ふみふみぼうず

新感覚、ベレー帽男子。 Freelance designer / Writer / Photographer HP:https://www.fumifumibouzu.net/

多摩市若者会議note

「多摩市にアイディアの雨を降らせ、花を咲かせよう。」 多摩市若者会議の公式noteのマガジンです。多摩市をもっと魅力的な街にしたい私たちの活動や思いを発信をします。

すべて見る
  • 0本

団地邂逅手帳

団地はいつも、僕たちの中心にいた。そんな団地と僕たちの邂逅手帳。

すべて見る
  • 4本

赤土のまちから、緑のまちへ—多摩ニュータウン初期入居50周年に寄せて

「50年」 その年月を、皆さんはどう思うだろうか。 長い?それとも短い?まだその年数を生きてない?私もそうだ。(27歳) 50年前は日本が高度経済成長を始めた頃である。 そんな ”近くも遠い” 50年前、あるニュータウンの入居が始まった。 皆さんご存じ、多摩ニュータウンである。 「赤土のまち」を切り開く━多摩ニュータウン黎明期。第一次入居が開始されたのは1971年(昭和46年)3月26日、日本住宅公団(現在のUR都市機構)が早期より買収を進めていた「聖蹟桜ヶ丘地区」が多

スキ
17

【団地散歩】 金沢シーサイドタウン

団地の散歩記録。 時々、団地を歩いてみたくなる。 団地というと、地域によっては戸建て住宅が建ち並ぶ新興住宅地のことを指すこともあるらしい。僕が歩くのは、4階建てや5階建て、もしくは10階建て以上の、四角いコンクリートの集合住宅がずらりと並ぶような"団地"である。 それらは、昭和30年代の高度経済成長期以降、都市部に急増する人口に対応するため、大量に供給されてきた。 大量供給という性格上、標準設計と呼ばれる規格化された部屋、規格化された住棟、それらが集まった街区 = 団地が、

スキ
13

団地邂逅手帳

団地とひとを結びつける「情緒」団地はいつも、僕たちの中心にいた。 あの公園で何時間も語り合った。居間で何度も親と衝突した。楽しい楽しい、ふるさとだった— ​ 人はいつも笑い、喜び、時に悲しい思いをする。住人の機微を、優しく受け止めてくれる。なんと素晴らしいことか。 ​ただし、団地は様々な情緒的なものと結びつく。花壇に咲く花、まちづくり、近隣の飲食店や環境。ここでは紹介しきれない様々なエレメンツと深く結びつき、その”まち”を形成する。 団地邂逅手帳では、そんな日本人の新しくな

スキ
5

池上意匠

新感覚、ベレー帽男子のベレー帽の中。

すべて見る
  • 1本

「ご縁」を求めて。

初めまして。フリーランスデザイナー・フォトグラファー・ライターの池上と申します。2020年秋よりフリーランスとしての活動を開始しました。 元々オフィスや店舗の空間デザインの仕事をしておりましたが、この度退職して、自分のしてみたい道へと、足を進めてゆきます。 今回は、そんな自分の”心持ち”のお話。 決意と溶けたアイスクリーム。夏の暑さで溶解するアイスクリームのように、自分自身の気持ちや今後やりたい事が混ざり溶けて、体内へ吸収された。 それはとても心地よい感覚で、混ざり溶けて吸

スキ
8