スクリーンショット_2019-08-11_22

プール開放が

夏休みに学校のプールに入れる「プール開放」は,PTAの保護者の皆さんが主に進めてくださる活動です。

私が子どもの頃もありました。(カナヅチなのでほとんど行っていませんでしたが)

鐘がカンカンカンカン🔔となると水から上がったり,水に飛び込んだり。

そんなプール開放が今年予定されていた5日間のうち,4日が暑さのために中止になりました。

気温も水温も30度を軽く超えてしまい,残念だけれど「これは仕方ないよな」と納得できる暑さです。

数百円払えば有料のプール施設は使えるけれど・・・。タダで入れて友達と一緒に行けるからプール開放はいいんじゃん!と思います。

でも,監視についてくださる保護者の方の負担も大きく,まさしく炎天下の仕事であるのでやはり仕方ないです。(学校側の負担は,監視セット一式とAEDを準備しておくことや,中止などの連絡を一斉メール配信することです)

監視の人員をどう確保するか。

屋根のない,完全屋外の学校プールで熱中症にならないようにどう配慮するか。

何かいい方法はないものか🤔

ここまで読んでくださってありがとうございました。

#学校の研究所


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます😊
4
公立小学校教員です。学校の現場に身を置く者が日々思うことや考えていることを、発信していく場にしていきたいと思います。 ※【いらすとや】さんのイラストをかなり拝借します。ありがとうございます。

コメント2件

夏がかわりましたよね💦
危険すぎる暑さで、水泳の授業も室内になっていくかもしれませんね。
ちぃ坊さん
実感できるほどですね😓
熱中症の危険はどこでもついてきますし💧
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。