見出し画像

フリーランスのエンジニア心得:初案件獲得から、1年以内に安定した収入とキャリア形成までの4つのコツ

どうもー、ドイツでフリーランスのプログラマーをしています、Arisaです。

早いもので、エンジニアに転身して、ドイツに住んで約3年になろうとしています。

今回は、海外フリーランス養成スクール in セブ島プログラムと、海外フリーランス養成スクール in ベルリンプログラムでレクチャー提供させていただいた際に、プログラム参加者だけに公開したレクチャー内容を、noteにて一部無料、一部は有料で公開します!

この、海外フリーランス養成スクール in セブ島とベルリンのプログラムですが、私が普段お仕事でも、お友達としても仲良くさせてもらっているwasabiさん(@wasabi_nomadik)運営の、wasabiの海外フリーランス養成スクール オンラインサロンと、私が運営サポートやその他マネジメント、メンターとしても関わっている手島さん(@atsuhio)運営のCodeGrit、そしてセブ島にあるビジネス英会話スクールのBeyond The Borderさんとのコラボにより実現した、IT強化の短期集中型の海外フリーランサー育成サポートプログラムなのです。

大変人気で、募集をかけてすぐに定員に達し、参加者からも続々参加後のレビュー記事もいただいています。


第1回開催:セブ島受講生レビュー

画像1

いっちーさん(@ichinose_you):ぼくが「海外フリーランス養成スクール inセブ島」に参加して得た3つのこと


画像2

Ayumiさん(@ayusausa):セブの海外フリーランス養成スクールで得たもの。


画像3

けんとさん(@kentn97):海外フリーランス養成スクールinセブ島に参加して成長したこと


画像4

あいさん(@aitabata22):海外フリーランス養成スクール in セブ島に参加してきました!


第2回開催:ベルリン受講生レビュー

画像5

FJことFujiさん(@FJ_fromAWA):【ドイツ】ベルリンの海外フリーランス養成スクールに参加してみて


画像6

Kasumiさん(@tabi_wa):【体験談!】海外フリーランススクール in ベルリン!!


実際に参加していただいた方の記事にも出ていますが、第1回開催時は、私はドイツから遠隔で、第2回ではベルリンで海外フリーランスのエンジニアとして「フリーランス心得講座」を提供させていただきました。

実際に参加してくださった方からも、「ネット上では得られないようなコツや実践内容で、このプログラムで身につけたスキルで、どうフリーランスとして固めていくのか、具体的なイメージが湧きました」と、コメントをいただきました。

今回は、私が全く異なる職種から、海外でフルリモートのフリーランスエンジニアになるべく、独学&体当たりで実践して学んだ、

1) 初案件から定期的な案件受注まで
2) クラウドソーシングでの受注のコツ
3) 軌道に乗ってきたら行うと良い個人クライアントへの営業方法
4) 1年以内にキャリアも収入も安定させるコツ

の4つを、ぎゅっと凝縮してレクチャー提供しました。

私は普段、多いときは19人、最近は12人のマンツーマンレッスンでプログラミングをCodeGritのメンターとして教えているのですが、レクチャー提供前から、実は海外フリーランス養成スクール in セブ島/ベルリンプログラム開催を知った生徒さんより、こんなご意見をいただいていました。


「事情があってセブ島/ベルリンまで行って参加は難しいけど、オンラインで発信されたらぜひ購読したい」


「物理的、その他事情があって参加はしたいけどできない」、「でもオンラインで参加できるのであればしたい」というご意見です。
それも1人ではなく、複数の担当生徒さんから似たご意見をいただいたのです。

このご意見を聞いてから、レクチャー提供前から実はnoteでの一部無料公開、一部有料公開を検討していました。

というのも、私自身、当時エンジニアになるべく勉強と案件受注をしていた時に、いきなり独学でフリーランスのエンジニアとして安定させるためのコツや情報が、探してもなかったのを思い出したのです。

そして約2年以上前の当時は、日本のオンラインプログラミングスクールで海外フリーランスのエンジニア養成のためのサポートは、ほぼないに等しい状況でした。

ないなら仕方がないで、私の場合はそのまま実践してしまって、今があるのですが、当時の私と似た状況の方のための情報発信はまだまだ少ないのも事実。

「あの時先にこれを知っていれば...」と思ったこともありますし、特に出し惜しみする内容でもなく、むしろもっとたくさんのエンジニア転職者のキャリア形成の参考になれば嬉しいので、公開していこうと思います。

経験に基づいた内容も含まれるので、個人差はあるかもしれませんが、参考になる部分だけ抜粋していただければ幸いです。


心得1:初案件は知人から「無償で」受注する

「案件なのに報酬を受け取らない?!」と思われたかもしれません。

私も通常、無償で、もしくはとても安い報酬での案件受注は避けるように担当する生徒さんや、案件サポートを個人的にしている生徒さんには伝えています。

理由としては、長期的に見て持続可能ではないため、web開発するモチベーションが下がったり、案件納品の優先順位を気がつかないうちに下げてしまうことに繋がるからです。

では、なぜ無償で案件受注を初案件ではするのがコツなのでしょうか?

