連載|OPINION

164

日本は他国と“魚と水”の関係になれるか?| グローバルウォータージャパン 代表 吉村和就 第3話

取材・文/鈴木俊之、写真/荻原美津雄、取材・編集/設楽幸生(FOUND編集部) 改正水道法案により、多くの人から注目を集めている日本の水ビジネス。 前回に続き、水の専門家・吉村和就さんに話を聞きます。 最終回である今回は、「海外での成功例と今後の日本の水ビジネスについて」です。 吉村和就(よしむら・かずなり) グローバルウォータージャパン代表。 大手エンジニアリング会社にて営業、経営企画などに携わり、ゼロエミッション(廃棄物からエネルギーと資源創出)構想を日本に広げた。

スキ
18

日本の水は”背水の陣”なのか?| グローバルウォータージャパン 吉村和就 第2話

取材・文/鈴木俊之、写真/荻原美津雄、取材・編集/設楽幸生(FOUND編集部) 世界でも「水偏差値が高い」と言われる国、日本。 しかし現在、わが国の上水道と下水道は、さまざまな問題に直面しているといわれています。 その理由は何でしょうか? 前回に続き、水の専門家である吉村和就氏にインタビューしました。 吉村和就(よしむら・かずなり) グローバルウォータージャパン代表。 大手エンジニアリング会社にて営業、経営企画などに携わり、ゼロエミッション(廃棄物からエネルギーと資源創

スキ
13

“水に流せない”水ビジネスのはなし| グローバルウォータージャパン 吉村和就 第1話

取材・文/鈴木俊之、写真/荻原美津雄、取材・編集/設楽幸生(FOUND編集部) 2018年12月6日、人口減少に伴う水の需要の減少や、水道周りの人材不足、水道管等の老朽化などの課題に対応するため、水道法の一部を改正する法律(以下、「改正水道法」といいます)が成立しました。 (出典:改正法の概要について1,2) これを受けて、日本における「水」の問題が急に世間から注目を集めるようになりました。 蛇口をひねれば常に安全な水道水が出てくる、衛生的に下水が処理される。 これら

スキ
21