マガジンvol14

「#私はこんな仕事がしたい展」マガジンvol.14/ご来場有難うございました!

こんにちは、foriioの長島です。
11月29日(金)から3日間の開催となった「#私はこんな仕事がしたい展」、無事会期を終え終了いたしました!約3か月に渡ってお届けしてきたこのマガジンも、本日の更新で一旦ラストとなります。最後ということで、会期中の様子や裏側の準備の様子を、写真とともに振り返ってみたいと思います!

■215台のiPadで埋め尽くされた空間

SNSなどでもお伝えした通り、今回の展示はクリエイター1人1台のiPad、つまり会場全体で215台のiPadを使ったデジタル展示が最大の見どころ。オンラインサービスのforiioをオフラインの場に置き換えたかのような作りで、215名のクリエイターの皆さんの本拠地を3日間GALAXYに設けるような気持ちで、現場の施工や装飾を作りこんでいきました。

図1

図2

真っ白な壁一面をびっちりと埋める、クリエイターさん個別のパネル。プロフィールと共に「#私はこんな仕事がしたい」を読む事ができ、気になったらその場でforiioのページへも飛ぶことができるようになっています。こちらはサタケシュンスケさんのパネルのイメージ。

図3

会場全体はこのような感じです!

画像4

画像5

エントランス付近には、本企画展に協賛頂いたFind Job!様、フリーナンス様、儀間様、佐伯様のお名前入り提灯を掲出させて頂きました。

画像6

そして忘れてはならない、サタケシュンスケさんから頂いた「#私はこんな仕事がしたい展」開催に寄せてのコメント。

画像7

その横にはforiioの想いを綴った2枚のパネルも掲出させて頂きました。

画像8

画像9

会場にいらして頂いたクリエイターの皆さんからも「こんな感じなんですね!びっくりしました!」といった言葉を頂いた今回の展示方法。ちいさなお子さんが興味津々で画面をタッチしている様子などもお見かけし、デジタルだからこそ出来る事が少し見えたような気がします。

■様々な交流が生まれたオープニングパーティ

初日となる29日(金)はトークセッションがなかったため、特に展示自体に興味を持って来場し、熱心にご覧になってくださるお客さまが多かったように感じます。
そして、この日の夜はささやかなオープニングパーティを開催。foriioがこれまで特にお世話になった方々、クラウドファンディングにてご支援頂いた方々、そして本当に一部の方しかお招きできなかったのが心残りですが申し込み先着順にてご案内させていただいた展示参加クリエイターの皆さまとが混ざり合う会となりました。
サタケシュンスケさんからご挨拶を頂き、

画像12

代表の山田が乾杯を。

画像12

素敵なお料理をつまみながら。

画像13

パーティ中ももちろん作品は鑑賞OK。気になる作品を囲みながら、初めてお会いする方同士が繋がっていくのをスタッフも全力でサポートさせて頂きました。そして、時には見入ってしまうことも。

画像14

そんなパーティの様子は、初日の会場にいらしてくださったLove Tech Mediaさんによる記事の中でも垣間見ることができますので、是非合わせてお楽しみください!

■毎晩やってくる充電との闘い

どうなる事かと思った施工も、初日も、オープニングパーティも無事終了と思った矢先にアクシデント発生。iPadを使用している故、当然電池が減っていくため、毎晩全台充電する必要がありその前提で準備をしていたのですが、用意していた17穴(!)の充電タワーをいざ使ってみると、なんと14穴までしか使えないというトラブルが勃発…!

画像10

それでも充電しないわけにはいかないので、会場中のコンセント穴を探しだし、ありったけの延長コードとタコ足配線を引っ張り出し、なんとか全台の充電にたどりつきました。その様子がこちら。

画像16

画像17

何が何やらですね(笑)。毎日それぞれ1時間づつクローズ作業とオープン作業の時間を設けていましたが、とにかくこの充電機器の着脱に悩まされた3日間でした。

■8つの多彩なテーマで贈るトークセッションがスタート!

