FOLLOW MEとは、想いをまっすぐに伝えられる場
見出し画像

FOLLOW MEとは、想いをまっすぐに伝えられる場

FOLLOW ME(フォローミー)

会員型SNS「FOLLOW ME」では、現在、多種多様なジャンルのクリエイターにご活用いただいています!

ただし、クローズドな環境なので、中の人たちが「どんな投稿をしているのか」「運用する上でどんなことを意識しているのか」が理解しにくい面も・・・

そこで、FOLLOW MEのnoteでは、定期的にクリエイターにインタビューをさせていただき、どんな運用をしていて、どんな変化があったのかを深掘っています!

三回目となる今回は、動画クリエイターやアーティストとして活動している、アバンティーズのそらちぃさんにインタビューをさせていただきました♪

そらちぃさんが、普段どのようにFOLLOW MEを使っていて、ファンとどのようなコミュニケーションをしているのか?

これを見れば、FOLLOW MEの新しい使い方を開拓することができるかも!?

ぜひ最後までご覧くださいね♪


【プロフィール】

そらちぃ(アバンティーズ)

画像1

【プロフィール】
YouTubeチャンネル登録数143万人・人気YouTuberグループアバンティーズのリーダー。個人チャンネルや音楽活動も精力的に活動中!公式アンバサダーとしてFOLLOW MEを盛り上げている。


FOLLOW MEはまっすぐ伝えたいことを伝えられる場


 ーーまずはじめに、そらちぃさんは、普段FOLLOW MEでどのような投稿をされていますか?

 FOLLOW MEでは、けっこう私的な内容を投稿するようにしています。
 他にも週に一度生配信をしていて、そのなかで音楽のこと、YouTubeのことを話したり、実際に生演奏をしたりと、YouTubeで普段見れないような内容を発信していますね。


 ーーそらちぃさんの生配信はたびたび深夜に配信することもありますよね!笑

 そうですね(笑)深夜や早朝に、ゲリラ的に配信することもあったりします!


 ーーYouTubeとの棲み分けについてはよく分かりましたが、他のSNSとの棲み分けはどのように意識しているのですか?

 FOLLOW MEでは他のSNSと比べて、思っていることを真っ直ぐ伝えるようにしています。

 オープンなSNSだと、発言に対して変な捉われ方をされることがあるんですが、FOLLOW MEは、いつも応援してくれるファンしかいないので、本質的に伝えたいことをまっすぐ伝えられています。

 FOLLOW MEを使っていて、そこはすごく良いなと思っていますね!


 ーークローズドならではですね!あと、そらちぃさんのFOLLOW MEは、比較的長文で投稿されることも多いように思います。

 そうですね。FOLLOW MEなら長い文章も投稿できるので、文字数も気にせず、長文を投稿することもあったりしますね!


 ーーご自身の想いを丁寧に伝えていける場所でもあるんですね。ちなみに、ほかに何か意識的にしている運用方法はあったりするのですか?

 ほかでいうと、動画やイベント、実際に身に起きたことなど、タイムリーな出来事があったらすぐにFOLLOW MEを更新するようにしています。

 オープンなSNSでは発言していないことを、FOLLOW MEでは言及する、といった棲み分けもけっこう意識しています!


 ーーとても参考になります。ありがとうございます!


ファンとの"心の距離"を縮められる場としてのFOLLOW ME

 ーーFOLLOW MEを使ってみて変わったことはありますか?

 そうですね、ファンの維持率は上がったような気がしています!

 YouTubeはファンの入れ替わりが激しいのですが、FOLLOW MEを始めてから、ファンの離脱率は下がったと思います。


 ーーすごいですね!ちなみに、どういった点が離脱率低下に繋がっているのでしょうか?

 プライベートな部分を見せたり、生配信を行なったりと、定期的に濃い内容を発信していることが関係しているのかなと思っています。
 他の場にはないコンテンツを見れたり、交流ができたりと、飽きがこないのかなと!

画像3


 ーー数値面だけではなく、心境については何か変化はありましたか?

 そうですね。気軽に投稿できる場所ができたことですかね。

 YouTubeは常に数字を追いかけないといけないのですが、FOLLOW MEは決まった人数に対して、自分の好きなコンテンツを発信できるので、精神衛生的にもかなり良い環境ですね!


 ーー数字面でも精神面でも変化があったのですね。ちなみに、FOLLOW MEを始める前までは、ファンとどのようにコミュニケーションをとっていたんですか?

 比較的インスタライブで交流することが多かったです。
 FOLLOW MEでも生配信をすることが多いので、そういった面ではFOLLOW MEとの相性も良かったなと思います!

 

 ーーFOLLOW MEを始めてからは、どのようにコミュニケーションをとるようになったんですか?

 FOLLOW MEを始めてからは、プライベートな部分をより出すようになったので、ファンとの距離感は縮まったと思っています。SNSでプライベートな部分を出し過ぎるのも怖いので(笑)

 あと生配信では、良い意味で言葉を選ばずに、ストレートに発言しています!

 ほかで言うと、普通のSNSでは発信に躊躇するようなことも、FOLLOW MEで試してみることができています。
 例えば、ゲーム実況とかダンスの練習風景とか。普通だったら選べないような選択肢が出てきたのは、やってて良かった点ですね!

 

ーーファンからの反応で変わったことはありますか?

 コメントの熱量はすごく高くなりました!Twitterだと不特定多数に見られる場ので、ファンの方自身も、コメントではなかなか言いたいことを言えない人もいると思います。

 でもFOLLOW MEでは、長文で言いたいことを言ってくれるので、僕としてはファンと文通しているような感覚でコメントを楽しんでいます。

 あとは、僕自身もファンの方々に対して、質問を投げかけやすくもなりましたね!


FOLLOW MEは新しいチャレンジができる場

 ーー今後FOLLOW MEをどのような場にしていきたいと思っていますか?

 FOLLOW MEはチャレンジの場にしていきたいと思います!
 もっというと、オープンな場で発信する前の、練習に使える場所だと思っています。

 例えば今は執筆している小説を先行発信して後々書籍化していく、先行で楽曲を配信するなど、とにかく定期的に、僕がチャレンジしたいものを発信して、形になったものを出版、配信するのはありかなと思っています。

 生配信でいうと、他のクリエイターとコラボ配信をしたいなと思います!
クローズドなサービスなので、新規流入をするために、「他のクリエイターとのコラボをします」とオープンなSNSで発信して、FOLLOW MEに斡旋するということも意識していきたいですね!

画像3


 ーー最後に、フォローするか迷っている人に対してメッセージをお願いします!

 500円でこんなに見れてしまってもいいの?という声もフォローしているファンから貰います(笑)
 僕自身も、払っていただく金額以上に楽しんでもらいたい想いもありますし、今後も500円以上のコンテンツを発信していくので、会員になったら損はしないと思います。なので、ぜひフォローしてもらえたら嬉しいです!

 ーー普段言えない想いをまっすぐ伝えられる場所なんですね!素敵なお話をありがとうございました!


さて、いかがだったでしょうか?
 

 今回のそらちぃさんのインタビューの他にも、過去インタビューさせていただいた記事もありますので、こちらもぜひご覧ください!

また深掘りインタビュー以外にも、様々なジャンルのクリエイターを紹介しています。是非チェックしてみてくださいね✨


やったー!
FOLLOW ME(フォローミー)
UUUM株式会社が運営するFOLLOW ME(フォローミー)公式 note です。 あこがれの人をフォローして、ここにしかないコンテンツを楽しみましょう!https://followme.app/