ポイントは「初案件」というキーワードです。

初めて案件を受注するということは、実績ゼロで案件受注をクライアントにオファーすることになります。

もし、自分自身が案件を依頼する側のクライアントだとしたら、実績ありのエンジニアと、実績ゼロのエンジニアであればどちらを採用しますか?

答えは非常に簡単ですね。
実績のあるエンジニアがここでは圧倒的に有利です。

クライアントにもよりますが、予算が厳しいなどの特別な理由がなければ、実績ゼロのエンジニアは、採用される可能性が実績ありのエンジニアよりはどうしても低くなってしまうのも事実。
(実績なしで実際に案件を取れたことがある立場からすると、全く可能性はゼロとは言えませんが、可能性が低いのは事実です。)

少ない可能性に賭けるよりは、実現する可能性の高い方法に投資するのが現実的ですよね。
ということで、「まずは実績を作ることを優先」するのが、今後の案件で応募をした時に、クライアントへの説得力が増すというわけです。

ただし、ここでももう1つ大切なのが、いくら無償で案件受注をすると言っても、全く知らない人から急に「実績はゼロですが、無償でサイト制作をさせてください!」と提案をされても、クライアント側からすると、まだまだ信頼するにはハードルが高いということ。

「スキルに自信がないのかな?もしくはお仕事が来ない理由があるのかな?」

と、思うクライアントも中にはいるかもしれません。
いろんな人が世の中にはいるので一概には言えませんが。

そんなこと言うと誰からも案件をもらえそうもないと、ネガティブになりそうですが、実際、世の中、物は考えようなところもあります。

「実績はゼロだけど、無償でサイト制作できるよ」と、例えば友達知り合いに声をかけてみるとどうでしょうか?
実際に会ったことがあったり、知っている人であれば、「実績ゼロ」であっても、信頼は友情なり、知り合いなりの関係ですでにあるので、そこのハードルは、グッと下がります。

ここでさらに知人、友人に「お願いしようかな」と思わせるキーワードが、「無償」です。

全く顔も見たことのないクライアントであれば、「"無償" というキーワードの裏に何かあるのかな?」と、実績ゼロもあるので、かえって逆効果のこともあるのですが、これが知人や友人だと効果は見込めることが多いです。

私自身、某オンラインプログラミングスクールで2ヶ月半勉強をトータルでしていた時に、コース受講中に無償でweb開発を提案して、知人からweb開発案件をもらって、納品しています。

クラウドソーシングでも知人にアプローチする前に応募してみましたが、返信すらないケースがほとんどでした。

「実績ゼロだからと断言できないかもしれないじゃないか」と思われた方もいるかもしれません。

ただ、実績ゼロでクラウドソーシングに応募した時の反応が返信ほぼなしだったのに対し、知人からの案件での実績ができてからの反応は、逆にクラウドソーシングを介してクライアントからも直接案件依頼が複数来るようになったので、これは少なからずとも実績のあるなしは関わっていると言えるのではないでしょうか。

「それでもどうしても初案件から報酬が1円でも欲しい!」という方でも、方法はあるにはあります。

制作自体は無償で知人や友人に提案しますが、それと同時に、webやアプリによって増えた月々の売り上げや利益のうちの何%かを、メンテナンスが必要な時にする代わりに毎月もらうという提案もできます。

これは、後の残り3つのコツでも詳しく触れますが、単発で案件を終わらせないための戦略と、クライアントとのさらに強い信頼構築が狙いです。

フリーランスは職種に関わらず、いかに長い目で見てキャリアも収入も安定させるかが今後も継続可能かどうかを左右します。
少し現実的すぎて私も収入のことは特に触れたくないのですが、現実世界、そこを抜きにしてフリーランスで長く安定させることができるかというと、そうもいかないところもあるのです。

初案件をどう受注するかのコツについて、1つ目のコツとしてここでは書いていますが、継続した収入は、クライアントとの信頼の上に成り立つものでもあります。
逆に言えば、信頼がお互いに薄い関係のクライアントと受注者の間には、単発的なお仕事が発生しやすいのです。

