見出し画像

ブログの7つの稼ぎ方|稼ぐ仕組みと収入UPの各施策についても紹介

ブログの稼ぎ方を、以下の7つ紹介します。

・アフィリエイト
・グーグルアドセンス
・コンテンツ販売
・メルマガ(LINE@)と併用して商品を売る
・広告枠販売
・ブログ売買
・仕事の依頼を受ける

論理的には、どれも個人ブログで実現可能な稼ぎ方です。

聞いたことがない稼ぎ方があるかもしれません。そこでこの記事では、出来るだけ専門用語を使わずに、図解を交えながらお伝えします。

きっと「こんな稼ぎ方もあるんだ!」という発見があると思います。

実際、僕が運営していた企業ブログ(月1000万円以上の売上)で行っていた稼ぎ方についてもお伝えしています(もちろん個人でもできる方法です)。

なので、さっそく読んでみて下さい。

※一部、僕自身が実践したことがない稼ぎ方については調べた上でお伝えしています。

ブログ×アフィリエイトで稼ぐ

画像1

アフィリエイトは、王道のブログの稼ぎ方の一つです。気軽に取り組めるので、初心者におすすめです。

たとえば、あなたがブログの記事の中で「Amazonで買ったこの本、めっちゃおすすめ!」と、その本を紹介したとしますよね。

そしてその記事を読んだ誰かが「へえー面白そう!買ってみよう。ポチッ」みたいに、実際に買ってくれたとします。

そしたら、Amazonから「本を代わりに紹介して売ってくれてありがとう、はい、売上の〇%を報酬としてあげる!」という感じで報酬がもらえます。

これがブログとアフィリエイトで稼ぐ仕組みです。要は、企業の代わりに商品を紹介して、売れたら売上の何%かが報酬としてもらえる、というものです。

もちろんAmazonだけではなくて、アフィリエイトできるものは世の中に数えきれないくらい存在します。

※ちなみに各種アフィリエイトを取り揃えているサービスのことを「ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ )」といいます。

<ASPの例>
Amazonアソシエイト・プログラム」…アマゾンで売られているものすべてをアフィリエイトできる
楽天アフィリエイト」…楽天で売られているものすべてをアフィリエイトできる
A8.net」…サービスの資料請求や無料登録なども扱っている
インフォトップ」…情報商材がメイン。報酬率が88%と高いものもある

他、ASPは多数。この記事では割愛。

またブログでアフィリエイトをした場合の収入は、以下の図解の通りです。

ブログ×アフィリエイトで稼ぐ仕組みの図解

画像2

ブログ×アフィリエイトの収入は、以下の3つの数字によって決まります。

・ブログのアクセス数
・商品が売れる確率
・アフィリエイトの報酬額

複数の商品をアフィリエイトしている場合は計算式がもうちょっと複雑になりますが、基本はこの構造ですね。

例を挙げて計算してみましょう。

・ブログのアクセス数:月に1万
・商品が売れる確率:0.1%
・アフィリエイトの報酬額:300円

この場合、1ヶ月で3,000円の収益ですね。で、この計算式からわかるように収入を伸ばすためには、以下の施策が必要になってきます。

・ブログのアクセス数を増やす
・売れる確率を上げる
・報酬額が高いものを扱う
・アフィリエイトする商品数を増やす

大変そうに感じるでしょうか。はい、実際やってみると大変です。僕も一番最初に独学でやったときは、アクセスを増やすことが出来なかったし、1円も稼ぐことが出来ませんでした。

ただ、一生懸命勉強して、実践をしていったことで慣れていったものです。
今稼いでいる人たちも、最初はつまづきながら実践して、それでも頑張ってきた人がほとんどだと思います。

なので、いきなり「月10万円」と無理な目標を目指すのではなくて、楽しみながらじっくりと取り組んでほしいです。

さてこのアフィリエイト、初心者におすすめのブログの稼ぎ方として色んなところで解説されています。

が、ここではあえてあまり他の人が言わないことをお伝えしようと思います。それは「アフィリエイトは顧客の横流しである」ということです。

アフィリエイトは顧客の横流し

アフィリエイト商品は、他の人が作ったものです。それを買った人はあなたの顧客ではなくて、その販売者の顧客となります。

これ、ビジネス的な視点で考えると絶対にやってはいけないことです。

たとえば、あなたがA社のサプリメントをアフィリエイトしたとします。で、あなたのブログからサプリを買った人は、A社の顧客になります。

現在の企業は顧客サービスを徹底しているところもありますから、顧客に対して「こんな商品もありますよ~」「今はこんなにお得ですよ~」「最新の美容情報をお届けしますよ~」と、あの手この手で情報を届けるわけです。

