新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

1週間で100note チャレンジ してみた結果

大部分の方は、初めまして。ごく一部の #OSINT をしているひとには、こんにちは。OSINT(オープン・ソース・インテリジェンス)をしている未来明察です。

自分で、勝手ににですが、1週間で100note という企画を実施し、

1週間で100note 書くそのものは成功しました。

まあ、出来るように計画してテンプレート作りましたから。当然といえば、当然。

【予定稿(1回目)】

画像1

【1回目の感想】

#OSINT サービスメニューの仕掛かりとして、なにがいいか?
簡単に言うと、画像解析サービスのメニューとして反応がいいものを選ぶ。
で、マネタイズするメインサービス(電気代CDS)につなげる、という目論見でしたが、1回目なので当然うまくいきません。(とうぜん、といえば当然。成功するまで実施)

【1回目のよかった点】

・ピッチ(投資家さんなどに自分のやっていることを簡単に紹介すること)で自己紹介が簡単になった。Noteで”1週間で100note という企画”やってます。で、note みてくる。それで自分自身の説明のとっかかかりができる。

【1回目の悪かった点】

・全体像が見えない!、量が多すぎ!と指摘される。

そうすると、以下のように説明できます。

【意図の説明(VCさん、ここ重要)】

①サービスのモックアップで想定しているものを成果物(レポート)として見せて、”当たり!”となるサービスを探しています。

②プロダクトをお金&時間をかけて作るよりも、1週間で成果物を”とにかく”大量量産して、”当たり!”となるまで、当たりサービスを探すほうが安上がり。(散布列行列を流している、といっています)

③自分の投資資金は、当たらないプロダクトに投資されるより、”当たり!”とわかっているサービスに投資したいですよね。

【1回目でわかったこと】

1週間で成果物一覧を”とにかく”大量量産して流すと、本当のニーズが分かります。アンケートでは本音で答えてくれることはありません。(同じようなでも少しづつ意図をずらして見せて、浮き上がってきます)

画像2

◎本音では、地球環境/SDGsには興味がない。(大気汚染とか北極の話です)
→直接、生活のたしにはなりませんからね。

画像3

◎本音では、他人(の店)の売上がわかる方法には興味しんしん(飲料販売の話とかです)。
→直接、生活にかかわりますからね。

画像4

あと1番、直接聞かれて引っかかったのは、今年インフルエンザの予測(もとは乾燥肌関連商品の売り上げ予測の応用)が使えなかった、というデータで。

使えるデータないの?というものです。

もちろん、ありますよ(笑)

【2回目 予定】

次回、GW後で行う予定。

【大きな意図】
今、地球環境は大きな変化をしています。簡単にいうと、北極が地球を冷やさなくなったために、地球の急速な温暖化が進んでいます。

例えば、先月(2021年3月)から黒潮は、福島沖で止まっています。

画像5

このような環境の激変は、毎日地球単位で起きているため、毎日変化を捕捉する必要があります。しかし、この捕捉方法、#OSINT オープン・ソース・インテリジェンス(open source intelligence )という、衛星画像など一般に公開された利用可能な情報をもとに分析する方法の存在は、まったく知られていません。

しかし、今この劇変を統括的にデータ解析することが必須であるはずの、地球環境分析が必須である取り組みであるはずの、SDGsが推進されているはずです。
このSDGs実施のため、グリーンボンドやソーシャルボンド、サステナビリティボンドなどを含むいわゆる「SDGs債」が近年注目を集めているはずです。
(例)米ドル建てSDGs債発行 総額5億ドル(約543億円)。
https://www.kankyo-business.jp/news/027708.php

つまり、要するに、地球環境とビジネスは密接な関係 にあるはずです。
https://www.jsda.or.jp/sdgs/hakkou.html


また、日本国内ビジネスに限定しても、気象予測データ等を活用し、販売ロス削減と業務効率化に活用に多くの人が関心を持っています。(今回のチャレンジでもデータでそう出ています)

#OSINT は、これからの時代に必要不可欠となるデータの活用、それをお金に転換する仕組みに必要不可欠です。

【最後に】

地球環境とビジネスの可能性に対して#OSINT を行っている理由は、衛星画像分析をこの新型コロナ流行予測時、そしてその後のビジネスに活かすためです。#OSINTを毎日のビジネスで使うためはもちろんですが、後日に参照できるよう、リアルタイムに今起きていることを可視化して歴史に残します。

#OSINT #写真 #イラスト #海外 #毎日note #文藝春秋イラストデビュー #この春やりたいこと #noteのつづけ方


この記事が参加している募集

noteのつづけ方

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
オープン・ソース・インテリジェンス

よろしければサポートよろしくお願いします。いただいたサポートは、日中韓とアメリカのリアルタイム感情分析を進めるために使わせていただきます

IBM Watson君も喜んでいます
4
オープン・ソース・インテリジェンス(open source intelligence 以後OSINT)という、衛星画像など一般に公開され利用可能な情報をもとに分析する手法を使って、中国との商取引を10年以上行っています。