそのまま蘇る、というより、完全に別人として生まれ変わったんだと思います。フリスクの前世がキャラ。本当はそのままフリスクとして生きていくはずが、「誰か」が導いてしまったせいでキャラの意識がフリスクを乗っ取った。

誰かとは。一人しかいない。プレーヤーです。私です

↑の『君』は、フリスクに向かって言っているように思えますが、プレーヤーを指しているようにも聞こえます。キャラは度々メタ的な発言をするしね。

・NやPルートではキャラの意識はほとんど出てこない
・Gルートではルート確定時からNやPと違う行動を度々とる=フリスクの意識はほとんど出てこない

つまり、プレーヤーの行動=決意が、操作キャラクターをキャラにするかフリスクにするか決定している。

よってフリスクとキャラは別人である。①はNOだ。


じゃあお次は②ですね。キャラの生前の性格について。

キャラの性格がGルートそのまんまだったかもしれないと思わせる描写は以下の通り

・アズゴアに間違ってバターカップの花入りのケーキを食べさせてしまい、アズゴアが具合悪くなった時に「キャラみたいに笑い飛ばせばよかったよ」とアズリエルが言ったこと
・キャラの病気はわざと毒ありのバターカップの花を食べたせいかもしれないこと(ビデオカメラの回想で、躊躇うアズリエルに花をとりにいかせている)
・アズリエル「キャラはもしかしたらそんなにいい人間ではなかったかもしれない」という言葉

死後、アズリエルの体にソウルごとはいったキャラは、人間を皆殺しにしようとする。それをGルートのキャラは「私たちの計画」と言ったのだと思います。(私の計画じゃなくて私たちの計画というのがちょっとピンときませんが)

どこからどこまでが計画だったのか?アズリエルの中にはいったキャラは、久しぶりに故郷の村の人間を見て、衝動的に皆殺しをしようとしたのか?ちがうと思います。キャラは人間を、故郷の人間を殺そうとするほど憎んでいた。なら病床のキャラが「故郷の黄金の花を見たい」とわざわざ言うだろうか?アズリエルにソウルを吸収させて、故郷に舞い戻ることまで計画していたのだと思います。わざと毒があると分かっている花を食べて病気になったのか、それとも死因は全く別の病気だったのかは分かりませんが・・・。もし、もしですが、わざと病気になったとしたら。とんでもない子どもだ。とても信じられない計画だし、そんなにも人間が憎かったのか。一体なにがあったんだ。自分の身を犠牲にしてまで、そして兄弟同然に育った、穴に落ちた自分を助けてくれたアズリエルのこともないがしろにする計画だ。アズリエルは結局反撃しないで死んでしまうし、反撃したとしても多くの人を傷つけさせてしまうのだから。それは良いことで、むしろアズリエルやモンスターたちのためになるとキャラは思っていたのだろうか。

もしエボット山の穴に落ちて、モンスターの力を得ることまでキャラの計画だったとしたら、キャラはGルートのような性格で、計画のためにモンスターたちは殺さないでおいたが、心の中ではちっとも親しく思ってなかったのだろうと思います。

ただ、やっぱりそこまで最初から計画していたわけではないのではないかな。そんな風に思っていたなら、さすがに周りのモンスターたちも気づくでしょう。トリエルとアズゴアはさておき、アズリエルは「キャラはそこまでいい人間ではなかったのかも」と客観的にキャラを評したり、キャラが山に登った理由についても察している、洞察力のある子です。そんな彼が四六時中一緒にいて、キャラがそんなサイコパスだったらなんとなく距離を置きそうです。

生前のキャラはGルートのキャラとは別!!!という説を推したい!!!!

演技ではなく、本当にアズリエルやアズゴア、トリエルを大事にしていた。と思いたい。

それについては海外のキャラ考察動画に日本語字幕をつけたこの動画がとても参考になりました。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm29713926

アズゴアにセーターを編んだり、マカロニアートを描いたりしたのは演技ではないと思いたい。家族写真を見て黙り込むキャラを見ると、やはりそうだろうと思います。演技でもしやったとしたなら、もっと皮肉な一言が付け加えられていそうだから。Gルートのキャラ的に。ナイフを見つけて「やっと見つけた!」と言ったり、最後のホームではかなりキャラも素直に本心を発言しているように感じますので。ここで嘘は言わないだろう。

動画ではアズゴアの体調不良(自分たちがつくったケーキが原因)を笑ったことについても言及されていますね。

私はGルート時のみキャラの意識が蘇ったと思っているので、動画の、*つきのメッセージが全ルート通して全てキャラのものだという考えは同意しかねますが(でもこれはこれですごくおもしろい!!)、不安や悲しみを地下世界では笑いでごまかす、というのにはなるほど!でした。大好きなお父さんが自分たちのせいで体調を崩してしまって、恐らく泣き虫のアズリエルは責任を感じてしまったでしょう。もちろんキャラも不安になり、後悔し、悲しんだでしょうが、横にいるアズリエルを元気づけるために、もしくは自分の悲しみをごまかすために「すぐよくなるさ」と笑ったのかもしれませんよね。解釈次第で印象がずいぶん違います。

