連載|OPINION

164

技術・規制・コストの制限を超えろ! ベテランオペレーターが見るドローンビジネスの世界・後編|十田一秀

前編では、ドローンオペレーターの十田氏に、点検や測量などの領域で、ドローンが着々と実用化され始めている実情についてご説明いただきました。ただ、ドローンビジネスのすべてが順調かと問われれば、そこには多くのクリアすべき課題があるとも言います。後編では、現場から見るドローンビジネスの今後について話を伺っていきたいと思います。 現場からみたドローンビジネスの課題とは何か。十田氏は大きくみっつにまとめて指摘します。まずひとつは「技術革新」、もうひとつは「法規制」、最後にそれらを理解し

スキ
6

技術・規制・コストの制限を超えろ! ベテランオペレーターが見るドローンビジネスの世界・前編|十田一秀

■ 話を聞いた人 十田一秀(じゅうた・かずひで)氏 ドローン測量・空撮をてがける企業・KELEK代表。鹿児島県姶良市出身。30年ほど前ラジコンヘリコプターを使用した空撮測量会社を興した父のもとで空撮測量技術の修業に励み2011年に独立。無人航空機による空撮歴は15年以上。年間現場数約200件と現場経験豊富なベテランオペレーター。ドローンの実用化・商用化を進めるべく、地方自治体をはじめ、建設、物流、インフラ関連大手企業との複数プロジェクトに携わる。 空撮や測量、点検、農薬

スキ
7

春原久徳(セキュアドローン協議会 会長)|第2回 地方の空、途上国の空で活躍するドローン

セキュアドローン協議会会長・春原久徳インタビュー 目次 第1回  ドローンの過去・現在・未来を語ろう 第2回 地方と途上国の空で活躍するドローン 取材・文/河鐘基、写真/荻原美津雄、ロボティア、取材・編集/FOUND編集部 —— 第1回で春原さんの口から語られたのは、ドローンが過去から現在までたどってきた道のりでした。 そして、そのドローンが現在から未来に活用される可能性として、「作業代替」と「データ取得」の2つがあり、特に後者の「データ取得」がカギになるということに

スキ
25

春原久徳(セキュアドローン協議会会長)|第1回 ドローンの過去・現在・未来を語ろう

セキュアドローン協議会会長・春原久徳インタビュー 目次 第1回  ドローンの過去・現在・未来を語ろう 第2回 地方と途上国の空で活躍するドローン 取材・文/河鐘基、写真/荻原美津雄、ロボティア、取材・編集/FOUND編集部 セキュアドローン協議会長の春原久徳さん —— 今や知らない人はいない存在となったドローン。その存在に注目が集まり始めたのは、わずか数年前のことです。 最近では、テレビや映画の絵作りに、ドローンで撮影された動画が頻繁に活用されるようにもなっています

スキ
22