ふむもくエッセイ

49
ノート

092 美しく強い花

もし、木曜日がお休みだったらなにをしますか。 その木曜日がきれいに晴れていて、なんだか体も元気で、早起きをしたら。 しっかりと冷えた空気とおだや...

091 落ちていく時間

朝、勇気を出して窓をあけたら空きれいに晴れていて、ちょっとうれしい気持ち。 でも、空気はぐんと冷たいです(さむい朝に窓をあけることは、ちょっと...

090 白い日にはお茶と音楽を

雲がたくさん出て空が白い日。 せっかくのお休みなのに、なんとなく外に出たくない日。 そんな日は家カフェしましょう。 どのお茶をいれるか、どの食器...

089 ぜいたくな時間

何年も前から、お手本にしたいな、と思っている人がいます。 それは、図書館にお勤めしていたころに出会った女性の職員さん。 なにをお手本にしたいかと...

088 空の上、空の下の人たちにごあいさつ

ずっと大切にしている手紙たちのなかには、もちろん年賀状もあります。 はじめて年賀状をもらったのは七歳。小学校一年生のときです。その頃から毎年こ...

087 ニットのようなあたたかさ

さむさが厳しくなってきたので、プチ衣替えとしてもこもこのニットを出しました。 自分で購入して自分が着ていたニットなのに、出している最中に「あ、...

084 じょじょに好きになるもの

ドアを開けたら、冷たい空気が頬を冷やしました。 ついこの前まで「暑いねぇ」と話していたのに、いつの間にか冬の粒たちがそこにいました。こんな風に...

082 かばんを開けたら

美人は荷物が少なくてかばんが小さい、とよく言われます。 テレビでも雑誌でもたまに見るYouTubeでも。 私のかばんは、残念ながらあまり小さくありませ...

081 光を感じる青

自分の見たものや感じたことを絵にできたらどんなに素敵でしょう。 これは、私が常々思っていることです。 「写真」ではなく「絵」なので、完璧なリア...

080 はちみつを落として

ときどき、頭に浮かぶ言葉があります。 それはひとつではなくて、そのときそのときで色々な言葉が浮かびます。 ほとんどが本の中や映画、テレビ、誰かと...