見出し画像

【兵庫】明延訪問記Ⅰ〜「日本一のスズ鉱山」の今

2019(令和元)年6月 訪問

兵庫県養父市には、かつて「日本一のスズ鉱山」として栄えた明延鉱山がありました。

1987(昭和62)年に閉山してからは観光地化が進んでいます。

明延方面へは、JR八鹿駅から全但バスで向かいます。

あけのべ自然学校に到着。

ここで、事前に予約していたガイドの方と合流。

明延鉱山に残された産業遺産の数々を見学させていただくことになりました。

まず案内していただいたのは、運搬用トロッコの踏切跡。

警報機の色は2019年1月に塗り直されたばかりで、とても鮮やかです。

踏切跡から伸びる線路。

その奥には、運搬用のインクラインが残されていました。

明延訪問記〈つづく〉

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5
兵庫県出身、岡山県在住の大学2年生。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。