連載|OPINION

164
サードウェーブのルーツは「喫茶店文化」?|タリーズコーヒージャパン創業者 松田公太 前編

サードウェーブのルーツは「喫茶店文化」?|タリーズコーヒージャパン創業者 松田公太 前編

1960年代に始まったインスタントコーヒーの普及、70年代に起きた喫茶店ブームを経て、90年代半ばのカフェブームにより、コーヒーは日本人の生活にすっかり定着しました。 中でも90年代後半に登場した「タリーズ」や「スターバックス」といった米国シアトル発の「スペシャルティコーヒー」は、コーヒーに対する日本人の意識を変えてくれました。 そしてここ数年、「サードウェーブ」「フェアトレード」といった流れが現れ、新たな局面を迎えつつあります。 日本のコーヒーはこれからどこへ向かい、

17