見出し画像

コミュニティフリッジ草加オープンより3か月。利用者さんの声をまとめました。

植田全紀

画像1

直接いただいた声

・ いただける食料品を選べるのが楽しい。
・ 曜日、時間を気にせずに行けて便利。
・ 何度もいけるので、無駄にならない。
・ 子どもが自分の好きなものを選べるので嬉しい。
・ パントリーの情報が得られた。

直接いただいた声(今後のフリッジの課題)

・ 登録したが遠いので行けない。
・ 家が遠く、せっかく行っても食料品がないと無駄足になってしまう。
・ タブレットの故障があり、受け取ることができなかった。
・ お買い物のお客さんにジロジロ見られて恥ずかしい。

メールでいただいたメッセージ

画像2

多くの方の協力を得て、この活動が成り立っています。皆様、本当にありがとうございます。コミュニティフリッジは、まだまだ、課題はありますが、利用者さんには、しっかり喜んで頂けているのだと思います。今後とも、ご支援、ご協力をお願いします。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
植田全紀
フードリカバリープロジェクト代表。 流通から外れた食品を流通に戻す4つの取り組み。 規格外野菜の流通の拡大 1/3ルールの返品の再流通 食品工場のアウトレットの流通 フードドライブ、子供食堂への寄付の推進 食品メーカー、問屋、生産者様 捨てる前にお声がけください。