見出し画像

ライン、ゾーンの引き方

こういうライン、ゾーンが誰でも簡単に引けるようになります。

チャートが出来てしまえばラインなんて誰でも引けますが、先が見えない状態で引けなければあまり意味が無い。

黄色のところではどこに引く?

こんな感じで引けます。

ゾーンが見えればシナリオも簡単だし、斜めラインを上抜けて「上だ!」ともならない。

やるならコッチですよね。

こういう判断が出来るのも、「上にレジスタンスがある」ということが分かってるから。

ライン、ゾーンは流れを変えたところに引いてます。

相場には、買いから売り、売りから買いへと流れを変えるポイントがあり、流れを変えるためには、大量の資金が使われます。

相場の特徴として、流れを変えるために大量に資金を投入したポイントに戻ってくると、もう一度大量に資金が投入されるという特徴があります。

それを知ってる売り勢は、レジスタンスをバックに売りを入れます。

逆に、それを知ってる買い勢は、レジスタンス付近で利食いや撤退をします。

この仕組みを知らない人たちのお金が、下落の燃料として使われます。

GT5さんたちのようにゾーンを使ってる有名な方もいるので、ゾーンについては知ってる方も多いと思います。

ただ、自分で引くとなると結構ムズい。

ゾーンの仕組みや使い方は知ってるけど、「ゾーンの引き方がイマイチルール化できない」「精度が悪い」という方には、役に立てるやり方だと思いますので、ぜひ活用してみてください。


この続きをみるには

この続き:3,885文字/画像22枚

ライン、ゾーンの引き方

fxt

10,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

11

コメント5件

なんか、商材の感想文みたいになってきてしまいましたが(笑)
でも率直な感想です。
本当にありがとうございました。
まだ当然デモトレード中ですが、FX人生の中で初めてトータルで勝ており、少ないですが+50pips程度は積み上がっていました。
今後はFXT様から教えて頂いた内容を自分の技術にするために、勉強を進めていきます。
すっかり春ですが、朝晩は肌寒いかとおもいます。
くれぐれもお身体お大事にしてください。
これからも陰ながら応援しています。
ありがとうございました。
こんなに評価されたことないので素直にうれしいです。ありがとうございます。
そして、何より、私のブログを読んで結果が出せるようになったということが一番良かったです。
デモトレードで一番大事なのが、「負けること」です。
トレードでは、負けることに「恐怖」を感じてる間はまず勝てません。
なので、練習では「負けに慣れる」ことが大事です。
負けることに慣れるには、「負けを取り戻す経験」を何度も繰り返すことで、負けることに対しての恐怖が消えますし、自信がどんどんついていくと思います。
デモトレードで負けこんで、へこんでるようじゃ実践じゃ絶対上手くいきませんからね。
連敗してもヘコたれず、ある意味チャンスだと思ってがんばってください。
連敗した負けを取り戻せば、必ず自信になりますからね。
コメントありがとうございます。
「負けを取り戻す経験」
殆ど…というより、全くありませんでした(笑)
いつも負けが始まると加速度的に負けていましたので、
負け癖ばかりついて、エントリーが怖かったです。
FXT様のブログに書かれている通り、負けを引き寄せていました。

今日もほぼピンポイントでラインが反応していました。
勉強させてもらった技術を磨いて、負けを取り戻すという未知の自信をつけたいと思います。
そして、デモを卒業して、実トレードの壁にぶつかっていきたいと思います。
ありがとうございます。
ブログで一番伝えたいところは、手法なんかよりもそこですからね。
「練習が大事」ということを何度も何度も書いてますが、結局その本質は、負け癖がついている間は絶対勝てない。だから練習して勝ち癖をつけましょう。ということですからね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。