なぜ、フードリカバリーをやってるの?
見出し画像

なぜ、フードリカバリーをやってるの?

植田全紀

日本には、600万tの食べられる食品が捨てられている
日本国民全員が、1日ご飯茶碗1杯分捨てている
東京ドーム5個分の量
600万tのごみを焼却するのにかかるコストは、2400億円~3000億円
水資源の枯渇
76億人から、2050年98億人(人口爆発)
食糧自給率37%
輸入、フードマイレージ、流通時のCO2

どれも、よくないことなんだなと感じる。

でも、一番心にぐっときたのは

世界には、すべての人が生きていくのに充分な食料が生産されている。そのうえで、世界には9人に1人が栄養不良、満足に食べられない状況にある。

【奪い合えば足りず、分け合えばあまる】

経済的に豊かな国が、世界の食糧を買い集める。それを販売して、利益をより多くだすために、世界の商社が、食糧を奪い合う。

幸い、私たちのいる日本は、輸入大国と呼ばれるほど、世界の食糧を集めることに成功している。ただ、その国で、600万tもの食べ物が、まだ、食べられる状態で捨てられているのはどうなんだろう。

捨てない流通をつくれば、輸入する食品も減り、貧しい人たちにも届くようになる。それを信じてフードリカバリーに取り組みます。

【フードリカバリー】
畑で廃棄される190万tの野菜を流通させる
1/3ルールの返品からの廃棄をゼロに
食品工場のアウトレットの流通を拡大する
家庭での直接廃棄をなくす。フードドライブ。

600万t→570万t

2030年の食品ロス半減の目標は2000年の980万tの半分、490万t。まだまだ、やれることがたくさんある。みんなでやればできる。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
植田全紀
フードリカバリープロジェクト代表。 流通から外れた食品を流通に戻す4つの取り組み。 規格外野菜の流通の拡大 1/3ルールの返品の再流通 食品工場のアウトレットの流通 フードドライブ、子供食堂への寄付の推進 食品メーカー、問屋、生産者様 捨てる前にお声がけください。