2日目となる30日(土)は、オープンしてすぐの11時半からクローズ直前まで、みっちり5つのトークセッションを開催。1日(日)と合わせて合計8つのトークセッションで、計16人のクリエイターの皆さんのお話をお聞きする事ができました。ラインナップはこちら。

図4

図8

図10

図9

図11

図5

図6

図7

メモを取りながら熱心に聞いてくださる方や、終了後に登壇ゲストに沢山質問をしてくださる方なども多数お見かけしました。現在活躍されているクリエイターの皆さんが何を考え、どう動き、どう形にしているのか等、お話の中にはヒントになるようなキーワードがいくつもあったのではないでしょうか。
これらのトークセッションの内容は、後日レポートとしてUPする予定ですので、聞き逃してしまった!という方も是非そちらをチェックしてみてくださいね。

■動く展示は実際どんな感じ?

動画やイラストで展示の様子を挙げてくださっている方が多数いましたので一部ご紹介させて頂きます。ご自身のパネルはもちろん、観て気になった方をご紹介頂いたりなど、SNSでは様々な感想をおみかけしました!

クリエイターさん同士でも、こうして手掛けている作品をお互いにじっくりと見られる機会は多くないとの事で、「他の出展クリエイターの方の作品から刺激をもらいました!」「気になる方、今後コラボしてみたい方を見つけました!」といった感想を頂きました。スタッフも「この方とこの方が、このテーマでパートナーとして組んだら絶対に面白いよね」「この方がこんな商品のクリエイティブに関わったらきっと素敵だよね」といった、215名もの作品を一挙に拝見できるからこそのひらめきを沢山頂き、パートナーとの出会いを生むforiio matchの拡大へ、改めて想いが強まりました。
是非、皆さんの感想やお写真はSNSで「#私はこんな仕事がしたい展」で検索してみてくださいね。

■企画展限定グッズのオンライン販売を開始しました!

会場には足を運べなかったという方へも是非届けたいと思い、図録とポストカードのオンライン販売を開始致しました!こちらのBASE内foriioショップにてお買い求めいただけます。

さらに企画展オリジナルグッズとして、こちらの3つのアイテムも数量限定で取り扱いを開始しました!

■foriio ロゴTシャツ(サイズ展開:S/M/L/XL) 
販売価格:¥3,500(税込)

スクリーンショット 2019-12-05 22.42.19

■「#私はこんな仕事がしたい展」オリジナルTシャツ(サイズ展開:S/M/L/XL)
販売価格:¥4,000(税込)

スクリーンショット 2019-11-10 3.20.48

■「#私はこんな仕事がしたい展」オリジナルトレーナー(サイズ展開:S/M/L/XL)
販売価格:¥4,500(税込)

スクリーンショット 2019-12-05 22.39.57

取り扱いは数量限定になりますので早いもの勝ちです!是非お買い求めくださいませ。

「#私はこんな仕事がしたい展」のその先へ

企画展は皆さんのご支援とご協力の元、無事会期を終了いたしました。しかし、foriioのこの「クリエイターとパートナーとの良い出会いを生み出す」ための活動は今後も変わらず続いていきます。今回、初開催という事で多々至らぬ点もあったかと思いますが、そうした点への改善希望も含め、とても暖かい声をメールで頂いたり直接お声がけ頂いたりして、スタッフ一同さらに身が引き締まった想いです。「個のクリエイターをエンパワーメントする」というビジョンのもと、そして「つくる人のせかいをひろげる」という宣言通り、引き続きクリエイターの皆さんの活躍をサポートし、その力を必要としているパートナーの皆さんとの出会いの機会を創出できるように走り続けていきます。

参加頂いたクリエイターの皆さま、クラファンや準備などでお力添え頂いた皆さま、ご来場頂いた皆さま、本当にありがとうございました!そして、今後もforiioをどうぞよろしくお願いします。

Text:Shiho Nagashima

---

◇foriio とは?

◇関連リンク

◇foriio_official twitter


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
15
世界でいちばんやさしいポートフォリオ作成サービス「foriio」の公式note。「個のクリエイターをエンパワーメントする」をビジョンに、クリエイターのための知識や情報、クリエイティブに関する考察などの記事を毎週更新していきます。(https://www.foriio.com/