その情報に満足した顧客は、もしかしたらもうあなたのブログを読んでくれないかもしれません。

そしたらその読者は、あなたのブログから物を買うことはなくなります。あくまで可能性の話ですけどね。

そのようにブログの読者を横流ししないためにも、最終的には「別の稼ぎ方(後述)」も検討していくことを僕はおすすめします。

ブログ×グーグルアドセンスで稼ぐ

画像3

グーグルアドセンスも、ブログの王道の稼ぎ方です。

ブログにグーグルアドセンスという広告を貼り付けて、誰かがその広告をクリックしただけで報酬が入ります。

クリックしてもらうだけなので、手軽です。報酬も発生しやすい。ただ、報酬は低いです。1クリックあたり0.5円とか1円とか。

もちろん表示される広告によって報酬額は異なりますが、基本的に報酬は低いです。

ブログ×グーグルアドセンスで稼ぐ仕組みの図解

画像4

グーグルアドセンスの報酬額は、以下の3つで決まります。

・ブログのアクセス数
・アドセンスのクリック率
・1クリック毎の報酬額

表示される広告は指定できません。運営するブログのテーマや読者層によって表示される広告は変わります。

ゲーム系のブログであれば、ネトゲやソシャゲなどの広告が表示される、という感じですね。

なのでブログからのグーグルアドセンスの収益を上げるためには、以下の2つを徹底していく必要があります。

・ブログのアクセス数を増やす
・表示されるアドセンスの数や位置を調整する(クリック率を高めていく)

※ちなみに、僕がまだ会社員で働いていた時に副業としてやっていた別のブログは、グーグルアドセンスだけで月の報酬が141,028円だったことがあります。

画像5

ただ、グーグルアドセンスで稼げたからといって、あなた自身の顧客が増えたわけではないです。

たしかに(少額であれば)稼ぎやすいですし、取り組みやすい稼ぎ方なのでおすすめです。

が、将来的にはグーグルアドセンスに頼るのではなく、あなたの顧客を増やす稼ぎ方(後述)にシフトしていくのが理想ですね。

ブログ×コンテンツ販売で稼ぐ

画像6

ブログにある程度慣れてきたらおすすめなのが、コンテンツ販売という稼ぎ方です。

アフィリエイトは他者の商品を紹介するものでしたが、他者のではなくてあなた自身の商品をブログで売ってしまおう、という稼ぎ方ですね。

商品やサービスを作る必要がありますが、読者に自分が作ったものを届けられる喜びや楽しさ、また価格を自由に決められる魅力があります。

それに誰かの都合で販売中止になることもありません。

ブログ×コンテンツ販売で稼ぐ仕組みの図解

画像7

これもシンプルですが、収入は以下の数字で決まります。

・ブログのアクセス数
・コンテンツの成約率
・コンテンツの価格


そして収入を高める方法は、以下をしていく必要があります。

・ブログのアクセス数を増やす
コンテンツの成約率を上げる
コンテンツの価格を上げる
コンテンツの数を増やす

先ほどもお伝えしましたが、価格を自由に決められるのがコンテンツ販売の良いところです。

商品やサービスの質にもよりますが、基本的にいくらにしても問題ありません(買う人がいればですが)。

ブログ初心者には難しい稼ぎ方ですが、ゆくゆくは目指していきたいですね。

以下、個人でもできるコンテンツ販売の例を紹介します。

ブログでデジタルコンテンツを販売する

<note販売>
noteは、自分が作った記事を有料で販売できるサービスがあります。ブロガーさんの中には「ブログの作り方」などをnoteにまとめて、有料で販売している方もいます。

中には月に50万円以上稼いでいる方もいるので、選択肢として十分アリだと考えています。ただし、手数料が引かれます。

<電子書籍>
有料noteを利用せずに、自分で電子書籍(e-book)を作って売る稼ぎ方です。電子書籍は、Wordで原稿を作ってPDF化すれば作れます。

PDFを作る、決済サービスを用意する、売上管理を行う、といった手間が発生しますが、売上金がまるまるあなたの口座に振り込まれます。

ブログでサービスを提供する

<コンサルティング>
たとえばあなたのブログが「悩みを解消する」テーマを扱っているのであれば、もしかしたらあなたに「相談に乗ってほしい」と考える人がいるかもしれません。

