走ること

がきを

がきをはデブです。
180cm(自称)×101kg(誤差)。ナゾガクの時に言われました「思っていた以上に柔らかい。これはヤバイ」と。

10年前のあるとき思いました。「痩せよう」と。人生何回めの「痩せよう」かはわかりません。

体育はがんばりましょう、恥ずかしがり屋(当時)のがきをは思いました。
a)一人でできるもの(友達いない。チームスポーツはトラウマ)
b)闇夜に紛れてできるもの(デブが運動しているのを見せたくない)
c)お金がかからないもの
d)音ゲーに役立つもの(10年間(当時)に渡る音ゲーマー)
→走るしかない、と

走る目標をもつために、とりあえず大会の予定を入れてみました。ひとつだけだとそこで終わってしまいかねない、これは抽選だからとりあえず申し込もうと、次々と手を出し始めます。

ある時気づきます「この制限時間ならば、これぐらい走れれば大丈夫だ」と。練習しなくなります。

そんなわけで、10年間。かけたお金は計算しない、体重計には乗らず、もう惰性でやっている趣味になりつつあるこの頃です。


さて、ここからはおすすめマラソン大会についてのお話。

1).南魚沼グルメマラソン
6月に行われる大会。3月から申し込み開始。先着順。
種目は 1/8マラソンとハーフマラソン。
a).東京から日帰りで行ける
b).南魚沼産コシヒカリ食べ放題
c).走り終わった後の八海山(2年前までは給水所に八海山あったのですが、今は走り終わった後でないとだめになった)
d).松任谷正隆と一緒に合唱ができる
コシヒカリがめっちゃうまくて、すごくおすすめの大会。1/8とハーフなので、腕試しにもよいです。


2).関西のマラソン大会
大阪マラソン 10月〜11月開催。5月ぐらい申し込み開始。抽選。
神戸マラソン 10月〜11月開催。5月ぐらい申し込み開始。抽選。
奈良マラソン 12月開催。6月ぐらい申し込み開始。先着+抽選。
京都マラソン 2月開催。8月ぐらい申し込み開始。抽選。
a).大阪と神戸は制限時間が7時間とゆる目。奈良と京都は6時間。
b).奈良と京都は坂道が多い。
c).コース的に楽しいのは神戸。京都もまあまあ。
d).奈良は先着があり。が、申し込みサイトに全く繋がらないまま申し込みが終わるぐらい参加は戦争。
e).奈良はTシャツのデザインセンスがめちゃめちゃよい。大阪はdigmeoutとのコラボがある(別売)。
奈良県人としては奈良マラソン推しです。

3).東京マラソン
当たらない。

4).関東近郊のマラソン大会
湘南マラソン
富士山マラソン(河口湖マラソン)
アクアラインマラソン
a).湘南と富士山は先着順。湘南はサイト繋がらない。富士山は比較的大会直前まで申し込み可能。
b).アクアラインマラソンは2年に1回なので、ちょっとレア度が高い。
c).湘南は走る前から、東海道線、湘南新宿ラインで出勤ラッシュかのような混み具合を体験できる。

5).NAHAマラソン
12月開催。6月申し込み開始。
a).沿道の応援がめちゃめちゃ多い。差し入れがいっぱいある。チョコレート、黒糖、塩、バナナ、みかん、サーターアンダギー、ステーキ、しゅうまい、ピザなど。
b).Y.M.C.A.楽しい
c).コースの8割は坂道。海が見えるのはトータルで10分ぐらい。
d).関門が3箇所しかない。走り始めたら、21.5kmまで行かないとバスに収容してもらえない。34km関門を過ぎてしまうと、バス収容タイミングはないため、自力でゴールまでたどり着かないといけない。
e).完走メダルは琉球ガラスをあしらったもので、めちゃめちゃよい。
f).宿と飛行機の確保が最優先。Lowシーズンだけど、普通に飛行機は売り切れる。
日本で一番楽しいマラソン大会だと思っているが、完走率は他の大会よりもかなり低くめちゃくちゃ過酷でもある大会。がきをは10回挑戦して、完走は5回(練習してないがきをが悪い)。なお、2月におきなわマラソンというマラソン大会があり、こちらも楽しい大会(嘉手納基地の中を走れる)だが、後半のアップダウンがただの地獄。

7).ウォルトディズニーワールドマラソンウィークエンド 1月開催
5km、10km、ハーフ、フルの4種目を4日間に渡って実施。それぞれに対してのメダルもあり、他に2種目制覇、4種目制覇のメダルもある。さらに9月にあるディズニーランドマラソンも走ると、Coast To Coastという特別なメダルももらえる。こんなに楽しいマラソン大会あるんだってぐらい楽しい。


ディズニーワールドはまた3年後に行くつもりですので、誰か一緒にどうですかね。

沖縄とディズニーは楽しい、コシヒカリは美味しいという内容でした。
来年の宝探し万博に向けて、みなさん走るのはどうでしょうか。

そんなわけで、がきをでした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!