お菓子工場のアウトレットマルシェをやる理由。
見出し画像

お菓子工場のアウトレットマルシェをやる理由。

画像1

お菓子を工場でつくるとき、どうしてもはじっこだったり、同じグラム数にならなかったり、割れてしまったりが出てしまいます。どうしても一定の量のふぞろいのものは出てしまうのです。基本的には、形の違いで味の違いは、そんなにないのでは?と思います。

ただ、正規品の流通ルートは大きくても、その訳アリ品の流通は、それぞれの工場の工場直売所がほとんどです。少しずつ作るメーカーさんは直売所で売り切れる程度の訳アリ品しか出ないといいます。ただ、大きなロットで作るメーカーさんは、工場直売所だけでは売り切れないほど訳アリ品がでます。

こちら、売れない商品は、豚さんの餌に回っています。

食品工場からでる食品ロスを削減するには、工場直売所を増やせばいい!工場の都合で販売してくれるお店が増えれば訳アリ品も、しっかりお客様に届けることができる!

これから、工場直売所マルシェをどうやって増やすかを模索中です。全国の道の駅に、近所のご当地お菓子工場の直売所があるみたいになると、観光としても面白いし、食品ロス削減にもなると思います。


お菓子工場のアウトレット品、ネットショップにも、たまに出しますのでチェックお願いします!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
フードリカバリープロジェクト代表。 流通から外れた食品を流通に戻す4つの取り組み。 規格外野菜の流通の拡大 1/3ルールの返品の再流通 食品工場のアウトレットの流通 フードドライブ、子供食堂への寄付の推進 食品メーカー、問屋、生産者様 捨てる前にお声がけください。