そのような相手に対して、有料でコンサルティングを提供していきます。対面の方が価値を感じられますが、後述のメールや電話を使っても良いですね。

<メール・電話相談>
相手の悩みや相談を、メールや電話で受けるサービスを提供します。もちろんLINEでも良いですし、スカイプでも良いです。

メールや電話相談を受け付けていれば、遠くて会うのが難しい人の相談に乗ることもできますね。

オフラインの企画を提供する

<オフ会・イベント>
読者を集めてオフ会をしたり、イベントを企画しても良いです。最初は無料でやって、慣れてきたり需要が増えてきたりしたら有料にしてみる、というやり方も賢い方法です。いきなり成功させるのは難しいので。

<セミナー>
もしくはもっとビジネスライクに、セミナーをやっても良いですね。読者のためになるセミナーを企画して、ブログにその案内を載せる。

もちろんセミナーは向き不向きや慣れの問題がありますが、しゃべりに自信があるのならやってみても良いと思います。

オンラインの企画を提供する

<オンライン講座>
メールを使った講座を提供する、という稼ぎ方ですね。たとえば英語のブログを運営しているのなら「中学英語から卒業するための英会話勉強法のメール講座」を開いても良いですよね。

そしてそれをブログで案内して、講座の申し込みを促していきます。需要があれば何でも良いんですよ。僕が今携わっているものでいえば「ビジネススキルを上げるメール講座」があります。需要さえあれば、どんな講座も開けます。

もちろんそのメール講座の中で、動画や音声、PDFなどの資料を渡しても良いですね。

<オンラインサロン>
オンライン講座とほぼ同じなのですが、オンラインサロンを開設して、それをブログ上で宣伝しても良いですね。

西野亮廣さんや堀江貴文さん、落合陽一さんや幻冬舎の箕輪さんなどのオンラインサロンが話題ですが、著名人じゃなくたってオンラインサロンは出来ます。需要があれば、ですが。

メルマガ(LINE@)と併用して商品を売る

画像8

ブログとメルマガ(もしくはLINE@)を併用する稼ぎ方です。

まず、ブログでメルマガやLINE@への登録を促して、それらの読者を増やします。

で、メルマガやLINE@上であなたの商品やサービスを販売する、という稼ぎ方です(アフィリエイト商品を売ってもOK)。

ちなみに、メルマガやLINE@の読者のことを「リスト」と呼びます。そしてリストに有益な情報を与えて信頼関係を構築しつつ、顧客に育て上げていくことを「リストビルディング」と言います。

ブログ×リストビルディングで稼ぐ仕組みの図解

画像9

リストビルディングの収入は、シンプルに言うと以下の4つで決まります。

・ブログのアクセス数
・リストの登録率(リスト数)
・商品の成約率
・商品の価格

そして収入を上げるためには、以下のようにいくつか方法があります。

・ブログのアクセス数を増やす
リストの登録率(登録数)を上げる
商品の成約率を高める
価格を上げる
販売回数を増やす
商品数を増やす

直接ブログで売った方がいいんじゃないの?と思うかもしれません。

それに、ブログ運営だけじゃなくてメルマガもしくはLINE@運営の手間も発生するので、大変です。

ただ、このリストビルディングは僕自身が今までやってきた中で、一番おすすめできる稼ぎ方です。なぜなら高い売上を上げられるからです。

実際に、僕が企業でブログを運営していた時に、月に1000万円以上の売上を出していました。でもこれは個人で実践できます。

もちろん最初からリストビルディングの構築は難しいですが、最終的には視野に入れたい稼ぎ方です。

リストビルディングの4つの魅力

僕が実体験を通じて感じている魅力は、以下の4つです。

1.商品をプッシュできる
2.何度でもプッシュできる
3.セールスを自動化できる
4.ブログが消えても読者と繋がれる

一つずつお伝えします。

<1.商品をプッシュできる>
ブログは、読者が能動的に読むものです。読者がいつ、どの記事を読むのか、あなたはコントロール出来ません。

ただメルマガやLINE@であれば、自分が好きなタイミングで伝えたい情報を届けることが出来ます(もちろんメールやLINEを見るタイミングは人によって違いますけどね)。

つまり「売りたい」と思った時に売ることが出来るということです。

<2.何度でもプッシュできる>
メルマガやLINE@が解除されない限り、何度でも商品をおすすめ出来ます。売込みだらけのメルマガやLINE@は、もちろんクソなのでNGですが。

