見出し画像

下着窃盗の刑事事件② 逮捕された場合

弁護士 福地海斗

 本日も下着窃盗の刑事事件について書いていきます。
 今回のテーマは逮捕された場合です。

1 逮捕されることがある

 下着窃盗の刑事事件の場合、逮捕されることがあります。
 事件直後に逮捕されることもあれば、後日に逮捕されることもあります。

2 勾留

 逮捕された後に勾留されるかどうかが決まります。
 検察官と裁判官が「勾留するべき」と判断すると、勾留されます。 
 以下の記事もお読みください。

3 弁護士との接見

 勾留が決まると、身柄拘束の期間が長くなります。
 この場合、弁護士との接見で適宜アドバイスを受けることが大切です。

4 身柄事件に関する他の記事はこちらからお読みください

5 ご不安な方はお問い合わせください

 ご不安な方はお問い合わせください。
 弊所では初回の法律相談のみのご利用も可能です。
 お気軽にご相談ください。

 弁護士法人福地海斗法律事務所
 弁護士  福地 海斗(第二東京弁護士会所属)
 東京都中央区日本橋本町3丁目3番6号 ワカ末ビル7階
 電話:03-6202-7636


弁護士 福地海斗
弁護士の福地海斗です(第二東京弁護士会所属)。お気軽にご相談ください。 東京都中央区日本橋本町3丁目3番6号 ワカ末ビル7階 電話:03-6202-7636 https://fukuchikaito-law.jp/