見出し画像

26歳彼氏ナシだった私がたった5ヶ月で彼氏を作り、1年で幸せな結婚を手に入れた方法

2018年4月、当時26歳になったばかりの私は、将来についてむちゃくちゃ悩んでいた。新卒で大手企業に入社したが早期離職、その後カフェでアルバイトしかしてないし、彼氏もいない。いよいよ20代後半なのに、キャリアもプライベートも不安しかない…!

このままのキャリアでいいのかな…周りは入社4年目になり活躍しているのに自分はカフェでバイトという現実にコンプレックスを感じるようになる。楽しいけど、店長になるのもなんか違うしな。給料も上がらないし…あれ、わたしこのままじゃヤバいかも。

漠然と30歳までに結婚したい!のに彼氏すらいない…たまに誰かとデートしていても何にもなってないな。「きっと周りのみんなはこのまま1,2年したら結婚し始めるんだろうなあ…」って漠然と不安になる。

特に恋愛において、24~25歳くらいの頃は、それなりに楽しく過ごしていたもののこじらせていた。いろんな人とデートしたりちょっと付き合ったりしながら、「若いうちに遊んどかないとね!」と正当化してみたり。
彼氏のいない似たような仲間が集まった「タラレバ予備軍」というLINEグループにて(当時、東京タラレバ娘というドラマが放送されていた)合コン開催や友達を紹介しあって励ましあったり慰めあったり。

でも、インスタで友達のキラキラした「彼氏と#記念日旅行♡」みたいな投稿を見てうらやましく思ったり元彼のSNSをのぞいて幸せになっているのを見てひっそりとひがんだり。

このままだったら全部ダメかも。と自信をなくし、キャリアもプライベートも不安になった私は、リクルート時代の先輩であるめいさんに連絡した。

めいさんと話す中で、気づいたこと、それは「とにかく自信がなくて、他力本願で幸せになろうとしていたこと」そして、「自分で自分のことを幸せにできないと本当に幸せにはなれない」んだとそこで気づいた。

覚悟を決めて、自分を変えようと思った。

自分で自分の機嫌をとること

まず自分に自信がある状態にして、自分の機嫌をとりたいと思ったのでキャリアを立て直すことから始めた。

自分の良いと思うポイント、自分の改善したいポイント、自分にとっての幸せとは何か、自分が力を発揮できるのはどんな環境か、27歳・30歳・32歳の自分がどういう姿でありたいか…抱えていたモヤモヤを全部吐き出して、本来持っている欲を出す作業を徹底的にやった。めいさんの前でむちゃくちゃ泣きながらノートに一生懸命書いたことを覚えている。(笑)

この時に、キャリアだけでなくライフイベントも含めたビジョンを立て、キャリアとライフをひもづけながら「どんな人生を歩みたいだろう?」と妄想を膨らませた。

▽26歳の私が立てたキャリアビジョン
1年後(27歳):営業職として必ず達成し成果を出している状態

3年後(29歳):3~4人のチームリーダーになっている状態

5年後(31歳):キャリアアドバイザーとしてごきげんに働ける人を増やせている状態、または人材育成を通じてメンバーがごきげんに働ける環境作りができている状態
▽26歳の私が立てたライフビジョン
1年後(27歳):彼氏ができている状態

3年後(29歳):婚約(実家にもご挨拶に行っている)または結婚している状態

5年後(31歳):0〜1歳の子供が1人いる状態

「りこぴんなら絶対大丈夫!」と背中を押してもらい無事に内定、営業職として入社した。

私はこうなりたいんだ、こうしたいんだ、という軸が明確になったことで就職も決まり、ポジティブでキラキラした状態に戻ることができた。

自信のあるポジティブな状態で新しい人に出会うこと

ポジティブオーラ満載になった状態で、彼氏を作るべく活動スタート。

私が実践したのは下記3つ。

①誰が見てもわかるように自分のタイプを言語化する

私の場合は、「丸顔」「理系」「非喫煙者」の3つ。

・丸顔:無意識に惹かれるルックスを言語化すべく、過去の恋愛や好きになった芸能人から分析

・理系:今までの人付き合いの経験から心地よくコミュニケーションとれる人の特徴も分析。男女問わず仲良い人の特徴に、理系(文系でも数学が好きな人)が多かった。

・非喫煙者:単純に苦手。これだけは絶対イヤ!というものだけ最後にいれこんだ。

②上記で決めた条件を公言しまくる&自己開拓する

とにかく人に話す。「わたしに合いそうな優しい人紹介して!」と言っても人によって優しさの定義は違うのでミスマッチが起こりやすいが、上記のように人によって定義があまり変わらない条件であれば紹介もされやすい。

マッチングアプリでも、価値観診断があるようなものを使い、かつ上記条件に合う人がいないかメッセージ内でヒアリングをしながら効率よく活動していた。

③誘われた飲み会には必ず参加する

これはお酒が苦手な私だからこそあえて立てた目標。当日になって「準備するのがめんどくさいからいいや…」となりがちだったが、チャンスを逃さないよう決めていた。

ポジティブな状態で交際をスタートすること

そして今の旦那とは2018年8月にアプリを通じて出会った。お互いお笑いオタクという共通点が偶然あったので、初デートは兄弟漫才コンビ「ミキ」の単独ライブ。

趣味が一致しただけではそんなに惹かれないものの、上記3つの条件にも合致するし、意思決定スピードやお金の価値観も合いそう。

彼氏をつくることをゴールにせずその先まで見据えていたからこそ、付き合い始めたら聞きにくいこと(結婚や子供への価値観)も聞き切った。

よし、と思っていたところ3回目のデート帰りに向こうから告白され交際スタートした。

自分がポジティブな状態でいるときに出会ったから相手もポジティブだった。ネガティブなときに出会った人とはやっぱりうまくいかないもの。

その後も順調に交際し、翌2019年11月に入籍した。お互い仕事が忙しい毎日だけど、朝ごはんは必ず一緒に食べて会話し、夜30分でも一緒にYoutubeで漫才やコントを見て笑いながら寝ています!

キャリアも、上記ビジョン実現のために営業から採用担当へ異動、その後ポジウィル株式会社に入社し、かなり前倒しで自分がやりたいと思ったことにチャレンジしている。

あの時、自分を変えたいと覚悟を決めなければ、キャリアもプライベートも自信が持てず泥沼にはまっていたかも。

世の中のもやもやを抱えた女子たちが、自分で自分のことを幸せにできるようになってほしいなと思う今日この頃。💗

キャリアやプライベートに漠然と不安を感じている方、ぜひ一度お話しませんか?自分の歩みたい人生を歩みましょう!

興味ある方は、下記からカウンセリング予約ぜひお気軽にお越しくださいね!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
99
ポジウィル株式会社|キャリアのパーソナルトレーニング POSIWILL CAREER のトレーナー。キャリアやライフイベントについて発信します|逆プロポーズからの令和婚|ライブとお笑い大好き