新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

”コトを起こす、すべての人々へ。”

はじめまして。
Co-startup Space & Community FUSEのコミュニティ・ビルダーの河口といいます。

このたび、静岡県浜松市、浜松駅から徒歩5分ほどのところにある「ザザシティ浜松」中央館の地下1階に、「Co-startup Space & Community FUSE(フューズ)」がプレオープンします。
そのFUSEでコミュニティ・ビルダーとして携わる、河口哲也、通称、Jumboです。

今日からこのnoteで、FUSEってこんな場所ですよといった紹介や、今、我々が取り組んでいること、ひとつひとつの空間や機能に込めた思いなどをお伝えできればと思っています。

まず、その前に簡単に自己紹介を。
私は生まれも育ちも静岡県浜松市。父の経営する車の部品の工場で働いていたのですが、リーマンショックの煽りを受け、その工場が倒産します。
その後、あるコミュニティ運営に関わることになり、それまでのピラミッド型サプライチェーンの縦のつながりから、オープンでフラットな横のつながりの『力』を感じるようになりました。
そして、2019年12月から株式会社HUB Tokyoのチームの一員となり、2020年3月からFUSEの立ち上げ準備をしています。

ところで、浜松の産業と言うと、車、バイク、楽器といったイメージでしょうか。近年、高齢化も進み、生産拠点は労働力の安い海外に移り、少し寂しさを感じつつも、多くの人が何か新しい『コト』を探しているように感じます。
私もコミュニティ運営に関わりながら、あちこちに点在しているコミュニティが寄り添うきっかけがあれば、その何か新しい『コト』はもっと生まれるやすくなるのではないかと感じていました。

今、開設の準備をしているFUSEは、まさに起業家や経営者、第二創業者などの事業を立ち上げようとしている方々のための活動拠点です。
そのために必要なプロセスが経験できるように、適した空間やプログラムが用意されています。
また、そこには多様性のあるコミュニティの存在が不可欠だと思っています。
(この話はまた次回以降、書かせていただきますね)
だからこそ、私たちのようなコミュニティ・ビルダーがFUSEに常駐し、様々なイベントを企画したり、メンバーの時間に寄り添って伴走していきます。
FUSEの価値はそこにあると考えます。

今年の3月からザザシティ浜松の現地に入り、そんなコミュニティを作っていくことを考え、設備等の準備をしてきました。
特にファブリケーションスペースには、日本でもこれほどの充実したところはないと思えるほどのCNCルーター、レーザーカッター、3Dプリンタといったマシンが続々と入ってきました。
ものづくりの街『浜松』で、ここFUSEから、どんなものが新しく生まれるのだろうと考えると、日々ワクワクしていました。
椅子やテーブルも続々と搬入されましたが、私は大型機械の梱包木箱を再利用して、テーブルを作ったりもしました。
メンバー同士がこのテーブルを囲むことで自然と会話が生まれるだろうし、そこからどんな新しい『コト』が起こるのだろうと考えると、作業の手もはかどりました。

4月の中旬辺りからは内覧ツアーをスタートして、メンバー登録の開始をしていく予定でした。
しかし、3月に入り、新型コロナウイルスの感染拡大が東京を中心とする大都市圏に広がり、大都市に挟まれる浜松でも、どのような対応が良いのかチーム内でも幾度となく議論を重ねました。そして3月末に東京都で外出自粛要請が出されました。今後、新型コロナウイルスの影響が浜松も含めた、地方都市にも広まることを考え、内覧ツアーとメンバー登録の開始の延期を決定し、皆様へのご案内も一旦延期となりました。

私たちの仕事は、起業家の事業を加速するために伴走をすることです。

今、私たちにできることはなんだろうとFUSE運営チームで考えました。
それは、今の限られた条件の中でも起業家のために動いていくことでありという結論に至り、延期させていただいていた、皆様へのご案内を本日させていただきました。

現時点では施設全体が使えないこともあって、オンラインでの起業家支援を中心とし、一部施設を利用した支援を検討し、FUSE運営チームで走り始めています。
詳細については、またこの場でご報告できればと思っています。

最後に、私たちの「FUSE」という名前には、導火線、融合、などといった意味があります。
そして、ロゴマークは七角形の火花をモチーフとしています。
360度は7で割り切ることができないため、正七角形を描くことはできません。
そこには常に終わりなき変化を求め、成長を続ける『未完成』な場所であり続けることの決意が込められています。

今、このような状況だからこそ、私たちFUSEは常に変化を求め、成長を続ける『未完成』な存在でありたいと思います。

まだまだ伝えたいことがたくさんあります。
一度に話すと長くなってしまうので、次回から少しづつ、このnoteやホームページ、instagram、facebookページなどの各SNSも随時更新していきますので、ぜひ「フォロー」や「いいね!」をクリックしてもらえたらとおもいます。

特に、Facebookは一番更新率が高くなる予定ですので、ぜひ「いいね!」をポチッと押してフォローしていただけると嬉しいです。

それでは、次回をお楽しみに。


FUSE コミュニティ・ビルダー
Jumbo

まずは↓のティザーサイトを確認

基本情報や各種SNSの更新、イベントの告知は↓のFacebookページで確認



この記事が参加している募集

いま私にできること

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

35
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。