ただ、普段から読者に有益な情報を届けて、信頼関係を構築していれば、おすすめするたびに買ってくれるものです。

<3.セールスを自動化できる>
メルマガやLINE@にはステップ配信(ステップメール)という機能があるのですが、これを使うことでセールスを自動化できます。

ステップ配信とは、1通目はコレ、2通目はコレ、というように、決まった順番にメール(LINEメッセージ)を送ることが出来る機能です。

画像10

配信時間も指定できます。ただしこの機能はだいたい有料ですが。

セールスというのは、何をどの順番で伝えるかが重要です。初対面の相手にいきなり「付き合ってください!」って言っても玉砕しますよね。それと同じで、相手の興味を引いて、商品を欲しくさせるためには、伝える順番が大事です。

ブログでは「自動で順番通りに伝える」ということが難しいのですが、メルマガやLINE@なら可能です。

あなたが寝ていようが、食事をしていようが、自動でセールスが行われて、自動で商品が売れていく。

この仕組みはやっぱり魅力的です。

<4.ブログが消えても読者と繋がれる>
リストさえ持っておけば、たとえブログが消えても読者と関係を維持出来ます。

たとえばドメインの更新期限を忘れて、ブログが消えてしまうことってあるんですよね(体験済み)。

また、グーグルの検索結果の仕組みが変わって、今まで検索結果の上位に表示されていた記事が、圏外に飛ばされることだって考えられます。

でもリストがあれば、あなたが伝えたい情報を読者に届けることが出来ます。

仮にブログが消えたとしても「新しいブログができました!」と知らせることが出来ます。何か商品をおすすめしたら、その日のうちに収益を発生させることだってできます。

余談ですが、江戸商人は火事が起きたときに、真っ先に顧客台帳を井戸に投げ込んで逃げたそうなんですね。当時の顧客台帳は濡れても文字がにじまない作りをしていました。で、火事がおさまったら顧客台帳を回収して、顧客の家を一軒一軒回っていたそうなんです。そうすれば、また商品を買ってくれるからです。

というのはマーケティングの世界において有名な話なのですが、これは個人がブログで稼ぐ場合も当てはまります。

あなたのブログのファンや、ブログ経由の購入者のリストを管理することは、めちゃめちゃ大事です。

…ということからも、やっぱりリストビルディングはおすすめです。

ブログ運営、メルマガ配信という手間はかかります。が、たとえ個人でも一つのブログで年に億単位で稼ぎ、かつ長期的に安定して稼げる数少ない方法です。

SNSでもフォロワーに情報を知らせることは出来ます。が、メルマガやLINE@みたいにステップ配信の機能はないですし、リストをエクセル(CSV)で管理する機能もありません。

さてこれまで、

・アフィリエイト
・グーグルアドセンス
・コンテンツ販売
・メルマガorLINE@を併用する

についてお伝えしてきました。

以降は、僕がやったことがない稼ぎ方です。ただ、一般的な方法ではないですし、無理にやらなくてもブログで稼げるので、参考程度に見てみて下さい。

ブログの広告枠を販売して稼ぐ

画像11

あまり聞かないと思いますが、広告枠販売もブログの稼ぎ方の一つです。

自分のブログの一部のスペースを「ここで企業のRPをしても良いですよ~その代わり毎月お金いただきますね」みたいな感じで販売(レンタル)するやり方です。

家の部屋が余っているから誰かに有料で貸す、というイメージですね。取引相手を見つけることさえ出来れば、稼ぐことが出来ます。

ただし難易度は高くて、

・アクセス数が多い
・特化ブログである

といったことがブログに求められます。

というのも、アクセスが少ないところに広告を出すというのは、人があまりいない町でビラを配るようなものなので、売上を上げることが難しいんですよね。

別の例ですが、ダイエットジムでダイエットサプリのビラを配るのと、街中で配るのでは、そりゃジムの方が期待できそうですよね。

それと同じで、一つのテーマに特化したブログじゃないと、企業側も広告を出しづらいんですよ。

それに、取引相手を見つけるのは楽ではないので、無理にする必要はないですね。あくまで「こういう稼ぎ方もあるんだ」と軽く知っておいてもらうだけで十分です。

ブログの個人スポンサーを募る(おすすめしない)

画像12

広告枠販売と似た稼ぎ方として、「個人スポンサー」というものがあります。

僕がこの言葉を聞いたのは2018年に入ってからなんですけど、要は、「頑張ってブログを育てていくので、私のことを応援してください(出資してください)」っていうものですね。

