Frich(フリッチ)公式ブログ

支えあいに特化したコミュニティプラットフォームを提供しています。 東京都の東京金融賞2019金融イノベーション部門で第1位、神戸市等が主催する「SDGs CHALLENGE」での採択や、「世界を変えるスタートアップ大賞」(日経トレンディ)に選出されるなど大きな注目をあびています。

Frich(フリッチ)公式ブログ

支えあいに特化したコミュニティプラットフォームを提供しています。 東京都の東京金融賞2019金融イノベーション部門で第1位、神戸市等が主催する「SDGs CHALLENGE」での採択や、「世界を変えるスタートアップ大賞」(日経トレンディ)に選出されるなど大きな注目をあびています。

    マガジン

    • 共済のプロ 可児先生に訊く

      • 7本

      近年、福利厚生の施策として共済会が見直されています。 長年共済会を研究してこられた共済会のエキスパート、千葉商科大学教授で株式会社労務研究所 代表取締役の可児先生にお話を訊きます。

    • 予防による割引

      Frichでは、グループメンバーにアクシデントが無ければ、翌月の支払いが割引になります。その仕組みを解説します。

    • 用語集

      Frichでは、保険業界特有の用語を使う場合があります。こちらでは、そうした専門用語の解説しています。

    • 友だちの招待とグループ

      Frich最大の特徴は、友だち同士でグループをつくることで、アクシデントの予防を図りつつ、アクシデントが無ければ翌月の支払いが割引になるというメリットがえられることです。この仕組みについて解説します。

    • 透明性へのこだわり

      Frichでは、加入者が支払ったお金の使途を明らかにしています。

    記事一覧

    「英大手保険会社Direct Line GroupのCMOによるテクノロジーを活用した保険のリブランディング」

    家や車、最新のガジェットを持ってから、保険のことを考えるようになったとき、年間契約や不明瞭な価格設定、現実的な生活スタイルにそぐわないような複雑なサービス内容な…

    「サッカー選手の脚」や「ギタリストの手」に保険がかかる「ロイズ保険市場」とは、一体何なのか。

    この世はリスクに満ちており、「万が一」の事態がいつ訪れるかわからない。それに備えるために、私たちは保険に入る。 しかし、究極のリスク、例えば船の沈没や、大規模テ…

    なぜ、今、再保険会社を設立するのか?

    世界は再保険を扱うスタートアップにとって住みやすい場所ではないようです。 再保険や保険リンク証券(insurance-linked securities(以下、「ILS」)市場には、4200億ド…

    「英大手保険会社Direct Line GroupのCMOによるテクノロジーを活用した保険のリブランディング」

    「英大手保険会社Direct Line GroupのCMOによるテクノロジーを活用した保険のリブランディング」

    家や車、最新のガジェットを持ってから、保険のことを考えるようになったとき、年間契約や不明瞭な価格設定、現実的な生活スタイルにそぐわないような複雑なサービス内容などを思い浮かべます。
    Hot Topics社では、Direct Line Groupのマーケティング・ディレクターであるマーク・エヴァンス氏にインタビューを行い、同グループが消費者の需要に応えるためにどのように新しい技術を取り入れているかに

    もっとみる
    「サッカー選手の脚」や「ギタリストの手」に保険がかかる「ロイズ保険市場」とは、一体何なのか。

    「サッカー選手の脚」や「ギタリストの手」に保険がかかる「ロイズ保険市場」とは、一体何なのか。

    この世はリスクに満ちており、「万が一」の事態がいつ訪れるかわからない。それに備えるために、私たちは保険に入る。

    しかし、究極のリスク、例えば船の沈没や、大規模テロのような事故に対してまで、保険の補償は及ぶのだろうか。
    例えばタイタニック号の沈没や、米国における9.11の事件のように。

    実は、これらの大惨事に際しても保険会社は加入者への支払いが可能だった。

    なぜ保険会社は、巨額の補償が可能だっ

    もっとみる
    なぜ、今、再保険会社を設立するのか?

    なぜ、今、再保険会社を設立するのか?

    世界は再保険を扱うスタートアップにとって住みやすい場所ではないようです。
    再保険や保険リンク証券(insurance-linked securities(以下、「ILS」)市場には、4200億ドルという驚異的なキャパシティがあると言われています。ただ、どのような観点から見ても料率は何年も軟調で、年々さらに低下しています。

    再保険会社は2016年もほとんどの分野で利益を維持していましたが、その主な

    もっとみる