見出し画像

大豆と卵とマヨネーズ

タイトルそのまま。茹でた大豆とゆで卵、自家製マヨネーズを和えるだけ。
これも、もう他に何も言うことはないのですが、できれば茹で大豆を買うのではなく、美味しい大豆を自宅で茹でて作ってみてください。
お店では、反田さんの大豆を使わせてもらっています。めちゃくちゃ美味しいのです。あまりに美味しいのでこの大豆は茹でるだけでもう料理として成立するのですが、今回はちょっとだけ手を加えた一品をご紹介します。


では、ざっくり作り方です。
●大豆   適量 
●塩    必要であれば適量
●黒胡椒  適量
●ゆで玉子  適量 マッシャー等で荒く潰しておく
自家製マヨネーズ  適量

大豆は圧力鍋で茹でます。一晩水に浸水した大豆を圧力鍋に入れ、水をひたひたまで入れて火にかけます。沸騰したら蓋をして加圧5〜6分。お好きな歯ごたえに茹でてください。圧力が下がったら蓋を開けてザルにあけます。
*美味しい(かつ無農薬の)大豆であれば、茹で汁も美味しいので、捨てずに塩胡椒で味を整えるだけでスープになります。是非。

ザルで水分を切った大豆をボウルに入れて、潰したゆで卵、自家製マヨネーズ、黒胡椒を加えて混ぜます。味を見て、足りないようなら塩を足して、完成。

混ぜるだけ簡単。それでいて美味しい。大豆を柔らかめに茹でてペースト状にしても、ポテトサラダの大豆版のような感じで良いです。サンドイッチのベースに塗るのもおすすめです。ボリュームがあって、懐が広くて大概の具はこれでまとまります。マヨネーズ効果でちびっ子達も大好きな一品です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

もしよろしければ、こちらも。 少しでも興味を持っていただけたなら幸いです。

ありがとうございます!
4
フレル食堂店主。野生料理研究家。山野草、鹿肉や猪肉を日常的に調理しています。 お店で出しているお惣菜や料理のレシピ、日々のいろいろについて徒然と書き綴ります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。