そんな風に家族を愛していたとしても、毒を食べて故郷に戻ってみんな殺そうとしていたのは、どんなにモンスターたちから愛情を向けられても人間に対する憎悪は消えなかったのでしょうか・・・悲しいです。人間界で一体どんな仕打ちをうけたんだ。もう人間なんて忘れて、地下世界で仲良く暮らす・・・ということは絶対にできなかったんだろうね。

じゃあ~~~なんでなんでなんでGルートではあんなにガンガンモンスターぶっ殺して好戦的だったんですか~~~??

Gルート確定から、操作キャラクターはプレーヤーの意図に関係なく動くことが多々あります。モンスターキッドを追い詰めたり、サンズのランプに隠れろという言葉を無視したり、パピルスのパズルを遊ばずにクリアしちゃったり。冷酷で、他人なんかどうでもよくて、傷つけるのが大好きな、自分勝手な「誰か」の存在をプレーヤーは感じます。

この行動や好戦的なメッセージからキャラのイメージが「血に飢えたイカレサイコ野郎」になってるんですが、本当にこれはキャラなんですかね。

ソウルレスのアズリエルは、花になって愛情を感じられなくなったと言います。なにをしてもつまらなくて、愛がなくて怖かった。それでいろいろとこちらに仕掛けてくるわけです。

一方キャラも「私のソウルも決意ももとは君のものだった」というように、ソウルレスの状態だったと思われます。ソウルのない者は愛が感じられず、まさにサイコパスのようになるってわけですよ。他人に共感できない。愛をもらってもよく分からない。他人を愛せない。フラウィーとアズリエルが全くの別人だったように、キャラも生前とGルートで別人だった。

それにしたってちょっとキャラさん残酷すぎやしませんか。

いいえ。

残酷なのはプレーヤーです。

キャラは、ソウルだけでなく、決意も『君』のものだったと最後に言います。それは「プレーヤーが雑魚キャラもボスキャラも全員殺す」という決意です。

Gルートがどう確定するかというと、まず

RUINSで敵とエンカウントした際「しかし誰も来なかった」の文字が表示されるまで、敵モンスターを倒す。(攻略サイトより)

うん、これね。結構な数倒さないといけないんですよ。RUINSで、永遠と。もう手違いってレベルじゃなく、Gルート目指してなきゃ倒せないような数。ここから何かが狂い始める。。トリエルに化け物扱いをされ、エンカウントシンボルも!から:)になります。キャラさんおいでましだ。しかもさ、耐えきれずに誰か一人でもMERCYすると、その時点でGルート外れてNルートに路線変更されるんですよねー。一回モンスターキッドをどうしても辛くて見逃したんですけどNルートに戻された。ジェノサイドする!!!っていう強い決意がないと、このルートは完遂できないんだよ。

つまりさ、悪いのはプレーヤーなんだよ・・・

フラウィーは誰の決意にも感化されず、しかし長い時間をかけて愛を感じられない自分に絶望して、世界に幻滅して、あんな性格になるけれど、キャラは目覚めた時からプレーヤーのジェノサイド決意に触れてたんですよ。もう包み込まれてたんですよ。というか一応便宜上キャラキャラいってるけど、本来自分の名前がついたキャラクターなわけです。行ってしまえば限りなくプレーヤーに近い存在。

キャラも最後に言いますよね。「EXPを得たときの喜びうんぬん・・・レベルがあがったときの喜びうんぬん・・・」プレーヤーも同じように感じたはずです。とりわけGルートではほんっとーに戦闘がきついので、やった!レベルが上がった!ボスを倒せた!!!っていう喜びは一入でしょうね。私はアンダイン全然倒せてないのでまだその喜びを味わえてませんがね。

Gルートのキャラは、RPGを無邪気に、倒されるモンスターたちのことを全く考えず楽しむプレーヤーの気持ちに影響を受け、形成された人格だと思っています。

だから当然プレーヤーが来る前(ゲームスタート前)のキャラとは性格が別。

悪いのはプレーヤーなんだよ(二回目)

落ち込むね。へへ。Gルートのやる気がますます出ません。へへ。詰んでます。

というわけで

①二人は同一人物なのか?
②Charaは生きていたころからGルートのような性格だったのか?モンスターたちをためらいなく殺してしまうような?

どちらもNO!!と結論づけました。スッキリしたよ。

大分アズリエルに寄った考察でしたが、アズリエルかわいいから仕方ないよ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

15
フリゲをつくったり遊んだり小説書いたりしますhttp://copelandseptet.web.fc2.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。