高松文恵

元薬剤師。ドラマコーチ(演じるワークを取り入れたコーチング)表現者。『ひとりひとりが自分の愛する人生を生き、悦びの中で人と繋がっていく世界』をビジョンに活動中。英語・海外が大好き。そしてとにかく人が好き。 noteはエッセイみたいなモノと自分の可能性に気づくメッセージをお届け。

台風が特別にしてくれた誕生日

台風が過ぎ去った後の空気は、大掃除されました!とでも言わんばかりにとても澄んでいる。 見上げると雲ひとつない青空。 眩しいほどの光と、強めだけど爽やかな風を感じ...

悩みの先にある目的〜結局、それどっちでもいいんだよ

本当にちぃっちゃいことで悩むなぁ。。と半ば呆れ気味に思った。もちろん、わたしのことだ。 父にがんが見つかったと母から連絡があり、年末年始は帰ってきてほしいと言わ...

日常のなかの小さな非日常

昨日の夜は眠れなくて、時計をみたときは3時ごろ。それから後の記憶はないので、しばらくして眠りに落ちたんだろう。朝は6時に目覚ましがなるので、だいたい3時間くらい...

ねぇ一年後のわたし。どのくらい大好きな土地と大好きな人が増えた?

日本の大学を卒業後、色々あって私はアメリカに留学することを決めた。英語を猛勉強して大学に入学。心理学を学んでいた。 ネバダ州にある小さな街。だだっ広くてどこでも...

秋の夜

外に出ると、もう真っ暗で。そりゃそうか。9時近いんだし。空気がひんやりしていて10月らしい感じ。どこから照り焼きみたいな匂いがしてくる。向かい側からは仲良さそうに...

それでも、これでも、うまくいっているってこと

自分の感覚を信じるって、自分の人生を信じるってどういうことなんだろう。 数ヶ月前、わたしの久しぶりの恋が終わった。始まりから終わりまでずっと私の想定外しかない恋...