見出し画像

目的+手段=未来の方程式

こんにちは、ぽっかり母ちゃんのフクフクです。

なんだかんだ動いていると、あるタイミングで
「あ、あの人が言ってたのってこういう事か」みたいに、
腑が落ちる瞬間ってありませんか?

それは「成長」とも呼ばれるものかもしれません。

実は最近、私にもそんな嬉しい感覚がありました。
「ああ、こういうことか」と、じんわり染みてくるような理解が。

昔ある人が「英語を学ぼうと勉強しても身につかない。英語を使う必要があるから、英語を勉強するんだ」という話をしてくれました。

(×)
目的(英語を話す)+手段(英語の勉強)=英語が話せるようになる

(○)
目的(世界を旅したい)+手段(英語の勉強)=英語が話せるようになる


じゃないか?と。

そんな事、当たり前だと思いませんか?
私もその当時聞いた時は「そりゃそうだ」と思ったんです。

私の場合で落とし込むと、

目的(絵で稼ぐ)+手段(絵を描く)=絵で生活する
という方程式でイラストレーターに。

でも産後に仕事がリセット。
ぽっかり母ちゃんになった後は、インスタグラムで子育ほのぼの漫画を発信していました。
それなりに”いいね”を頂きましたが、満足感がなかったんですよね。

それはなぜなのか?考えてみました。

インスタで発信していたのは「幸せ家族」の楽しい漫画でした。
でも実際の私は、ワンオペ育児の辛さ、仕事と家庭の両立の難しさなど。
母にのみのしかかる負担に”怒り”がメラメラ燃えていて・・・。

漫画と現実の違いがあるせいか、描く漫画も熱がなく、読者の方に届いている感覚が得られなかったんですよね。

で最近、漫画の趣向を「幸せ家族漫画」→「私はこう思う」という哲学的な内容に変えてみたんです。
反応はそこそこでしたが、私の満足感が桁違いに高くって!

「ああ、私はこれを発信するために、絵を勉強してきたのかもしれない」とまで思えるほど。

方程式でいうと、
目的(思いや考えを伝えたい)+手段(絵を描く)=絵で生活する
なのかな。
でも”=”に続く夢は”絵で生活する”で収まらないほどムクムク膨らんでいます。

・同じ思いをもつ人と、実際に集まって喋りたい
・子育てで悩んでいる人の癒しに、少しでもなる漫画が描きたい
・仕事と家事に頑張るお母さんの、役に立つ漫画が描きたい

と、やりたい事がどんどん浮かんでくるんです。
これは産前にイラストレーターとして絵を描いていた時にはなかった感覚で。
こんなに熱い思いをもっていたなんて、自分でもビックリなほど。

そうしたら「英語を学ぼうと勉強しても身につかない。英語を使う必要があるから、英語を勉強するんだ」という昔聞いた言葉がポン!と頭に浮かんできて。

「ああ、こういうことか!」と、ようやく理解できたのでした。
学びに終わりはないし、人はいつでも変われる。
久しぶりにこんな喜びに浸っています。


転機となった漫画

画像1

画像2

画像3

画像4


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7
私・夫・娘(2歳)の三人家族。 少し子育てに余裕ができた途端、ぽっかり空いた人生の穴に気づく。 私がしたい仕事って?いったい何が好きだっけ? 子育て中の母ちゃんによる、仕事探しサバイバル。