バイナリーオプション初心者でも分かるテクニカル分析のやり方!
note用8

バイナリーオプション初心者でも分かるテクニカル分析のやり方!

yuen1985

今回は初心者でも簡単に出来るテクニカル分析のやり方をご紹介します。

画像1

かなり簡単なので覚えてしまえば、バイナリー女子・バイオプ女子・シグナル配信・自動売買ソフト・サインツールに頼る必要が一切なくなります。

バカみたいに高いツールを購入する必要がない!という事ですね!

では早速本題に入っていきたいと思います。

テクニカル分析とは

テクニカル分析は"過去の値動きをチャートに表示させて可視化させ、参考にして取引を行なう事"になります。

画像2

為替相場は過去の値動きからヒントを得て答えを導き出す事が可能なんです。
(注意:必ずしもテクニカル分析の予想通りになるとは限らない)

そもそもチャートは投資家の心理状態を表しているといっても過言ではありません。
テクニカル分析で過去の値動きを反映させる事で投資家達がどういう売買をするのかがわかってきます。

画像3

テクニカル分析とひと括りにしていますが、蓋を開けてみると何十種類もの分析方法があります。
本屋さんでテクニカル分析本を手に取ったことがある人なら分かると思うのですが、英語や横文字が多くて困惑してしまいます。

初心者はこの段階で挫折してしまうのではないでしょうか。

画像4

ですが、難しく考える必要はありません。
数多く存在する分析方法の中から1つだけでいいので自分に合った取引方法を選べばOKです。

今回はそんな多く存在するテクニカル分析の中でも、初心者が簡単に利用する事が出来るやり方をご紹介します。

と、パっと紹介する前に、事前知識として今回利用する分析について簡単に説明します。
2分あれば読めると思うので是非ご覧ください。

MACD(マックディー)

MACDは通称"マックディー"と呼ばれていて、テクニカル分析の中でもポピュラーなオシレーター系になります。

簡単に説明すると、
"値動きをみて、相場の強弱を分析"
するという事になります。

画像5

中でもこのMACDはトレンドを考慮して買われすぎ売られすぎを教えてくれます。
また、MACDは移動平均線よりも直近の動きが反映されやすい計算方法をしているので"バイナリーオプションのような直近の値動きを予想する取引に利用しやすい"のではないでしょうか。

覚えて頂きたいポイントは、
・MACDがシグナル線を下から上に突き抜けると"上昇トレンド"
・MACDがシグナル線を上から下に突き抜けると"下降トレンド"

こちらになります。

このポイントだけはしっかりと覚えておいてください。

RSI

RSIもMACD同様オシレーター系になります。

簡単に説明すると、
"相場の買われすぎ、売られすぎ"
を、教えてくれる分析になります。

画像6

覚えて頂きたいポイントは、
・70%以上だと買われすぎのサイン
・30%以下だと売られすぎのサイン

こちらになります。

MACDと同じじゃん! と思った人居ますよね? 
・MACDはトレンドに強い
・RSIはトレンド転換に強い

というのが、違う点になります。

RSIはトレンド転換に強いのですが、例えば上昇トレンドが続いた場合ずっと買われすぎサインを出し続けます。
おい、いつ売られるんだよ! と困惑してしまう場面が多々あります。
つまりトレンドに弱いです。

その弱点を補うのがMACDになります。

MACDとRSIを併用して分析をしていきましょう!

MACD+RSIで分析するやり方

今回利用していくのはMACDとRSIの併用するやり方となります。

まずはインジケーターでMACDとRSIを表示させましょう。

するとこのような画面になります。

画像7

チャート下部に表示されているのがMACDとRSIになります。

現在のドル円相場が以下の通りになります。
注目して頂きたいのは右端の部分。

画像8

画像9

前述したポイントのMACDがシグナル線を下から上に突き抜けているのに加えてRSIが30%以下で売られすぎのサインが出ているのが分かると思います。

つまり、相場が上昇トレンドに転換するサインです。

画像10

画像11

実際に相場が上昇しているのが分かると思います。

こんな感じで、
・MACDがシグナル線を下から上に突き抜けると"上昇トレンド"
・MACDがシグナル線を上から下に突き抜けると"下降トレンド"
・70%以上だと買われすぎのサイン
・30%以下だと売られすぎのサイン

このポイントさえ覚えておけば、シグナル配信・自動売買ソフト・サインツールに頼ることなく相場を読んで取引することが可能になります。

まとめ

ここまでご覧頂き誠にありがとう御座います。
今回ご紹介したMACDとRSIを利用したテクニカル分析はいかがでしたでしょうか。

画像12

以前掲載していたブログでもご紹介していた今回の手法ですが、本当に初心者向けの簡単なテクニカル分析になります。

インジケーターの導入をしてしまえば、すぐにでも実践できるので是非試していただけたらと思います。

ただし、注意点として騙しサインもあるので取引の際は注意していきましょう。
体感ですが、6割~7割は分析通りの結果になります。

初心者過ぎてテクニカル分析とかのレベルじゃない!
一人で取引をするのが怖い!
誰かに教えてもらいながらやりたい!

そんなお悩みを抱えているのでしたら、無料レクチャー・無料予想配信を行っているので、遠慮なくLINEまでご連絡ください。

画像13

https://line.me/ti/p/D_rNSWbQo-

以上で今回の記事を終わりにします。
ありがとう御座いました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
yuen1985

試験的に有料運用するかも知れません。

ありがとう御座います😊
yuen1985
雨ニモマケテ 風ニモマケテ 雪ニモ夏ノ暑サニモマケマス。為替相場取引歴10年近くの私が《勝てない人向け・初心者向け》に無料レクチャー・無料予想配信を行います。noteに取引履歴や実際のエントリー画面や収支を公開していきます。