見出し画像

地球に家族を

それは、留学先のアメリカで出会った友達の言葉だった。

世界から戦争を失くすためには、たくさんの人が世界中に家族をつくればいいと思うんだ。そしたら、その人を絶対に死なせなくないと思うよね。

なんて素敵なんだろうと、心も身体も一瞬止まってしまったのを覚えている。それからずーっと心の奥に残っていた、のだと思う。自分のことで精一杯で、この自分をなんとかしたいともがいていた間は顔も出さなかったけれど、ここ数年、やりたいことを描くときは必ずといっていいほど、ここに繋がるのだ。


地球に家族をつくりたい。
まだ訪れたことのない地で、そこに生きている人たちに出会いたい。


世界はね、きっと優しさで溢れてるんだ。だってわたしは、何もできない海外で、助けてもらったことがたくさんある。本当にたくさん。
だからその国も、その国の人たちも大切に想う。

これからもっと、それを体験していきたいし、それをわたしの周りの人たちにも体験してもらえたらもっと幸せ。

そして、それを伝えていきたい。わたしの好きな文章で。写真で。
最近、伊佐さんに憧れて買ったカメラはわたしの大事なパートナー。一緒にたくさん旅しようね。

世界は美しい。
世界には愛があふれてる。

それを見たいと、体験したいと望めば必ず、その世界にいけるとわたしは信じている。

The world we live in is beautiful. Love is all over the world.
I believe that you will be a part of that world when you want.

まだ行ったことのない土地に足をついて
その土地の人が見ている景色をみて
その土地の人が食べるものを食べて
その土地の人と一緒の時間を過ごす。

なんて、なんて、素敵なんだろう。
地球に家族を。
これからが楽しみ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

すっごくすっごく嬉しいです。ありがとうございます!
8
元薬剤師。ドラマコーチ(演じるワークを取り入れたコーチング)表現者。『ひとりひとりが自分の愛する人生を生き、悦びの中で人と繋がっていく世界』をビジョンに活動中。英語・海外が大好き。そしてとにかく人が好き。 noteはエッセイみたいなモノと自分の可能性に気づくメッセージをお届け。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。