見出し画像

note、エモくね?

こんばんは。

noteを始めて一週間くらい経ったかと思う。

一日に一つ、長い文を書く」という大変かったりい目標は、今のところ辛うじて続いている。

今までどのブログをやっても文字通り三日坊主で終わっていた僕にとって、これはかなりすごいことだ。

ここで一旦、「どうして続けられたんだろう」と考えてみた。

するとそれは、「noteのエモさ故ではないか」と思い至ったので、
今日はnoteのエモさについて書きます。

noteのエモいとこ① 運営がめっちゃ優しい

はい、まずこれ。

noteって、"優しい"ですよね??

初投稿で褒めてくれて、二日連続投稿で褒めてくれて、n日連続投稿で褒めてくれて、「スキ」されるたびに伝えてくれて、いちいちバッジで祝ってくれる。

もう大好きになっちゃうだろそんなの。
自分が一歩一歩、道を踏み締めている気持ちが溢れちゃうだろ。

noteさんありがとう。

あなたのおかげでやってこれました。
これからもよろしくお願いします。

noteのエモいとこ②  仲間がいる

あとなんと言ってもこれですね。

noteって長文版のツイッターに近いなって、最近思います。

「いいね」みたいな「スキ」機能とフォロー機能があって、ハッシュタグで同じテーマの記事が探せて、おまけにおすすめの記事も出してくれたりして。

特にフォロー機能、アツい。
(つってもフォローしてるの2人なんだけど)

「エッセイっておもんない」みたいなことを前に書きはしたが、それは文章単体での話だ。文の向こうに書き手の顔が透けて見えてくる瞬間は、むしろすごくいい。なんたって、えっちだ。これは他のSNSにはない、"長文"が主体のnote特有の魅力だとおもう。

マッチングアプリ依存症のお兄さんの文章をみて「ああ、自分と一緒だな」とか「懐かしいな」とか思ったり、密かに応援してみたり、

恋愛下手の女の子と出会ってHSPって言葉を知り、「僕の気質には名前がついていたのか!」と感動したり。これまた、密かに応援してみたり。

特に話したことはないんだけど、漠然とつながっている。
そういう妙に心地よい関係が、僕をnoteにつなぎとめてくれている。

それにフォロワーじゃなくたって、自分と同じようなことを考える人や、目の覚めるような新しい考えを持っている人に出会えるのは、いつだって楽しいものだ。

あとこれは半ばぼくの偏見だが、
気軽に言葉が吐けるツイッターや、アクセスが収益になるブログじゃなくて、態々noteをえらぶ人たちっていうのは、そろって少しひねくれた感じがして、愛しい。みんな一寸ずつさみしそうで、愛しい。


文を通して励まされ、文を通して繋がるnote。
エモきこと夏の如しなんじゃないでしょうか。


これを読んだあなたのフォロー、スキ、お待ちしてます。
あなたの文章を読みに参りたいので、お気軽にどうか。


なんとかまとまったかな。

それではまたあした。

この記事が参加している募集

noteでよかったこと

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただくと、めちゃくちゃ感動します。いっそう頑張ろうという気持ちになります。

僕の方が好き!!!!
30
こじらせ東大4年生。エッセイが永遠に苦手です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。