見出し画像

cicaのこと。

はじめまして。
お店をご利用頂いている皆様、いつもありがとうございます。
art&sweets cica 店長兼マネージャーの、 白木ななみ と申します。
アーティスト名は『NaNaMi』と名乗っております。
どうぞよろしくお願いいたします。

cicaのFacebookページからこちらのページまで飛んで来て頂いた方、全く関係なくふいに辿り着かれた方、どちらもいらっしゃると思いますが、
今回の記事は、当店が定休日を1日増やすにあたって、不満に思われる方、疑問を感じる方により深くご説明をさせて頂くべく書きました。
ですので、当店をご存知でない方にはなんのこっちゃ、といった内容になるかと思いますが、これまで5年間続けてきたお店に対しての私の想い、これからに向けての想いを綴ります。

念のため、お店のことを少し説明しておきます。
知ってるよーという方は飛ばしてお読みくださいませ*

art&sweets cicaとは
大阪谷町六丁目にある、小さなアートカフェです。
当店で働くのはアーティストの卵たち。
ひとつひとつのお皿に、お客様のリクエストにお応えして、チョコレートソースやバルサミコソースでアートを描いてご提供しております。


cicaが現在の谷六の路面店へやってきて、丸5年が経ちました。もうすぐ6年です。
飲食店、特にカフェは競争の激しい中、皆様に支えられてここまで続けてこられたこと、本当に嬉しく思います。

cicaが生まれた瞬間、私はそこにはいませんでした。
工務店を経営するオーナーの「おもしろいお店、楽しいお店を作りたい!」という想いと、初代店長であるアーティストのelly(出産を機に退職)の、「もっと沢山の人にアートを身近に感じて欲しい」という想いが出会い、大阪福島の、メリヤス会館という古いビルの地下の一画でオープンしました。

そこから1年後、移転のタイミングの求人募集で、私はcicaに入りました。
「つくること」が好きで芸大を出たものの、思うような仕事に就けず、のんびり好きなことをしていたところで、そろそろアルバイトくらいは..と考え出したところでの出会い。
隣に載っていたヒーローショーのお手伝いという募集にも心惹かれたのですが、「チョコで絵を描く仕事」という文章を見て、ポートフォリオを送りました。

無事cicaでアルバイトスタッフとして働き始めてすぐに、お店のことが大好きになりました。「アートを身近に」というコンセプトは勿論、絵を描くことが仕事であるという喜び、また、出来て間もないお店ということもあり、自分たちの手で何もかも作り上げていくのが面白く、次はあれがしたい、これがしたい、と続けているうちに時を経て、いつの間にか店長になっていました。

店長兼マネージャーとして、お店のことを任せて頂くようになった今。
初めの頃に比べて本当に沢山のお客様にご利用いただくようになった今。
改めてcicaのことを、じっくり、ゆっくり、考えました。

現在のcicaは、
「アートを身近に感じてもらう」というコンセプトを
お客様に届けることができているのか?

そもそもアートとはなんなのか、まで深く深く考え込んでしまいましたが、それはまた別の機会にお話させて頂くとして。
なんだかしっくり来なかったのです。
お客様のリクエストにお応えして、世界にひとつのオーダーメイドのアートスイーツを楽しんで頂く。そこまではいいのですが、果たしてそれで、「アートを身近に」感じて頂けているのだろうか?
それだけではなく、もっともっと、アート自体の喜びや驚き、魅力を伝えていかなくていけないのでは?

また、この数年間で、スタッフも随分増えました。
それぞれが個性豊かで素晴らしいアーティストです。
cicaのスタッフはみんな、唯一無二の大切な存在。
そして私の想いを一緒に叶えてくれる、大切な仲間です。
私は、cicaでお客様にアートを楽しんでもらうだけではなく、所属しているアーティスト達に、自分ひとりでは持てない繋がりを作ったり、活躍の場としてcicaを利用してもらいたいと思うようにもなりました。

お客様と直接接しているスタッフが実はアーティストで、様々な作品を生み出しているという事実は、アートを身近に感じる第一歩です。
目の前に「アーティスト」がいるのですから。
そして、そのアーティスト達がそこでファンを作って、広く活躍していくことが、より多くの方にアートをお届けすることに繋がっていく。

そうなって始めて、
「アートを身近に」というコンセプトへ立ち戻れるのでは?


・アートを身近に感じてもらう
・アーティストの活動の発信地として機能させる
・その二つを通して社会におけるアートの価値を高める

これが、今のcicaの目標です。
この目標へ近づく為に、店外でのアート活動を増やしていきたいと思っています。

実は、今までにも小学校でのアート教室、イベントでのワークショップを開催したり、お店の壁に絵を描いたりなど各アーティストがそれぞれ、個人の活動で活躍してきました。
その比重をもっと増やし、それぞれが自分を「アーティスト」だと自信を持って名乗れるようにしていきたい。
その上で、お店に立ち、お客様と密に接していって欲しい。

その想いから、定休日を増やし、アート活動の時間へとあてることに決めました。

大変、大変、長くなりましたが..
そういうわけで、定休日が増えます。
これまでの火曜日に加え、水曜日も定休日になります。

ご来店の皆様には本当に多大なるご迷惑をおかけすることになってしまいますが、この先のcicaの為、もっともっと、皆様にワクワクして頂く為、アートをお届けする為に必要なことだと考え、決断いたしました。

これからのcicaを、とどまることなく変化し続ける様を、どうか見守ってくだされば、と思います。


2019年5月31日 白木ななみ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
大阪谷町6丁目にあるアートカフェ店長兼マネージャーであり、アーティスト。 「楽しく働く」をモットーに、創作をしながら生きていく術を模索中。 お店には様々なアーティストが在籍しているので、どんなご依頼にも応えます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。