見出し画像

大学生のための現代社会 vol.08 「自民党総裁選②〜候補者3名を分析する〜」

前回は安倍政権の約8年を、
ざっくり振り返り、
その上で今後の課題をあげました。

①コロナ対応
②アベノミクス継続・改善
③日米中の関係調整

この点を踏まえて、
候補者3名の適性を、
考えてみたいと思います。

●菅義偉

結論から言うと、
菅さん以外あり得ないです。

それは各派閥の表明から、
結果が見えているというのもありますが、
僕が調べた限り、
最も適性があると感じたのが菅さんだからです。

第二次安倍政権発足時から、
長きに渡り内閣官房長官として、
安倍政権を支えてきました。

内閣人事局の創設による”忖度”政治や、
"令和おじさん”としても有名ですが、
NHK改革ふるさと納税などの実現や、
現在では携帯電話料金の値下げなど、
とにかく改革を実行してきた実績があります。

安倍さんと違って、
愛国心やイデオロギーは感じませんが、
”がつくほどの仕事人間で、
党員からの信頼が厚いようです。

それが無派閥にも関わらず、
多くの派閥からの支持を集める理由です。

ではなぜ適正かというと、
②のアベノミクスの継続・改善を、
最も実現できるのが菅さんだからです。

単純に側近として動いてきたので、
様々な情報を共有しているし、
信頼があるからこそ、
これまで以上に党員や官僚が、
動いていくれる可能性があります。

①に関しても、
安倍さんの時の曖昧な対応より、
菅さんの方が即断即決で、
うまく動けるイメージが持てます。

しかし世間的には外交が不安視されており、
③に不安が残りますが、
そこは引き続き安倍さんの力を借りれば、
全く問題はないと思います。

本来はトップにつくのは、
愛国心やイデオロギーの強い、
安倍さんのままが理想ですが、
その安倍さんを継続して登用すれば、
実行力党員からの信頼の2点において、
①②③全ての課題が解決できるのは、
菅さんであると考えます。

●石破茂

では以前にも、
安倍さんと総裁の座を争った、
石破さんはどうでしょうか。

彼の著作「国防」などを読んで、
愛国心イデオロギーにおいては、
安倍さん同様の資質があると感じました。

しかしある時に子供に説明した、
防衛論がどうしても引っかかりました。

端的にいうと相手の武力には、
それ以上の武力で牽制して、
鎮まらせる必要があるというもの。

そもそもそれが機能しなかったから、
太平洋戦争は起きたのではないか、
根本的な解決には至らないのでは、
という疑問が残りました。

加えて各所の発言から、
明確に表には出していませんが、
女性に対する価値観に疑問がありました。

政策などでは、
共感できる部分はあるのですが、
イデオロギーの面が気になり、
③への不安が残ります。

また党員からの信頼も薄いイメージで、
①②の際に大きな軋轢が生まれると感じ、
自分なら石破さんには入れないという結論です。

●岸田文雄

自民党」という本では、
敵をつくらいない安定感はあるが、
ビジョンを示していない

さらに彼に必要なのは、
権力者の顔を見ず
自らの考えを示す勇気と知性だという、
かなり手厳しい評価です。

そこで発売されたばかりの、
岸田ビジョン」を読んでみました。

まずビジョンを出さなかったのは、
加藤の乱で経験した、
出る杭が打たれる姿へのトラウマではないか。

そこで気を伺って、
ここぞの場面でビジョンを示すという、
戦略があったのだと思います。

実際には出身地の広島から、
核兵器の廃絶を訴えていくという、
政治家としの大義を感じました。

実際にオバマ大統領や、
G7の外相訪問などを実現しています。

さらに細かい経済政策なども記しており、
着々と準備を進めていたんだという、
強い意志を感じました。

そのため組織としては、
ある程度うまく機能するという、
イメージは持てました。

しかし党員からの信頼は未知数で、
安倍さんとの連携も疑問が残るので、
この国民や国家にとって大事な時期に、
任せるには不安だと感じました。

しかし予定通り安倍さんの残りの1年を、
菅さんがこなした後に、
岸田さんが務めるのは既定路線として、
かなり現実的だと思います。

外相時の人脈から、
外交でも大いに期待が持てます。

ここに安倍さんのような、
強烈な愛国心やイデオロギーを持つべきかは、
僕も判断がついていないのですが、
彼のいう"分断から協調へ”に障害になるなら、
それも良いのかもしれません。

●いよいよ明日

という感じで、
超政治ウイークが終わります。

毎日新聞読んでますし、
夢でも政治してました(笑)

でもこの知識はきっと役に立つし、
11月のアメリカ大統領選の結果が、
今回選ばれた総裁と交わることになるので、
実質世界を変える出来事です。

なんにせよ、
楽しんで政治を見ることが、
大事だなと思いました。

僕らの国のトップを決める総裁選、
楽しみましょう!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
京都を世界的文化都市にしたい 2021年から芸能マネジメントが仕事 元DEN-EN ワールドトリガーが好き オリックス・バファローズのファン 飼い猫の名はルイス 千葉→京都→大阪→京都→(大阪?)