マガジンのカバー画像

ジュニアトレイルランとトレイルランニングの普及啓発について

157
僕のライフワークであるトレイルランニングの普及啓発と次世代育成について。
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

「中学生トレイルランナー」という課題

トレイルランニングの平均年齢は比較的高い。 多分一番多い年代は40代だと思っている。 続い…

「おれの山」より「みんなの山」がいい。

やっとやっと先日開催した「大楠山ミニマウンテンマラソン」のお礼と挨拶を山頂売店にてするこ…

トレラン授業の成果発表へ

6月に逗葉高校で行った「トレラン授業」の成果発表を聞きに、学校へお邪魔してきた。 逗葉高…

三角巾が難しい。

先日、逗子消防署にお願いをして応急救護教室を実施していただいた。 現在はコロナの影響を受…

今年もトレラン授業を実施。

昨年に引き続いて、逗葉高校でトレラン授業をさせてもらっている。 ありがたいことに人気授業…

朝型生活に随分と慣れてきた子どもたち

逗子ジュニアトレラン部の活動は基本全て朝活だ。 ①休日朝ラン 6:30~ ②平日朝ラン 6:00~ …

2年目は逞しくなるのも早い気がする

月2回の休日朝ランに加え、平日朝ラン(これも月2回)を加えたからか、 今年は飲み込みが早い。 昨年から一定数の子が継続してくれているのは間違いなく、大きな影響ではあるけれど、今年度から加わった子たちも成長のスピードが早い。 山に入る頻度が増えた 多分、これが一番大きなポイント。 必ずしも走る必要はなくて、 山の中で遊ぶ機会が増えること、 山に慣れることが成長して行く上で欠かせない。 分け隔てない人間関係 これは彼らの個性の拠るところが大きい。 男女も学年もバラバラだ

スキ
3

初心にかえる

先日のnoteに書いたが今回は禁止しているペーサー行為があった。 勝負はフェアに行われるべき…

「ペーサー行為について」

今回の武田の杜では1つ残念なことがありました。 小学生の部でペーサーをしていた保護者(大…

第8回YAMANASHI Jr TRAILRUN in 武田の杜開催

コロナの影響で2年間お休みをした山梨大会。 ギリギリまで地域と調整をして開催に漕ぎつける事…

まんだら堂のルートのトレイルクリーンナップ

写真は現在公開中のまんだら堂やぐら郡。 *春秋の期間限定公開土日祝月の10~16時、5月末まで。…

背中を見せられるように

本当はレースへ挑戦する姿のことを書こうと思っていた。 今年もマウンテンランニングマスター…

興味を持ってくれることから少しづつ

先日、やまなみルートの草刈りをした。ジュニアトレラン部でも度々走っている裏庭のようなコー…

本能で走る子どもたち

5/5(木祝)こどもの日。 だから、というわけではないのだけど、ジュニアトレラン部で朝ランをした。 いつものコースをアレンジして少し長く、そしてピストンではなく、ループを描けるように。 同じコースを走ることでどんどん詳しくなるのも大切だが、時折不慣れなルートを走る初見問題への挑戦も大切だと思っている。知らないルートは瞬間瞬間で考えるのではなく身体で反応して走ることになる。これがとても大切なのだ。 しかも周りには友達がいるからお互いに刺激しあって楽しく走る。 こちらが話

スキ
4