単発的なお仕事ばかりだと、精神的に毎月の収入も安定しない & 上がらないのと、キャリア形成もなかなか自分のしたいことにシフトしにくいのと、毎回新しいクライアントとの関係構築に時間を割かれるので、精神的に消耗しやすいです。

詳しくは残りの3つのコツでお伝えしていきますが、要するに、フリーランスライフを長い目で見た時に、信頼のあるクライアントとの関係性が、キャリア形成でも安定した継続的な収入の面でも大切ということです。

ただし、その第一歩は、すでに信頼関係のある知人や友人で、何かビジネスを持っている人に「無償で」提案をすることで、今後の別の案件獲得の幅が短期間で広がりやすいですよ、ということですね。

「無償で」というのには、今後の案件受注をしやすくするための準備としての役割の意味があるということです。


心得2:クラウドソーシングで実績と、営業力をある程度積む

さて、初案件に関しては上記の通り、知人や友人に直接提案をして、無償で制作をするということでしたが、2つ目以降の案件受注はクラウドソーシングが実績を増やす1つの手段としてはおすすめです。

見出しにもあるのですが、実はクラウドソーシングでは営業力も磨くことができるので、一石二鳥なのですね。

なぜ営業力がフリーランスのエンジニアに必要なのでしょうか?

結論から言うと、営業力は、クラウドソーシングからなるべく早く抜け出すための必須能力だからです。

「クラウドソーシングからなるべく早く抜け出す?」と疑問に思われたかもしれませんが、クラウドソーシングは、国内外問わずにエントリーしやすいと言うことと、完全リモートワークがしやすい、実績が浅くても案件受注につながりやすいと言うメリットの裏で、単価や相場が安いというデメリットがあるのです。

確かに、他の翻訳やライティング、タスク型の案件と比べると桁が1つも2つも違いますが、エンジニアの平均収入や案件の相場からすると、クラウドソーシングはとても安いです。

クラウドソーシングの相場がどのくらい安いかと言うことを、実際に目安としてお伝えすると、5ページほどのWordpressなどのCMSなし、サーバに上げる作業を含めたweb開発案件が、単発の案件で8,000円~1万円程度(クラウドソーシングによる仲介料含まず)です。

これは私が実際にエンジニア歴2ヶ月ほどで受注したクラウドソーシングの案件です。
恐ろしく安いです...

当時ほぼ実績ゼロだったとは言え、実績ありのエンジニアの方にも同じ条件で提示されていて、複数のエンジニアから応募があったのも確認している記憶があるので、実績ありでも、この安い相場で受注するエンジニアはクラウドソーシングに限っては、いるということになります。

これが、個人クライアントであればいくらになるか目安としてお伝えすると、WordpressなどのCMSなしで、1ページ、サーバに上げる作業を含めてトップは5万円から、その他ページはだいたい3万円前後です。(コンテンツ、実装機能による)

つまり、先ほどのクラウドソーシングとほぼ同じ条件でこの報酬額なので、ページ数が先ほどの案件と同じ5ページになれば、実装機能にもよりますが、簡単に考えても17万円前後です。

これでも平均的な値段の安い金額ぐらいなので、作業に関わるチーム人数が増えればもっと金額は上がって当然ですし、急ぎで納品ということであれば、その分も料金を追加で頂きます。
ということは、Wordpressも環境セットアップする工程も頼まれる開発は、余裕で20万円は超えるのが想定できますね。

オンライン決済を伴うECサイトや、決済システム導入のために必要なSSL化などのような要望もあるサイトの場合は、外部サービスを利用するのではなく、構築して実装するのであれば30万円以上は最低でも欲しいところです。

1つの目安なので、相場はいくらでも変わり得ますが、クラウドソーシングの相場が安いということを知らなければ、フリーランスでエンジニアとしてやっていくのは、収入が低すぎると思い込んでしまう可能性もあるのです。

だからクラウドソーシングは、初めの実績をある程度作るのみにとどめて、なるべく早く抜け出して欲しいのですね。
生活することもやはりどうしても関わってくるので、そこは現実的に見る必要があります。

さて、クラウドソーシングのデメリットを先に書いてしまいましたが、実績を場所にとらわれずに手っ取り早く作ってしまうには、クラウドソーシングが、特に海外フリーランスを目指す人にはおすすめです。