個人のブログ運営者に対して、別の方が出資をするというモデルです。

<出資を受けた側>
・お金が手に入る
・スポンサーのブログやSNSで取り上げてもらえる
・ブログを大きく育てる責任が生じる

<出資した側>
・面白い人材を早期発掘できる
・出資相手のブログで自分のことを紹介してもらえる
・出資相手が有名になったら「わしが育てた」と言える
※細かいルールは、当事者間で細かく決めていく。

ただスポンサーを受ける側(お金をもらう側)が注意しなくてはいけないのが、出資されるに値する魅力や価値がなければいけない、ということです。

それがない状態でスポンサーを募集するのは「お金ください!」という乞食と変わりません。

なので、ブログを大きくしていく自信と覚悟が必要です。あくまでビジネスですので、生半可な気持ちでは誰もスポンサーになってはくれないはずです。

グーグルのガイドライン違反になる可能性がある(追記:2018年8月17日)

スポンサーと出資を受ける側の各サイトにお互いリンクを貼る場合は、グーグルのガイドライン違反になる可能性があります。

なので、おすすめはしません。

スポンサーの見返りにリンクを送る、ような感じでしたらそのリンク自体は違反である可能性は高いといえますね。逆に言うと、検索結果でのパフォーマンスを上げるためにお金を払ってリンクしてもらうようなものであれば違反になると思います。
金谷 武明 Takeaki Kanaya (@jumpingknee) 2018年8月16日

ブログを売って稼ぐ

画像13

作ったブログを、第三者に売る稼ぎ方です。

たとえば誰かがあなたのブログを「50万円で買います!」と言ったとしますよね。

で、あなたが「うーん、まあ、その金額だったら売っても良いかな」とお互い合意したのであれば、ブログ売買が成立します。

ただ、アクセスが少なくて収益も発生していないブログを「買いたいです!」という人はまずいないですから、ちゃんとブログを育てる必要があります。

が、ブログが育ったら自分で運営したほうが良いですよね。

ブログをこれ以上運営することが出来ない特別な事情がない限り、売る必要はないかなというのが僕の考えです。

ブログで仕事の依頼を受け付ける

ブログで直接稼ぐわけではありませんが、ブログで仕事の依頼を受けることもできます。

たとえばWEB制作が出来るなら、ブログにポートフォリオを載せて、仕事の依頼を募集しても良いですよね。

制作じゃなくても、イラスト作成しますとか、似顔絵描きますとか、いけてる写真を撮りますとか、何かスキルを活かした仕事ができるなら、ブログで集客するのは大いにアリです。

以上、ブログの稼ぎ方をお伝えしました。

ブログの稼ぎ方は組み合わせてもOK

これらは自由に組み合わせてもOKです。

・ブログでアフィリエイト×グーグルアドセンス
・ブログでグーグルアドセンス×個人スポンサー
・ブログ×メルマガでコンテンツを売る
・ブログ×LINE@でコンサルティング販売

収益のポイントが多ければ多いほど、当然稼ぐ金額も増えます。

ただ、すべてを実践するのは時間と体力的に厳しいですし、最初から複数やろうとしなくて大丈夫です。一度にあれこれやろうとすると、挫折すると思います。

なので、これからブログで稼ぎたいという場合は、まずは初心者向けのアフィリエイトかグーグルアドセンスから取り組んでみてください。

最終的にはリストビルディングを目指したい

ただ最後に個人的な意見を言わせてもらうとすれば、どんな形であれ、最終的にはリストビルディングを目指すことをおすすめする、ということです。

僕が以前勤めていた企業ではリストビルディングを徹底していました。当時の社長には「とにかくリスト集めが大事だから!」と何度も言われて影響されてきたっていうのもありますが、収益を大きくしたいならこの方法は外せないと考えています。

当時の企業で僕が運営していたブログは、リストビルディングを活用して、毎月を2,500名以上のメルマガ読者を集めていました。で、そのメルマガで商品を自動で販売して、月1000万円以上の売上を出していました。

もちろん最初から目指す必要はないです。が、これからブログを運営して、収益が大きくなってきたときに、「そういえばリストビルディングっていう稼ぎ方があったなあ…」と思い出してもらえればなと思います。

以上、お読みいただきありがとうございました。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もし記事を良いと感じて頂けた場合は「スキ」や「SNSでのシェア」をお願いします><

ありがとうございます!他の記事もぜひ読んでみて下さい。
10
2013年5月~2018年2月末まで東証マザーズの株式会社トゥエンティーフォーセブンにて、コピーライターとして働く。セールスレター、メルマガ、SEO記事など、どんな文章も得意。現在は独立して、企業メディアやメルマガコンサルなどやってます。https://blog-tip.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。