見出し画像

探して探してやっとたどり着いた、わたしの大切なモノ

あいにくの雨。しかもだいぶ寒い。初夏だったのが、一気に2ヶ月くらい逆戻りした感じだ。
でも今日は大事な日。自分で何かビジネスを始めたい、と考え始めた時から相談している友人に会う日。ビジネスコンサルというか、人生コンサルというか。

最近の状況などは細かくやりとりしていて、いよいよ起業する覚悟が決まったことも伝えてある。その上でわたしのアイデアを形にしていくためのミーティング。わたしの想いとか、まとまらない考えとかはツラツラと彼女にメールですでに送っていて。今日、彼女とどんな話ができるのか。わたしは少し緊張して、少しわくわくしていた。


「ふみちゃん、すごいね。よくここまでたどり着いたよね。
自分を諦めずに本当に頑張ってきた人なんだなってすごく感じた。」

彼女の口から出てきた言葉で、わたしの目には涙が滲んだ。
嬉しくて。嬉しくて。
わたしの芯が、嬉しさで震えている感じがした。

自信を育てる場を創っていきたい。

挑戦も失敗も成功も、優しさと笑いの中で振り返り、全てを受け入れる。何度でも立ち上がる練習をできる場所。

これがわたしが長年、うにゃうにゃしながら、やっとやっとたどり着いた。わたしのコア。
常識とかお金のこととか、認められたいとか、そういう濁すものが混じっていない。純粋でむきたてのゆで卵みたいな、ツルッとしたピカピカしたもの。
言葉にするだけで涙が出てくる。その感覚がわたしに教えてくれる。これがわたしの人生の課題なんだよ、わたしの生き方なんだよ、って。

社会に出る直前になって、向き合わざる得なくなった。自信のカケラもない自分。それまでは学生生活というお守りに包まれていて、はっきりとは自覚できていなかったのだと思う。いろいろなモノが表面化してきてわたしは、生きていくことにさえ自信がない自分に出会った。

それからわたしは必死に探してきたんだ。生きるために。自信ってなんなのか、どうやったら育てることができるのか。

それがやっと少しだけ分かってきて。わたしはそれを伝えていきたい。そして一緒に成長していけたら。


今日の雨は冷たい。でもわたしの目に浮かぶ涙は。

とっても温かい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

あなたのスキが私の幸せ♡ありがとう。
13
元薬剤師。ドラマコーチ(演じるワークを取り入れたコーチング)表現者。『ひとりひとりが自分の愛する人生を生き、悦びの中で人と繋がっていく世界』をビジョンに活動中。英語・海外が大好き。そしてとにかく人が好き。 noteはエッセイみたいなモノと自分の可能性に気づくメッセージをお届け。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。