見出し画像

鰺ヶ沢トライアスロン

7月28日に青森県鰺ヶ沢町で行われた、鰺ヶ沢トライアスロンのレースレポートを書いていきます。

鰺ヶ沢とは…

あじがさわ。青森県の日本海側に面している。わさおのいる町。五能線から見ることができる夕陽は絶景と思われる。説明終了!

前日までの流れ

7/25(木)に八戸入り。金曜は実家で休んで、前日に鰺ヶ沢入り。

大会1週間前から、22日(月)のカンカレ打ち上げ、23日(火)のテスト、24日(水)のレポートと練習が少なくなりすぎて、練習不足という不安要素が頭を過る。いいイメージをつけるために、25日(木)はスイムのフォーム確認とスピード系でピリッと。26日(金)は八戸市内をランでくるっと。

前日の27日(土)はバイクコース40kmでコリっと。付け焼き刃ではあるが、本番のイメージをしっかり浮かべる。30度以上の気温で蒸し暑い環境の中、受付を済ませて競技説明会に参加。酸素薄くて意識が遠のくかと思った。

最初のサムネ?ヘッダー?にわさお夫婦入れときました。

熱中症対策で水分をしっかり摂って夜ごはんで栄養もしっかり摂って23:30就寝。

当日

7/28(日)。5:10起床。
5:30朝食。6:45会場入り。
最終受付を済ませて、ランの入り1km地点までアップ。エグい登り口を確認。震えてしまった。

大会前には、この1年で会ってきた沢山の方と再会して挨拶することができた。また、去年優勝した野田頭だと声をかけてくれた方までいてちょっと嬉しかった。

入水チェックは5分ほどウェットスーツのフィッティングとアップで動きを確認。

スタート位置につく。今回のプランはフォーム意識でしっかり泳いで、バイクで飛ばして、ランで粘る。前回と全く一緒だが、この方法しか優勝はありえない。

8:30。ホーンが鳴った。
スイム 25:24(3)
インからスタートダッシュを決めていく。リレーの選手と同じ泳力のようなので(スイムアップしてから気づいた)、並走していく。後半から徐々に離され、去年のもう1人の国体代表、山内さんにパスされて、2人が先行していく。離されないように粘ったものの、約20秒差つけられてリレーのチーム込みで4番目でスイムアップ。トランジまでが長いので息を整えながら走った。

バイク 1:07:14(1)
速いトランジで山内さんを抜かしてバイクスタート。前日の試走で道路状況、ポイントを直接確認していたので、踏むことに迷いはなかった。序盤で東北大の選手を抜いてからは白バイを見ながら30km以上単独走。
20km登って20km下るようなコースなので、折り返し地点のホテルまで後ろを見ずに踏み続けた。あの時の登坂力は今年のツールで総合優勝を飾ったチームイネオスのエガン・ベルナルさながらだった(自称)。

減速の場所以外はひたすら全開走行、フルガスで逃げ切るんだという逃げ屋でお馴染み、ロット・スーダルのトーマス・デヘントの精神を宿らせたつもりで距離を消化。バイクラップ2位と1分以上の差をつけ、スプリット2位の選手に約3分の差をつけて終了。運命のランへ!

ラン 37:15(4)
平地は問題ないと思った走り始め。しかし登りは…覚悟の上だったが、バイクの代償として太もも裏がきつい。下りが来るまで粘って折り返し地点で後ろとの距離感を確認。去年よりは離れているものの、2位の東北大の選手はランが非常に得意で、去年と全く同じ展開だった。3位〜6位の選手とすれ違い、嫌な予感がするもののなんとか脚を動かす。

5〜6kmくらいにはきつすぎて競歩していた。残り3km地点からの下りがくるまで競歩する。

なんとか残り3km通過!あとは下ってすれ違いの距離確認。確実に迫られている。ヤバイ!と思いながら疲れた脚をぶん回す。すれ違いで声をかけてくれる方がいて、トップで辿り着きたい欲を膨らませた。

残り1kmあたりの若干のアップダウンをクリアして数百メートルの平地区間で、後ろを振り向いて誰もいないのを確認して着実に走っていく。そして…

総合 2:09:53(1)

↑はゴール後撮ってもらった。

優勝!連覇することができた!
国体予選は1位通過!バイクラップ1位!
目標は達成できた。

今大会も前回同様、両親が応援に駆けつけてくれた。前回は当日に来てくれたが、今回は前日にゆるキャン△して来てくれた(行きに自分が運転することにしたから)。普段関東での大会が多いから、この応援は非常にありがたく、結果を出せてホッとしている。

表彰では、去年の1〜3位が同じ顔ぶれ。2位は東北大3年の橋本選手。3位は同じ青森県代表の山内さん。

↑の写真、どのSNSでも上げてます。ゴール写真がないので…


ということで、鰺ヶ沢トライアスロンは無事に終了した。最後に、鰺ヶ沢トライアスロンの魅力を伝えたい。

鰺ヶ沢トライアスロンの魅力!

日本海を横目に泳げるスイム!
ながーいトランジ!
登りで緑あふれる景色を楽しみ、下りで高速ダウンヒルができるバイク!
バイク折り返し地点で設置されているエイド!
じんわり登ってズドンと下るラン!
ゴール後に待ち受けるスイカ!メロン!レモン!オレンジ!バナナ!
入賞するともらえるメロン1箱!
わさお!わさお!わさお!


皆さんも是非ご参加ください。

地元の新聞に載るのは最後かもしれない…ポーズ決める途中の謎ムーブになってて悲しいね。でも嬉しいね!


横浜国立大学トライアスロン部
野田頭 優作


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
11
大学からトライアスロンを始めて、現在遊牧中。好きなものについて日記として書きます。

こちらでもピックアップされています

#スポーツ 記事まとめ
#スポーツ 記事まとめ
  • 4084本

noteに公開されているスポーツ系の記事をこのマガジンで紹介していきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。