見出し画像

noteのストア機能が拡張〜noteがつくる、課金のあたりまえ

■ストア機能が拡張

noteのストア機能が拡張。
各ショッピングプラットフォームで販売している自分の商品を、自分のnote上で紹介できる。販売できる。
https://www.pieceofcake.co.jp/n/n0acc5afd00d1

今回、ichiとBASEの商品一覧が実現し、

iichi, STORES, BASE, minne, MUUU

の5つのサービスがこの一覧機能に対応したそうです。

これで紹介や商品管理が楽になりますね。

また、この機能、書くに特化した人じゃなくてももちろん使えるわけで、
もともと自分のグッズやOEMでの商品販売、商品紹介での販売、もしくは
自分ブランドの立ち上げを考えているクリエイターさんにとっても朗報です。

インフルエンサーやネットクリエイターが自分ブランドの商品を、自分が好きなECサイトで販売し、
その内容を、手間をかけずに、noteで紹介できる。
省力化でき、導線も同じままでよいので、これからさらに拡大すると思われる、インフルエンサーの
自分ブランドの商品販売が、場所を変えずにnote上で完結するので、個人の表現者にとって非常に嬉しい機能だと思います。

SNSを補完する意味での、ストックコンテンツ置き場でありつつ、課金や販売とシームレスにつなげていくことが可能です。
その分手間も減りますので、コスト削減になり、他のことに時間を使えることとなります。

■noteがつくる、課金のあたりまえ

noteのおかげで、テキストに課金するという習慣が、じわじわと拡がって当たり前になってきているように思います。

noteのおかげで食えるようになったという書き手の人の声もききます。
物書きで食っていくのって今日日ますます大変ですから。これは嬉しい話です。
表現して食っていく、という意味では、動画=YouTuberに人材が集中していますが、
テキスト系の人に関しても得られる報酬が努力に対して報われる金額になっていけば良いなと思います。


■サークル機能も面白い

noteさんの課金にまつわる機能に関しては、サークル機能というものが先日追加されまして。これが非常に面白いです。
要するに、サブスクに複数の金額を設定できる。わかりやすくいえば、クラウドファンディングのリターンの月額版です。あれ、わかりにくいかな?

月額課金のパターンを複数つくることができるのです。
例えば、月額100円で、ブログのテキスト全文読めます、月額1000円の人に対しては、月イチ開催するオンラインミーティングに参加できます、月額1万円の人は、月イチで、参加者限定のオフラインミーティングに参加できる…などなど。

なので、課金額だけ決めて、あとは自由、ってな仕様になっています。

月額課金がクラウドファンディングみたいに、さまざまな価格設定もできるようになっていくだろう、というのは、僕も考えていて、5年ほど前から、チャンスがあれば提案してきたのですが、全然周りの人に理解されませんでした(笑)。
きっと僕の説明が悪いんだと思いますが。
確かにまだ成功例はないのですが、先陣を切ってつっこんでいったnoteさんのサークル機能、うまくいってほしいなとおもっています。

だって、サブスクの月額が1パターンだけで固定されてるのって、なんか変だと思いませんか?

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
深水です!うれしい!
13
ライブ配信に関する情報を発信中です。日本でのCGMの先駆けと言われるメルマガプラットフォーム「まぐまぐ」を発案設計開発、日本初のプレスリリース配信プラットフォーム開発。ニュースサイトガジェット通信立ち上げ。情報提供は tofukamin@gmail.com まで

こちらでもピックアップされています

ライブコミュニュース - ライブ配信業界まとめ
ライブコミュニュース - ライブ配信業界まとめ
  • 94本

ライブ配信・ライブストリーミング・ライバー・ストリーマーに少しでも興味ある方はフォローお願いします。ライブ配信業界に関する情報・ニュースをやわらかくまとめています。ライブ配信に関する情報提供は tofukamin@gmail.com まで。ご協力お願いします!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。