見出し画像

下着窃盗の刑事事件③ 示談交渉

弁護士 福地海斗

 本日も下着窃盗の刑事事件について書いていきます。
 今回のテーマは示談交渉です。

1 示談の位置づけ

 示談が成立すると、最終的な処分が軽くなりやすいです。
 事件によっては不起訴になることもあります。

2 不起訴になるとは限らない

 「示談が成立すれば必ず不起訴になる」というものではありません。
 不起訴にならないこともあります。
 ご注意ください。
 不起訴になりやすい場合をいくつか挙げます。

・被疑者が事件を認めている場合
・被疑者に前科前歴がない場合(初犯の場合)
・被害者が被疑者の処罰を望んでいない場合
・被疑者に監督者がいる場合(例:同居の家族)
 

3 示談が成立しないこともある

 示談が成立しないこともあります。
 被害者の方が示談交渉を断ることがあります。
 また、仮に示談交渉が始まったとしても、条件がまとまらないこともあります。

4 示談交渉に関する他の記事はこちらからお読みください

5 ご不安な方はお問い合わせください

 ご不安な方はお問い合わせください。
 弊所では初回の法律相談のみのご利用も可能です。
 お気軽にご相談ください。

 弁護士法人福地海斗法律事務所
 弁護士  福地 海斗(第二東京弁護士会所属)
 東京都中央区日本橋本町3丁目3番6号 ワカ末ビル7階
 電話:03-6202-7636


弁護士 福地海斗
弁護士の福地海斗です(第二東京弁護士会所属)。お気軽にご相談ください。 東京都中央区日本橋本町3丁目3番6号 ワカ末ビル7階 電話:03-6202-7636 https://fukuchikaito-law.jp/