見出し画像

【先輩経営者から学んだ】最強のCOOとは。

SUBBOX CEOの福島です!
先日、僕の相棒の
SOBBOX COOの阿部が
経営について更により深く
学びたいと申し出があったので
CEOとCOO経験どちらもある
僕の師匠の駒谷社長に
お時間頂き経営の中でも
特に『どんなCOOが最強なのか』を
聞いてきました!

駒谷社長
現在、株式会社CAREER PLANNINGで
CEOを務めており
今年で4期目に入りました。
売上も好調で僕が4年間、
面倒を見ていただいている先輩です!
↓駒谷社長との思い出はこちらから↓

なかなか、4期目の社長に
お時間いただけることはないので
本当に素敵な時間を
過ごさせていただきました。

そしてSOBBOX COOの阿部は
現在、勤めている企業で
新規事業部長を任されつつ
僕と時間を見つけて会い一緒に
事業を推し進めているパートナーです。

では学んできたことを
載せられる範囲でまとめていきます!

どんな信念を持って経営するか

まず駒谷社長に聞かれたのが
今までの人生で何を
基軸に選択をしてきたのかでした。

阿部は『楽しそう』が
基軸と答えていました。

そこで駒谷社長は
その楽しそうと思う
選択をし続けることを
忘れちゃダメだよと
阿部に伝えていました。

間違いねぇ…
経営していると辛くて
自分の信念を忘れてしま人が多くて
事業が崩れる前に
人が崩れてしまうよなと思いました。
(福島の心の声)

特に人って稼ぎ方がいっぱいあり
働き方がいっぱいある。
何を選ぶのかは自分で
楽しそうで選んだ
経営者の道を忘れないでねと
言う駒谷社長からのメッセージだと思いました。

プロダクトの重要性

次に教えてもらったのが
経営者がやることは
プロダクトを作ることで

プロダクトとは
みんなが使ってくれる商品で
そのサービスの質を良くすることを
考え続けなければならないということです。

そしてこれから経営者として
自分の体とか時間ではなく
価値を生み出し
それがお金になるという
考え方を教えてもらいました。

人々が求める価値の数が
サービスの価値となり
価値をどれだけ生み出せるかを
考えさせられる話でした。

イグジットを決める

イグジットとは
企業の出口のことで
企業の出口は
バイアウトと上場の
2パターンあり
僕らはバイアウトを
狙っているので
バイアウトについて話してもらいました。

自分が作った会社を人に売ることは
実はそんなに簡単ではなく
価値が付きまくったものに
買い手がいるのが実はすごいことで

特に元ZOZOの前澤さんは
自分がいなくても企業が回るから
自分が抜けても売却できました。
自分がいなくても回っている仕組みを
作った前澤さんが本当にすごいと思い
僕らも仕組みを作らないといけないと感じました。

まずは質より量を追い求めよ

天才ではないから今ここにいて
僕らは凡人だからこそ量で埋めていく

まず駒谷社長に言われました。

そして本気でCOOを
やるなら今のように会社との
両立はきついと思うと
阿部は言われていました。

駒谷社長も住友をやめて
バイトを始め別荘地を
売っていた部署に配属されて
そこを辞めてまでも
自分のサービスに
時間を費やすことを決めました。

そして時間のある若いうちに
起業した方がデメリットがないし
量=経験を得られるから
もし失敗しても
次に繋げやすくなると教わりました。

まとめ

小学3年生から一緒で
中学の時は毎日登下校一緒にしてた
阿部とまた一緒に頑張れる事に
期待とワクワクがすごくあります。

必ず、5年以内にバイアウトして
次の会社で上場必ず成し遂げよう。
そして社員を養えて
どんなに辛くても上手くいかなくても
駒谷社長みたいなCEOになり

今日この決断が
間違っていなかったことを証明します。

駒谷社長もお時間ありがとうございました!
これからもよろしくお願いします!

この記事が参加している募集

部活の思い出

私のイチオシ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

モチベーションになります!ありがとうございます😊
17
【インキュベーター4社創業】23歳/直感×挑戦/専門在学中にイベンター→0から日本一集客出来る学生団体を設立→専門中退→起業支援兼BlakeBack/2030年日本にシリコンバレーを/2022年までに20名の起業家を輩出します/直感を頼りに挑戦し続けるチャレンジャー
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。