私も実際に案件受注は初めの2つを除いて、全てドイツから受注していました。
それを可能にしたのは、何を隠そう、クラウドソーシングです。
海外フリーランスの大きな悩みの1つは、仕事レベルで言語を使えるレベルにいない状態で、いかに仕事を探すかと言うことなのですが、たとえ現地の言葉がすでに堪能でも、いきなり現地で就職というのは、なかなか厳しいです。

というのも、日本のように、法学部を出て営業部署で就職といった、関連のない学歴でどの職種でも働けるということは、海外において一部を除いてほとんどないからです。

そう断言するのは語弊があるかもしれませんが、実際にドバイで客室乗務員をしていた経験があるので、この悩みは同僚や仕事仲間からいつも聞いていたのと、自分でも転職の際に悩んだことがあり、結構重要なポイントだと思うのです。

さて、海外で就職しようと思うと関連のある学歴がないと、その国の言語が堪能でも就職は厳しいということですが、職業によってはあまり関係ないものもあります。

プログラマーも例外ではないです。

プログラマーは、コードが全世界共通で基本英語が基準になっていますし、世界的に需要が高まっている反面、人材は足りていないという現実があるため、関連のある学歴でなくてもキャリアがあればOKという企業も多いのです。

でも流石にいきなり企業からオファーが来たり、個人クライアントに恵まれたり、面接に通ったりということは現実的に考えてすぐには来ないと見た方が良いかもしれませんね。

その前段階の準備として、やはりいくつか経歴は積んでおいた方が企業的にも信頼しやすいですし、自分にとっても企業やクライアントに貢献できるスキルが増えるので、ここでもクラウドソーシングが使えます。

さて、クラウドソーシングで安い単価のクラウドソーシングから抜け出すための営業力を磨くことができると書いていて、具体的にお話をまだしていませんでした。

先に答えを一言でお伝えすると、


「自分自身のスキルを一番良く売り込む方法を知っていれば、特にフリーランスでクラウドソーシングに頼らず、自力で個人/企業クライアントから仕事を得られるようになるから。」


クラウドソーシングでは、案件に応募をし、クライアントが契約を結んで初めて業務ができ、納品後に報酬が渡されます。

この、案件を獲得するところが、経歴にプラスで営業力を磨かなければ突破できない壁でもあるのです。

なぜか?

クライアントを納得させる口説き方を知らなければ、どれだけ魅力的なスキルセットを持っていてもクライアントは良い印象を持ってくれず、仕事を回してくれないからです。

裏を返せば、口説き方を知ればこの問題は解決しますね。

そのためにはクライアントの気持ちになれば早いです。
お仕事を依頼したいということは、クライアントがいずれかの状況にいます。

- 自分の持っていないスキルを要するため、その分野のエキスパートが必要
- 時間がなく、外注したい
- 中小企業や個人で、予算に限りがある

これらが組み合わさることもありますし、いずれかの場合もありますが、一番誰にでも当てはまるのは、時間がない項目です。

予算の限られている中小企業や個人という項目も当てはまる場合、さらに忙しい人がほとんどといったケースになります。

この場合、なぜ忙しいかを考えると、何らかの理由で予算に限りがあると、割と事務関連のこともクライアントはしている可能性が高いです。
メールでのやりとりは割とほとんどのクライアントがしている可能性が高いです。

となれば、私たちからの応募のメッセージをクラウドソーシングで1つ1つまじまじと確認して... ということはあまりないだろうと予測が立てられます。
あくまでも予想ですが、募集をかける側としては応募が10人からくれば、採用したい人だけに連絡を取ることで労力と手間を省きたい人がほとんどですよね。

ということは、クライアントが返信する確率は基本的に低いわけです。
その中でいかに魅力的に見せるかというところが口説くコツです。

コツは非常に簡単です。
忙しい人が5秒でメッセージを見ただけで私たちのスキルがわかって、経歴がわかればいいんです。
ここでさらに評価が全体的に良いことも含められれば意外と簡単に落とせます。

そのためにポイントになるのが

- 視覚的要素である画像を添付
- 項目を区切って見やすくする
- 全てなるべく短く簡潔に必要な情報だけ書く

これにつきます。

例を見た方が早いので、以下をお見せします。

この続きをみるには

この続き:17,510文字/画像1枚

フリーランスのエンジニア心得:初案件獲得から、1年以内に安定した収入とキャリア形成までの4つのコツ

Arisa

1,800円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます:) コードを書くスピードが倍になります^^
21
元エミレーツCA。ドイツ在住フリーのフルスタックエンジニア。https://aiki-developer.com/ プログラミング講師。プログラミング学習サポート相談はTwitter(@arisa_dev)/上記サイトのコンタクトフォームからもどうぞ。Gatsbyと合気道好き。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。